日焼け止めを乾燥して敏感肌となった荒れやすい肌への優しい効果的な塗り方とは?


日差しが強くなってくる季節などには、日焼け対策として日焼け止めを塗られる方も多い事でしょう。

しかし、その日焼け止めによって肌トラブルになることもあります

今回は、日焼け止めによるトラブルに関することや、

日焼け止めの選び方などについてご紹介したいと思います。

日焼け止めは乾燥しやすい!?

スポンサードリンク

肌13

日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などが配合されている物が多いんです。

紫外線から守ってくれる成分だとは言え、刺激が強いので肌を乾燥させることもあるのですね。

とは言え、元々肌が乾燥していたとも考えられるんです。

前から乾燥肌だった状態に、日焼け止めを塗ったことで、

余計に肌が乾燥してしまったということもあるかもしれません

元々乾燥しがちだと言う方は、お肌そのもののケアも考える必要があるでしょう。

また、乾燥肌用の日焼け止めを選ばれることも手段の1つですね。

敏感肌の場合は日焼け止めを塗ったほうが良いの?塗らない方が良いの?

肌荒れ2

敏感肌の方も日焼け止めで紫外線ブロック!

 敏感肌の方は、紫外線を浴びてしまうことでよりお肌に不都合が生じてしまいます

肌が赤くなってしまったり、黒くなることがあるのですが、化粧品によるトラブルも見られるようになるでしょう。

もしあなたが敏感肌なら、きちんと紫外線は防いでいかなければいけません

朝のうちにUVケアをすることも大事ですが、

正しい塗り方で日焼け止めを塗ることも、敏感肌の方には大切なことなんです。

敏感肌の方の正しい日焼け止めの塗り方とは

日焼け止めは、時間が経つにつれて薄くなってしまいます

なので、2、3時間毎に塗り直すことが大切ですよ。

また、塗る時にも重ね塗りをすることが鉄則なんですね。

とは言え、塗りすぎも禁物です。

クリームタイプなら、パールが2つある分ほどの量にしましょう。

また、敏感肌の方は体全て同じ日焼け止めを使うのはNGです。

SPFの強さによっても外と中で使い分けるようにすることも一案ですよ。

肌にうるおいを出す効果的な日焼け止めの塗り方は?

スポンサードリンク

日焼け止めには、多くに紫外線散乱剤が入っています。

なので、肌が乾燥してしまうことも少なくないのですね。

乾燥は日焼けを引き起こしてしまうので、乾燥を防ぐことが大事なんです。

そのためにも、保湿をするようにしましょう。

保湿には化粧水や乳液を塗るのですが、ここで5分ほど時間を置くことがポイント

それから日焼け止めを塗る様にするんです。

お肌も良く潤ってくれるのではないでしょうか。

どうしても日焼け止めが肌に合わない場合の対処法は?

肌に合わないものを使うとどうなる?

肌に合わない日焼け止めは、肌トラブルを起こしてしまう原因になります

たるみやシミなどを作ってしまいかねないんです。

もし、日焼け止めが合わないなと思ったなら、その日焼け止めの使用を中止することが大事ですね。

なので、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めの選び方について!

日焼け止めは、自分に合ったものを探しましょう。

敏感肌の方なら、紫外線散乱剤のもので、クリームか ミルクタイプのもの、そしてSPF20+以下のものが適していますよ。

そして、乾燥肌なら、紫外線散乱剤の配合されているジェルか ミルクタイプで、SPF30+以下のものを選ぶようにしましょう。

まとめ

日焼け止めに入っている成分にも、肌を乾燥させる要素もありますが、

元々乾燥されている方であれば、より乾燥してしまうことがあるのです。

敏感肌の方も、スキンケアをした上で日焼け止めを塗るようにしましょう

重ね塗りをすることも大事ですが、塗りすぎは良くありません。

また、肌を潤わせるためには化粧水や乳液を塗って浸透させましょう。

焼け止めが合わない時には、その製品を使わないことがベストです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ