アコムマスターカードが喪中ブラックでも本審査に通ったけど甘いの?


アコムACマスターカードは最終手段とも呼ばれるほど、審査が甘いとも言われているクレジットカード。

しかし、そんなクレジットでも当然落ちる人もいます。

ですが、私は喪中のブラックだから、今は少しの傷がついても痛くないと判断した自分は申し込みをしてみることに。

するとなんと審査が通ったという可決のお言葉が!

ノリで仮審査をWEB申し込みしました前回のお話しの続きである今回の本審査についてご説明していきます。

ブラックでも本審査って通るの!?

スポンサードリンク

本来、ブラックという言葉はなく、金融関係の事故履歴があるという事が、

CIC等にて全て閲覧できてしまう事から、俗にいうブラックと呼ばれる事故履歴を審査にて対象とし、

もしも事故履歴があるのであれば、ほとんどの確率ですぐに審査落ちというのが当たり前です。

これは実は私も当てはまる身なもので、私は今でも事故履歴のある喪中ブラックです。

喪中というのは「金融事故」の完済から5年が経たなければ履歴は消えないという状態にいる方。

完済から5年過ぎて、履歴が消えた方は「喪明け」と呼ばれています。

喪中であれば、完全にブラックという事が審査の段階でバレバレなので、

ほとんどの確率で通らないのですが、実は私は「アコムACマスターカード」だけは通りました。

正直、かなりビックリしたのですが、これはブラックだし傷ついても良いかという軽い気持ちで審査を受けた結果でもあります。

デビットカードに依存している私には正直クレジットカード無くても全く困らないのですが、

喪中ブラックの間に「クレジットヒストリー」をつけるには良いかという事で、一括返済金利無しで上手く使おうかとも思っています。

なお、私がブラックというのは「携帯電話の延滞(強制解約)」です。

これは「アコムACマスターカードのWEB申し込みでの仮審査と電話内容」でお話していますが、

簡易裁判所に立ち、事故履歴が残りますと弁護士から言われたブラック状態です。

一応2年前に完済しており、あと3年はブラック状態なので、平成31年ごろにホワイトになる予定です。

そんな私でも「アコムACマスターカード」には通ったので、

喪中ブラックでも通るのかという質問の答えは「通る」といえます。

アコムACマスターカード審査

アコムACマスターカード審査

アコムACマスターカード審査

喪中ブラックでなぜ通ったのか

では、なぜこんな喪中ブラックである私がアコムACマスターカードに通ってしまったのか。

正直、何が基準で可決したのかはアコム側でしかわからない為、自己解析にてお話を進めます。

アルバイトでも3年以上の勤続年数

アコムACマスターカードはアルバイトでもOKなクレジットカード。

こういったところでも審査が甘いとされているのですが、実際には「アルバイト=審査甘い」は成り立ちません。

しかし、アルバイトでも「安定した収入」という面で「勤続年数」が大きく関わると思っています。

もしも勤続年数1年未満などであれば厳しかったのかもと思っています。

ただ、アコム側でも勤続年数を知るすべはないので、1年以上も働いていれば安定した収入として認められるかもしれません。

完済してから年数が経っている

私は喪中ブラックで、携帯電話の分割料金の延滞による強制解約ならびに、

法的処置として債権会社と簡易裁判所にて話し合いをした次第ではありますが、

全て完済してから2年の月日が経っています。

これはまだまだブラックな状態であり、喪中ですので、普通のクレジットカードは通らなかったです。

ちなみに、このアコムACマスターカードを審査する3日前に

「ライフカード」「セディナjiyu!da!」を申し込みましたが、もちろん即日否決をいただいてます。

証拠としてその時のメールを見せられる範囲で見せますが、本当に返答が早かったです。笑

ライフカード審査

ライフカード審査

しかし、もう2社落ちているから、どっちにしろブラックだしという事で、

最終手段とも言われているアコムACマスターカードを申し込んだら、翌日に可決!!

どうやら、以前の延滞などで、喪中ブラックだとしても「完済」してから年数が経っていれば可能性はあると思われます。

ただ、完済してからすぐでは通りにくいのではとも思いますので、最低1年~2年の間は何もせず、

じっと現金生活(VISAデビットなど)をしている方がいいでしょう。

アルバイトでも年収が極端に低くなかった

やはり、クレジット等の審査には年収は重要な要素です。

この年収が低いほど、貸したお金を返すことができるのかどうかがわかってきます。

私の場合、年収が100万円以下などと極端に低くはなく、

本業以外にも副業をしていたので、合算した年収(確定申告済み)の金額を記入しました。

すると、電話確認の際に、どういった副業なのかを聞かれたり、年収を証明できるものはあるか聞かれたりしましたが、

全て証明できるものがあったためにすんなり承認してもらえました。

こういったことも審査対象となるでしょうから、年収は嘘のない金額を記入するのは「可決」の第一歩ではないでしょうか。

電話や申し込み内容で嘘は言わなかった

スポンサードリンク

これは人的審査では有効といえますが、電話や申し込み時の内容で、

嘘を書く方もいるでしょうが、私は全て事実を書いており、

年収を盛ることも勤続年数を盛ることもなかったですし、居住年数も借入金額も嘘は書いていないです。

借り入れに関しては、無担保ローン(金融等でのキャッシング)は借入に入りますので、

正確に記入しなければなりません。

私はバイクのローン(有担保)は2件ありましたが、有担保ローンなので借り入れは「0」と記入しています。

これは無担保ではないので全く嘘ではありません。

これらも当然相手側にはわかることですので、嘘は書かない方がいいでしょう。

信用を買う買わないの話の中で「嘘」は信用を失うのは当たり前です。

携帯電話の延滞以外は何もなかったこと

携帯料金延滞

携帯電話の延滞以外は何も事故や遅延は起こしておらず、白な状態でした。

まぁ、携帯電話の延滞がある時点で相当なブラックなのは自覚しているので、

以後は無いようにと思って生きていましたが。

これがあってか、返済も済んでいるし、今の属性から見ても払える能力はあるとみていただけたのでしょうか。

アコムの場合は消費者金融という事で、普通のクレジットとの審査とは基準が違うとされており、

アコムの場合は、過去の履歴を含み、現在の属性(状況)を重視するようです。

なので、現在がホワイトなのであれば可能性があると思われたのでしょう。

となると、ブラックのまま(延滞が続いているなう)の方は、現在の状況は良くないので、

可能性は無いとされてしまい、結果として「キャッシュカードだけ届く」「否決されてしまう」という事があるでしょう。

在籍確認がしっかりと行われて確認できたこと

消費者金融系であるアコムACマスターカードですが、これは必ずと言っていいほど在籍確認が行われます。

そう、ほかのクレジット審査よりも実は審査は確実に行われるともいえるのですが、

この在籍確認が行われる段階ですでに審査の8割はOKとも言える状態。

しかし、この在籍確認にて会社での在籍が確認されない場合、これはアウトとなり、

あと一息というところで審査の見送りが行われることがあります。

会社に勤めている場合、在籍が確認できるのは当たりまえの事でもありますので、

ここができないと話は進みません。

また、アコムという名を伏せて、個人名で電話をしてくれるので誰でも安心できる対応をしてくれます。

もちろん、在確のほかに自身への確認電話にもしっかりと対応していればほぼ通ったとも言っていい状態とも言えます。

甘いと言われるけど本当は甘いのではない

クレジット審査

アコムACマスターカードの審査は甘いとは言われるものの、

今現在の属性がしっかりとしていなければ、当然落ちるとも言えます。

過去に遅延延滞などがあっても、私は通りましたが、これは上記の事があったからだと思っています。

審査が甘いというよりは「電話での確認」などの面接をしてくれることも1つの良い点です。

面接というのは「機械審査だけではない」という事で、つまりは数分で終わる機械審査だけで終わらせないことです。

もちろん、属性が低ければ機械審査で即落ちもありますが、ブラックでも属性がある程度あれば、

あとは電話や在籍確認次第とも言えますので、甘いと言って軽く審査を通すよりも、

実績をある程度踏み固めることが大事ですので、まずは属性を少しでも上げるようにしましょう。

今はダメでも半年後には手にすることができるかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ