お盆の帰省で姑が嫁にハラスメント!義理両親と良い関係を築く方法


お盆は遠く故郷を離れていった人たちにとって、

実家に帰る大切な機会です。

久しぶりに親や兄弟に会える嬉しい場での雑談で言われた

何気ない一言が嫁ハラスメント、婿ハラスメントだったりします。

ハラスメントとは昔で言う嫁や婿に対しての嫌がらせを言います。

スポンサードリンク

嫁はこんな一言に傷ついている

世m

・子供はまだ 二人目は作らないの。

・肉ばっかり食べて野菜を食べてない。

・元気なうちに孫が抱きたい。

・普段料理なんかしないんでしょう。

・ゆっくりしていてと台所を手伝わせない。

・息子の好きな料理は任せて。

・少し太った。

・離婚しなさい。

・年下の可愛い嫁をもらえば良かった。

・次は男の子が欲しいわね。

・親の育て方が悪いから。

・神経質ね。

婿はこんな一言に傷ついている

婿

・ペットの前に子供でしょう。

・昇進はまだか。

・子供は誰に似たの

嫁側は義両親に気をつかうあまりに、

少しの言葉にも敏感になっているのでしょうか。

傷ついた一言は嫁側からの意見が圧倒的に多く99.9%もありました。

姑さん側からは、嫁に言われた“私たちには私達の生活がありますから”でした。

帰省した子供達と上手く付き合う方法

遊ぶ

親は来てくれてありがとうと言う気持ちが大切です。

孫や息子が元気で仕事を続けられるのは

嫁のおかげと思えば自然と優しく接することが出来るでしょう。

息子が大切にしている嫁と思えば文句は言えないはず。

子供は、親が元気でいる事を感謝する気持ちがあれば

良い雰囲気で接することが出来ます。

義理の親との関係には、問題ない、少し構えてしまう、悩んでいるなど色々あります。

嫁姑の関係

・良い関係ですかと聞かれて「はい」と答えた人は33.3%、

「いいえ」と答えた人は12.7%、対象者がいないと答えた人は54.%でした。

お姑さんがいてうらやましいと答える人もありました。

スポンサードリンク

お互い言われて嬉しかった一言

喜ぶ

姑から

・何でも行ってください。出来る事はします。

・行ってもいいですか。

・わかりましたの素直な返事。

嫁から

・お嫁に来てくれてありがとう。

・子供はいないならいないでのんきでいいから。

・お嫁さんを大事にしなさい。

ありがとうの一言はお互いに上手く行く一番のかんたんな言葉です。

嫁姑の関係は、あたらずさわらず、つかず離れずがいいと考える人も多いです

帰省する時

渋滞

「お土産や費用はどうしたら良いのでしょう?

何日間の滞在中の食費はどうしたらいいのか分かりません。」

・滞在日数は夫の実家は3日位、妻の実家は10日~2週間です。

・お土産はお菓子や果物のような、後に残らない

食べて無くなるようなもの(使ってなくなるようなもの)。

・食費は渡している人は少ない。

理由は交通費だけでも大変なのに食費までは渡せない。

買い物に行ったとき支払ったり、滞在中に外食に連れだす。

中には交通費をもらって帰る人もいます。

「帰省した子供達の事、お舅さん姑さんはどう思っているのでしょうか?」

・いつも静かな生活のなか子供や孫に会えるのは嬉しいが疲れる。

・お土産は、高いものは疲れるので気持ちだけの少しでいい。

(好きなものを知っていてそれがお土産だったらなおうれしい)

・食費は受け取る気はないが、

子供達が帰ってくると食費がかかるのでありがとうの気持ちは欲しい。

帰る時“いつもありがとう”と言ってくれます。

この一言が騒がしかったこの何日間の疲れを吹っ飛ばしいつまでも心に残りますと言う。

帰省時の滞在日数や費用、義理両親の本音などについてはこちら!!

↓ ↓ ↓

帰省時の滞在日数や費用はどれくらい!?実はこう思われている?

まとめ

自分の親とは顔を見るだけで言葉はいりません。

ところが舅や姑とは言葉がないと通じない事があります。

良かれと思って話した一言も良く思われ無かったりと、本当に大変です。

上手く付き合いたいと思っていても、

ぎくしゃくしだしたら何が悪いのか自分では分からなくなります。

だから嫁と言われ、だから婿と言われるのでしょうね。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ