アコムマスターカードをWEB申し込みで仮審査!在確や電話内容とは?


どうしてもクレジットカードが欲しい!!

でも、簡単だと言われている楽天・ファミマ・セディナ全て落ちてしまった・・・。

そんなとき、最終手段として挙げられるのが「アコムACマスターカード」でしょう。

滞納や遅延、債務整理などのブラック情報があったとしても

通ることもあるとされるアコムACですが、試しにWEB申し込みしてみました!

恥ずかしながら私はブラックほぼ確定ですが、VISAデビットで十分な為、

こんな状態でも申し込みから次につながるのかを試してみただけですので、

合否はどちらでも良いということと、今回は仮審査についてまとめています。

ブラックな状態でも申し込みは全く問題ない

スポンサードリンク

まず初めに、私は顔がばれているわけでも名前を公表しているわけでもないので、

ブラックという事は初めに言っておきますが、私がブラックのという理由は「携帯分割の延滞」です。

数ヶ月にのぼり、合計「15万」の延滞を起こし、携帯強制解約となりました。

もちろん、簡易裁判所に立ったまでの身ですが、全て完済してから2年程経ちます。

ブラックという言葉はなく、ただ単にクレジット審査の際に情報照会を掛けられたときに、

どういったことでどんな金銭的事故を起こしており、今はどのような状況なのかという事がクレジット審査の際に全て丸わかりとなります。

なので、私は延滞していた料金を全て払っているものの、まだ2年しか経っていないので、

確実にあと数年はブラック状態がバレバレな状態であり、クレジットの審査などに多大な影響を及ぼすでしょう。

しかし、今は「VISAデビット」に落ち着いて、現金を持つようにしていますので、クレジットカードは無くても良いのですが、

同じように、ブラックな状態でも行けるのでは?と思われている同じような状況におかれている方に知った貰う為に

こういった「ブラック中のクレジット審査」を行ってみました。

実際、ネット界では「最強に優しい」と言われている「アコムACマスターカード」の存在を知った私は、

迷わずWEBにて申し込みをしてみました。

「3秒審査」などの仮審査は、あれは仮審査でもなんでもないでしょう。

ただ入り口をオープンにしているだけで、もっと踏み込んだ申し込みが必要です。

私はブラックという状態で今回「アコムACマスターカード」の申し込みを行ってみました。

申し込み画面に行くと、進んでいく進んでいく・・・。

申し込み自体は誰でも資格はあるようです。

ただ、クレジット等に関しては「20歳以上」「一定の収入がある」というレベルで無ければなりません。

ちなみに、私の属性はこのような感じ。

  • 年齢:25歳
  • 雇用形態:アルバイト
  • 勤続年数:3年2ヶ月
  • 年収:350万(副業分含む)
  • 電話:携帯電話のみ
  • 家族:独身
  • 家:賃貸マンション
  • 家賃:あり
  • 居住年数:3年2ヶ月

WEB申し込みについて

パソコン

私はブラックな為、躊躇なくアコムACマスターカードの申し込みをしてみた。

方法はWEB申し込みで、朝方の時間帯で申し込みを終えました。

WEB申し込みが良い点はこのような点。

  • 入力が楽
  • 審査が早い
  • 急がなければむじんくんまで行かなくても郵送してくれる

これらが良い点です。

悪い点はこのような点。

  • スマホでは少しやりにくい
  • 入力がめんどくさい
  • メール画面の見落とし

このような点が悪い点といえます。

やはり、スマホやPCがある方で家にいながら簡単に申し込めて早いWEB申し込みは良いです。

しかし、本当に急いでいる方は「むじんくん」に直接行くのが良いのでしょう。

WEB申し込みでは、「個人情報」「勤務情報」「借り入れ状況」などの基本的な記入欄があります。

早く入力できる方は「5分」で終わるほどのものですが、決して「嘘」「記入漏れ」がないようにしましょう。

特に、「借り入れ」に関してや「収入」については「確認される」可能性があるので、

嘘を書いていてはまず通らないでしょう。

というよりは「見抜かれます」と言えます。

借り入れに関しては「有担保」である車のローンや銀行カードローンなどは記入がいらないので、

借り入れ0でも問題ありませんが、他にキャッシングがある場合などは借り入れ金額に記入しましょう。

これも嘘を書いてもばれますので、嘘は書かないように。

全ての記入が終わると「申し込み」へと移ります。

WEB申し込みが終わると「仮審査」に!!

クレジット審査

勘違いしてはいけないのは「3秒審査」が仮審査というわけではないです。

3秒審査は仮審査というよりは「お試し審査」みたいなもので、申し込みをしていない以上、

条件を変えても問題ないですし、だれでも「ご融資可能」にすることができます。

しかし、WEB申し込みにて基本情報等を記入した後は「仮審査」となり、

いよいよアコム側と関わりを持つようになります。

ここからが仮審査なので、あくまでも「3秒審査=簡易審査」がOKだから大丈夫ではなく、

仮審査にてOKが出たからクレジットカードが持てるという事でもないのでお間違えの無いように。

仮審査の詳細

スポンサードリンク

WEB申し込みをしてから、アコムよりメールが届いたのは3時間後でした。

というのも、申し込みをしたのは朝6時だったので、アコム営業時間である「9時」ほぼジャストにメールにて連絡がありました。

これは「電話」または「メール」でのやり取りが行われるようです。

私の場合はこのような返答でした。

メールにて「このたびはアコムにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。

お申込内容について、確認事項がございます。恐れ入りますが、至急次のフリーコールまでご連絡をお願いいたします。」

というようなメールが来ていました。

ということで、昼前にこのメールに気づき、フリーコールにて電話。

アコムのコールセンターの方とつながり、いよいよアコム対自分の一騎打ち。

まずは「WEB申し込みをしたところ、メールにて至急連絡するようにと書いてあった」と伝えましたところ、

「名前フルネーム」「生年月日(昭和・平成)」「本人かどうか」を聞かれました。

そして、その後は「根掘り葉掘り」の質問タイム・・・。

この電話は「5分~10分」の内容となると言われましたが、実際には「8分」で電話は終了

何より「申し込み内容を確認しましたところ、融資は可能です」と最初に言われます。

しかし、これはあくまでも仮審査での基準に合格した電話なので、

これから聞かれる内容を確認したうえで「本審査」となることは先に言っておきます。

その間の電話内容は以下の通りです。

  • 勤め先について
  • 勤め先の部署について
  • 現住所について
  • 使い道について
  • マスターカードで良いのかどうかについて
  • 急ぎかどうか
  • 年収について
  • 本人確認できるものは持っているか
  • 収入証明ができるものを持っているか
  • 仕事先に在籍確認してもいいのかどうか
  • 不明な点はないのか

これらについてサクサクっと連投してきます。

この中で、急ぎかどうかという事について聞かれた時に、急いでないですといったところ、

その場合は電話終了後のメールにて本人確認ができるものを用意するのに加えて、

アプリ等で送ってほしいとのこと。

なので、電話後に来たメールからアプリを取得し、免許証の裏表を撮影し、本人確認終了。

すごい簡単でビックリです。

他には、収入については、私の場合、会社でのバイトに加えて副業もしているので、

合算した年収を記入していましたが、副業分も含める場合は「確定申告」ではダメらしく、

市役所にて「所得証明書」を発行してくださいと言われましたので、

じゃあ今家にある源泉徴収で良いですか?と聞くと、これまた「今年度の最新のモノが欲しい」という事で、

収入に関する書類は「カード発行後でもOK」という事で無しに。

何だったんだこのやりとりはと思いましたが、こんなことがあって電話時間が8分に。

これにて終了となり、最後に会社に在籍確認等を行い、最終の審査を行う事を言われ、

不明な点はないかなどを聞かれて電話終了です。

電話自体は「めんどくさい」と思っていましたが、いざ電話すると「丁寧」ですぐに電話が終わってしまった感覚。

なので、仮審査の電話は「やましいこと」が無ければ何も同様する必要はないです。

聞かれることは「基本情報」を確認&少しだけ詳しく聞かれる程度です。

仮審査終了後から本審査までの時間

クレジットカード

仮審査から本審査へと移行しましたが、ここからはすんなりとはいきませんでした。

やはり私は完全なブラックだったからなのか、かなり慎重に審査が行われたのかわかりませんが、

仮審査から本審査に移って連絡があったのが「3時間後」です。

恐らく「むじんくん」だったらもっと早いのでしょうが、これはWEB申し込み+ブラックという事があるからか、

早い返答はありませんでした。

もちろん、在確はあったようですが、すぐにでもなかったようです。

本審査での自身の携帯への連絡はまたまたメールで「こちらに電話下さい」でした。

仮審査についても本審査についても電話での対応からではなく、メールにて「自身で電話をかけてこい」というようなものでした。

本審査はどうでもいいので、仮審査でどのようなことが聞かれるのか少しワクワクしていましたが、

普通の質疑応答で終わってしまったのは何か寂しい。

しかし、仮審査のメールからの電話にてすぐに「ご融資可能である」という仮審査合格のお言葉は貰えるので、

もしも仮審査否決の場合は瞬時にメールが来る方が多いようです。

メールだとしても、「至急こちらへご連絡下さい」とあれば「仮審査は合格」でしょうから、

ひとまずは安心してもいいでしょう。

ただ、問題は本審査=在籍確認や個人信用情報照会ですので、油断は禁物です。

申し込みしたいけど・・・という方は、気軽に申し込みしてみてもいいかと思います。

それは「クレジットカード審査」を何度も申し込んだり、落選してもブラックという情報が付くのはおよそ半年間ですから、

なんどでも審査することができます。

私はブラックなので、どうせブラックがホワイトになるまでの数年はブラックなのですから、

こういったことができますが、気軽に申し込みと言っても、本当に1枚欲しいという方は、

自身の属性(レベル)に合わせたクレジットカードをお勧めします。

そんな私は「ジャパンネット銀行」の「VISAデビット」で十分なので、これを重宝しています。

クレジット機能はないですが、ブラックの方はこのカードから初めてもいいかと思います。

現金に余裕を持ってから利用するデビットカードは意外にも楽ですよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ