梅雨入り後の湿度は室内のカビ発生の危険性に?平均湿度と快適湿度とは!


日本では早くて5月、6月から沖縄より随時訪れる「梅雨(つゆ)」。

梅雨前線の影響で梅雨時期の天候は「不安定」でなおかつ「湿気が高くなる」という嫌な時期とも言えます。

これが過ぎると「本格的な暑さ」と共に「肌がベトベトする」というくらいの湿気が襲ってきますが、

この梅雨入り後の湿度ってどれくらいが適切かわからないという方もいますよね。

よく、湿度があれば「花粉」「ウィルス」対策となるから高い方が良いと言いますが、本当にそれが正しいのでしょうか。

今回は「梅雨入り後の湿度」と「快適・平均湿度」についてお話していきます。

日本全国梅雨が存在する!?

スポンサードリンク

雨

よく聞くのが、「北海道って梅雨無くていいよねぇ~」という言葉。

これ、間違いです。

実は北海道でも「梅雨」は存在するのです。

北海道では昔、「蝦夷(えぞ)」とよばれていました。

これは東京が昔「江戸」と言われていたことと同じことで、北海道では「蝦夷梅雨」と呼ばれる梅雨が存在します。

ただ、梅雨と言っても「本州で体験できる梅雨」とはまったく違い、暑くてジメジメとして雨もとんでもなく、

夕立と共に雷が鳴る・・・といった事はまずありません。

北海道の梅雨では、「天気が良くない日」が1週間~2週間程続きます。

実はこれだけです。

決して、暑くてジメジメした日や土砂降り、夕立、雷雨などは無いのです。

「最近天気悪いねぇ~」と言っているうちに終わっていますので、梅雨と気づかずに終わるという解釈で良いかと思います。

それほど本州とはかけ離れた「梅雨」なのです。

梅雨時の平均湿度とは?

窓

梅雨時の湿度はかなり高くなります。

先ほど挙げた北海道では「比較的湿気は少ない」といえますが、

一部太平洋側等では「本州を上回るほどの多湿」に見舞われることもあります。

これを踏まえて日本での梅雨時の湿度は大体「70%~85%」となっています。

もちろん地域差も踏まえての湿度となっていますが、これよりも低い所や高い所も存在します。

このように尋常ではない高い湿度となっていることがわかります。

冬では半分以下になるとも言われる湿度ですが、

これだけの湿度でも「気温」との兼ね合いによって過ごしやすさも変わってきます。

先ほども上げた「北海道」の釧路等では90%程の湿度になることもあるほどの場所ですが、

なんといっても「気温が高くならない」と言えるので、総合で見ると「本州よりも過ごしやすい」といえます。

逆に「沖縄」では梅雨時期である6月では毎日が25℃以上という気温なのに対して、湿度が80%以上をキープします。

気温が高いことから「過ごしやすいとは言えないレベル」となっています。

この様にみると、日本全国での梅雨時期である6月では「湿度」はどこもほとんど変わらない湿度となっている事がわかります。

まとめると以下の通りです。

日本の梅雨時の平均湿度

✔日本全国での平均湿度・・・70%~85%

*北海道の一部地域では90%を超えるところもあれば、70%よりも少ない場所もあります。

過ごすのに快適な湿度ってどれくらい?

笑顔2

梅雨時期ではかなりの多湿となることがわかりましたが、そもそも快適な湿度はどれくらいが良いのか。

日本人にとって「北海道は快適」というイメージがある。

それは気温や湿度の関係によるイメージですが、それくらいの気温と湿度が日本人は快適と思うようなのです。

実は意外なデータがあり、東京や大阪よりも北海道の方が平均湿度は高いのです。

では、平均湿度を実際に見てみましょう。

✔東京の平均湿度・・・62%

✔大阪の平均湿度・・・64%

✔北海道の平均湿度・・・69%

このように結構差が開いていることがわかります。

このことから、少しばかり高めの湿度でも快適と思えると言う事になります。

湿度自体は人間にとってさほど影響は無いと言えることがわかるのです。

問題なのが湿度に対しての気温が高いほど、日本人にはキツイと言う事が言えるのです。

東京や大阪は北海道と違い、気温がかなり高いことから「ジメジメと肌にまとわりつく」という風になります。

北海道は高くても30℃を超えるか超えないか位の場所が多く、

太平洋側以外では肌にまとわりつくほどの湿度でも気温でもないのです。

太平洋側では気温が高い所は限られており、湿度が高い釧路では25℃でも比較的高温と言える気温なのです。

このことから、北海道では湿度が比較的高くても気温が高くならない為に「ベタベタしない」といった快適さを持ちます。

このことを踏まえ、日本人の言う快適な湿度というのは「60%~70%」の間と言えるでしょう。

ただし、先程からもお伝えしていますが、「気温」が絡むと話は別となります。

それに加えて、あくまでも「日本の都市における平均湿度」から見ることができる快適湿度と言う事と、

「外の湿度」と言う事が言えます。

室内の湿度については次で説明します。

あまりにも湿度が高いと注意!?

スポンサードリンク

日本の都市の平均湿度から見てもほとんど70%近い湿度と捉えることができますが、

万が一室内での湿度が70%だとすると、すでにそれは危険信号ともいえる程の数値なのです。

何故室内での高い湿度は危険信号と言えるのか。

これは「室内だから」なのです。

室内で湿度が高いことになると「カビ」の繁殖が進みます。

「カビ」だけだとまだいいですが、「カビ」に加えて「ダニ」も増殖することから、部屋内の環境はどんどん悪化します。

このカビとダニが増えるとされる室内の湿度は以下の通りとなります。

カビの発生しやすい条件

✔気温・・・20℃~30℃

✔湿度・・・70%以上

ダニの発生しやすい条件

✔気温・・・25℃~30℃

✔湿度・・・60%~80%以上

このような基準値となっています。

「カビ」と「ダニ」の繁殖しやすくなる条件は同じと言っても良い条件なのです。

カビは少し寒くなったとしても「湿度」さえ高ければカビは繁殖してしまいます。

カビ

その湿度は「70%」と言う事で、外の湿度と同じくらいではカビが発生してしまう可能性がかなり高いといえます。

幸い、外の湿度と室内の湿度では「室内の湿度の方が下がる」ことから、

発生条件となる湿度はなるべく避けるべきといえます。

とはいっても、「真夏」「梅雨時期」では部屋内の湿度も「70%」を超す湿度となることや、

雨の日や洗濯物の部屋干しをしている際には「70%」を超える日も多くなることでしょう。

毎日でなければ大きな問題はないですが、毎日超えるくらいの湿度だとすると除湿をする方が良いです。

除湿する方法は以下の通りとなります。

室内の湿度の除湿方法

✔エアコンでの除湿

✔重曹での除湿

✔換気での除湿

✔除湿器での除湿

これらが主な除湿方法となります。

カビが生えないようにするにはこれらの「除湿」を行い、なるべく湿度を下げることを行うのが良いでしょう。

では、室内での快適とされる湿度はどれくらいなのでしょうか。

室内での快適湿度

✔快適な湿度・・・45%~60%

1番目安としては50%から55%の間位が理想的な湿度と言われています。

このことから、カビやダニを増やさない為にも、梅雨時期であれば「55%」を目指すようにしましょう。

雨の日などは高くなりますが、それでも部屋の換気などはしないよりした方が湿度も下がりやすいです。

まとめ

梅雨時期は湿度が非常に高くなります。

梅雨明けももちろん「高温多湿」と言う事は変わらず続く為、「カビ」「ダニ」「シロアリ」などには気を付けるべきといえます。

また、快適に過ごすには「気温」も関係するので、湿度が全てを左右するとは言えないことも覚えておきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ