雪虫が多すぎて口や鼻に入るけど大丈夫?キモ可愛い正体と白い部分!


2015年の今年は、北海道に「雪虫」が大量発生したようですね。

この雪虫は、北海道では初雪が降る前に飛び交うことから、

雪虫が飛び交うと「今年もそろそろ雪になるな~」とあいさつ言葉にもなっているようですね。

今回は雪虫について調べてみました!!

スポンサードリンク

北海道は雪虫大量発生!他の都道府県は出現しないの?

雪虫2

北海道の白老町の市街地で2015年10月16日に雪虫が大量に飛び回り、

まるで吹雪や濃霧のような光景が広がったようです。

道行く人々は、目や口の中に飛び込んでくる不快な虫に悲鳴を上げたそうです。

苫小牧市でも17日にかけて大量の雪虫が飛んだということです。

白老街の中心部では、見通しが悪くなるほど雪虫が飛び回り、

傘を広げて飛んでくる雪虫を防いだり、

上着を頭からかぶって身を守る人々の姿がありました。

自転車に乗っていた人などは前が見えずに人とぶつかったりしていて

「こんなこと初めてだ」と言う人も多かったようです。

今のところこの雪虫の生息地は北海道と東北地方となっていますが、

過去東京でも確認されたことがあるそうです。

なぜ大量発生するの?

マスク7

なぜ大量発生したのかを聞いてみると、2015年は低温の日が少なく、

成長しやすい気象条件だったのではと言うことです。

16日は風もなく気温も高く経過したことで、

雪虫に取って移動しやすい環境だったといえるでしょう。

この状況は1週間程度は続くのではないかと言われています。

それともう一つの原因は「地球温暖化」によって

気温が上昇したことにより雪虫が増加した原因ではないかとされています。

地球温暖化による被害が意外なところでも出ているのですね。

スポンサードリンク

口や鼻に良く入るけど、健康上の影響はないの?

見かけは直径5㎜ほどのフワフワの綿毛のようで、

まるで粉雪の妖精のように見えます。

北海道では朝と晩が冷え込み、

そろそろストーブが恋しくなる季節の朝方などによく見られるようになります。

皆さん色々な方法で防御していますので、

口などに入るのは稀なのかもしれませんが、

雪虫で病気になったという例があるのか探しましたが、そういう例は見つかりません。

むしろ健康被害よりも直接的な被害の方が多いようです。

しかし、口や鼻に入らないのが一番いいですので、

マスクなどは基本として、出来るだけ自転車に乗るのは避けた方が賢明のようです。

息が上がって口呼吸になりますよ!!笑

マスク4

これから毎年大量発生が続くと、何らかの健康被害もみられるかもしれません。

専門の方々の研究を待つしかないのかもしれません。

キモ可愛い雪虫!正体と白い部分は何で出来ているの?

見かけはかわいらしい雪虫。

でも実はアブラムシの仲間で、白腺物質を分泌する腺が存在するものの通称です。

この白腺物質が綿毛のように見えることから北国では「雪虫」と呼んでいますが、

代表的な種としては「トドノネオオワタムシ」などがあります。

秋の終わりのころに産卵するために大量発生し、寿命は1週間ほどです。

秋の終わりに北海道の観光を楽しむ人にとっては

かわいらしい妖精のような雪虫ですが、

北海道で生活する人にとっては困ることが多いのです。

それは綿毛の部分が衣服にくっつきやすいということです。

苦い2

綿やウールの上着を着ていると毛の繊維に雪虫が絡み付き、

うまく払わないと雪虫がつぶれてしまいます。

この時期に北海道を観光する人にオススメの服は

表面がツルツルした素材の上着をオススメいたします。

また、あくびなどをしていると口に雪虫が入ってくるので要注意です。

スポンサードリンク

まとめ

他の県の人から見ると妖精みたいで可愛いと思われる雪虫ですが、

現地の人にとっては大変な迷惑な話です。

地球温暖化が進むと、毎年雪虫の大量発生もあるかもしれません。

現地の方々はあまり見たくはないですよね。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ