日傘による紫外線対策の効果はあるの?体感温度は本当に涼しいの?


夏によく見る「日傘」は今では多種多様でファッション性も優れているため使う方も多い。

日傘と聞くと「本当に効果があるのか」と思っている方もいるでしょう。

日傘を差している人の中には「帽子」「サングラス」「長袖」などといった完全防備の方もいるというのを見かけるため、

どうしても「疑ってしまう」というのもわかります。

そんな日傘は本当に紫外線や日焼けなどに効果はあるのでしょうか。

また、「涼しい」ともいわれる日傘の体感温度は日差しを受けているときと

どれくらい違うのかについてもまとめてみましたので早速行ってみましょう!!

日傘でなくても紫外線対策になる!?

スポンサードリンク

傘

日傘と聞くと「黒くて少しオシャレな傘」とイメージする方も多いのではないでしょうか。

紫外線や日焼け対策に使われる傘として知られていますが、

しかしこの日傘、実は「日傘じゃなくても紫外線対策出来ている」というのです。

それはどういうことかというと、「雨傘」にも「紫外線カット」が施されているそうです。

雨傘の表面には撥水加工(はっすいかこう)の為の薬剤(フッ素系)を使用するのですが、

この撥水加工に使用する薬剤こそが紫外線のカットをすることができるというのです。

そのことから、普通の雨傘でも「90%程度」の紫外線をカットできる仕組みになっているようです。

ただし、生地が厚くなければ余り対応力は強くありません。

ですが、普通の雨傘でも「9割の紫外線をカットできる」と言う事で、日傘でなくてもいいのではとも思ってしまいます。

しかし、日傘の効果はやはりすごいというのです。

日傘による紫外線対策は100%カット出来る!!

日傘

普通の雨傘でも「90%の紫外線カット」ができてしまうと言う事で、相当なカット力があると言う事がわかりましたが、

実際には90%の紫外線対策では足りないのだそうです。

厳密にいうと99%でも足りないとも言われています。

太陽光からの紫外線はUVAであれば窓ガラスなどを貫通して人間に影響を及ぼすほどの紫外線です。

なので、99%であっても、残りの1%は紫外線(遮光)防げないと言う事ですから、

残りの1%で体に影響を及ぼしてしまうのです。

紫外線はどれほど影響力が強いのです。

最近は「99%カット」というものがかなり多くなっています。

実際、これでも十分な紫外線対策とはなりますが、

100%にしなければ少なからずリスクはあると言う事は覚えておきましょう。

実際に売られている「UVカット日傘」の紫外線カットの効果は「普通の傘」の+5~10%増し程度なのです。

決して普通の日傘だからと言ってUVカットできていないかと言われれば「ほとんどは出来ている」のですが、

「UVカット加工の日傘」を使う事でより精密にカット出来る様になると言う事です。

最近は「99%カット」の上である「100%カット」の加工がされている日傘も多く、100%カットは本当に防いでくれる代物です。

何度も言いますが、99%カットでも残りの1%は意外にもとても大きいものと言われています。

100%はそのまま100%カットなので、カットできない部分があるという事実と

全てカットするという事実の大きさは相当な大きさと言えます。

でも100%カットではない!?

肌荒れ2

日傘によって遮光率も紫外線カット率も100%カットできるという代物があるという話をしました。

なので、結論は「日傘は紫外線対策に効果絶大!!!」と言いたいところなのですが、実際にはそうも上手くいきません。

それはなぜなのか。

100%カット出来るという日傘は頭上にある太陽から日傘に当たる太陽光を100%カットできるのは事実です。

ですが、それ以外に「照り返し」という現象があります。

この照り返しとは、「太陽光」が濡れた地面などに反射し、地面から人体へ紫外線などの影響を受けてしまうことを言います。

この照り返しは「曇り」「雨」などの日には意外にも多く、

もちろん晴れの日でも地面からの照り返しによって紫外線等のダメージを受けてしまうのです。

これによって頭上からの太陽光には100%カットできても、地面からの照り返しには対応しづらいのです。

その為、日傘の内側の色が「黒」であればその照り返しを吸収してくれるため、うまくカットできるのです。

しかし、日傘の内側が「黒以外」の明るい色(特に白)などでは「反射」を起こしてしまい、

照り返しが直で体に襲い掛かるわけです。

その結果「遮光率・紫外線カット100%」とされている日傘でも「照り返し」などのイレギュラーな時には

100%カットがいつでもできるわけではないという事が言えるのです。

また、万が一「傘に穴が開いていた場合」なども同様、その穴から数%分の紫外線が降り注ぐことが考えられるので、

そちらも同様100%カット出来ないといえます。

100%でなく、99%カット加工の日傘も同様で、日傘の内側の色が白だった場合などは直接紫外線が当たりますので、

99%とはいいがたい数字になることもあります。

また、99%カットなどには「生地が薄い」と言う事も考えられます。

100%カットなどでは「三層構造」などと言う事で「生地の厚みがある」と言う事が言えるのですが、

99%の場合は微妙に隙間が空いていたりすることがあるのです。

「刺繍」などがある場合は特に隙間が弱点となると言われていますから、99%を下回るカット率になる可能性も十分あります。

・「日傘の選び方を徹底攻略!!」

暑さ対策は出来る?体感温度は下がるの?

スポンサードリンク

暑さを軽減できると言われる日傘ですが、実際に本当に「暑さは対策出来るのか」と言う事です。

黒の日傘は熱を吸収すると言われがちですが、実際にはそうではありません。

黒は紫外線を吸収することで「紫外線対策」となるのですが、それ以外に「赤外線」も吸収するのです。

実はこの赤外線こそが「暑い」と言われる原因です。

良く言われるのが、黒Tシャツを着ていると暑さを吸収するという話です。

これも紫外線や太陽光ではなく、そこから放たれる「赤外線」によって暑く感じるのです。

黒が暑く感じるというのはそれが理由です。

それ以外にも「照り返しの吸収」も行われる為、黒は他の色の日傘よりは比較的暑く感じるといえます。

逆に白は「反射」が特徴ですので、黒よりは赤外線等の影響も受けづらく、

照り返しも反射するので暑さの感じ方は黒よりはマシと言われています。

これらの日傘には「生地」「生地の暑さ」「色」によって温度差は異なりますが、

日傘を差すことで体感温度は「-5℃~-10℃」程の温度差を感じる事ができると言われています。

これは当然といえば当然ですが、「太陽光に直接あたる」のと「日陰にいる」だけでもその違いは歴然でしょう。

そこにさらにUVカットや遮光率が加わるわけですから、体感気温が5℃程下がっても全くおかしくはないといえます。

まとめ

いかがでしたか?

日傘による紫外線対策は本当に効果は抜群です。

しかし、普通の傘でも効果はあるといえますし、黒色を使う事で紫外線吸収率は上がります。

ですが、遮光率100%や紫外線100%カットなどの日傘と比べると、

本当に隙間なく作られている100%日傘の方が断然優れており、生地の厚みも厚いといえます。

なので、本当に紫外線などの効果を実感するのなら「完全遮光」と謳っている日傘を使用することです。

また、涼しさがほしいと言う方は「完全遮光」といった日傘であれば「何色でもOK」なので、

白色ベースを選ぶと気持ち程度はマシになるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ