日焼け止めを顔に塗る際に敏感肌・乾燥肌の対策はワセリンがオススメ!?


暑くなってくると皆が意識し始める「紫外線」。

日焼けしたくないという女性が圧倒的で、男性ももちろんいます。

日焼けを防ぐには「紫外線対策」をしなければいけないのですが、

その中でも特に「日焼け止め」は必需品ともいえる「日焼け対策」の1つです。

そんな日焼け止めを塗りたいけど「敏感肌」「乾燥肌」の場合でも日焼け止めは塗ったほうが良いのでしょうか。

そんな方に良い方法は無いのでしょうか。

今回は「日焼け止めを顔に塗る際に敏感肌・乾燥肌の方の対策」についてお話しします。

敏感肌?乾燥肌?どっち?

スポンサードリンク

肌3

お風呂に入って上がると、「化粧水」「乳液」「美容液」などを使って「顔に潤いを与える」と言う事は多くの方が行うでしょう。

それは「肌の乾燥」を防ぐという点に置いて、必要不可欠な作業でもあります。

また、夏の紫外線対策での「日焼け止めクリーム」も同じです。

「紫外線による肌のダメージをなくす」ということも大事な要素です。

これらは「自身の肌の状態」によって商品を変えたりすると思います。

その理由は「敏感肌」「乾燥肌」といった肌があまり強くない方です。

そもそもこの敏感肌と乾燥肌はどういった違いがあるのでしょうか。

乾燥肌

乾燥肌はその名の通り、「肌が乾燥した状態」の事です。

乾燥肌になる原因は様々ですが、主に「ストレス」「誤ったケア」「生活習慣」が主な原因となります。

特に「食事」「睡眠」「運動」などが注目される「生活習慣の乱れ」による影響が大きいといえます。

これらの原因によって肌の水分量が減っていくと言う状況になります。

そして「表皮上」にある肌表面の角質層が本来の厚みから減っていき、通常なら守れる外敵(紫外線・刺激等)から

しっかりと守れなくなるだけでなく、刺激に過敏になるのです。

乾燥を防ぐには「水分を補充する必要がある」と言えます。

敏感肌

敏感肌は「外敵(紫外線や成分等)による刺激に弱く、少しの刺激でも過敏に反応してしまう肌」と言えます。

となると「乾燥肌」と変わらないのでは?とも思いますが、

乾燥によって「刺激に過剰な反応を起こす」と言う事もあり、敏感肌は「乾燥肌」があっての敏感肌ともいえるのです。

正式的には繋がりは無いと言えますので、

乾燥肌と敏感肌は違いますが、状況での判断としては「乾燥肌」となった肌が「少しの刺激で反応する」と言えることから、

「乾燥肌=敏感肌」といえますし、「乾燥肌→敏感肌」と言えるのです。

敏感肌となることで「少しの刺激(紫外線や成分等)による{かゆみ}{腫れ}{赤み}」等が症状として出ます。

原因は乾燥肌と同じく、「ストレス」「誤ったケア」「生活習慣」等と言われています。

日焼け止めクリームの選び方

肌8

紫外線吸収剤はNG!?

日焼け止めクリームが肌に合わないと感じる方も多いでしょう。

そういった方に共通するのは「乾燥肌」「敏感肌」なのです。

こういった肌のトラブルになりやすい方は日焼け止めクリームもトラブルの元となります。

「顔の日焼けで肌荒れを起こす原因」にて書いていますが、

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という成分を含んでいるものがあり、

どちらかを含んでいる日焼け止めと両方含む日焼け止めがあります。

このうちの「紫外線吸収剤」を含んだ日焼け止めクリームは「肌に良くない」です。

それは単純で、様々なものを合成して作られている吸収剤は、

太陽光を日焼け止めクリームに入っている「紫外線吸収剤」によって肌表面にコーティングしてある

吸収剤が紫外線を吸収し、肌へのダメージを軽減するという仕組みです。

この吸収をするという時点で成分同士での「化学反応」を引き起こしており、

この化学反応にて熱を放出するのですが、化学反応によって変化した物質によって肌への刺激となると言えます。

合成界面活性剤はNG!?

そしてもう1つですが、日焼け止めクリームには「合成界面活性剤」を使っている物もあります。

これは「肌に長期時間馴染ませるために必要とされるもの」と言えますが、

この合成界面活性剤は肌に付くことで「肌に浸透」していくとともに、塗った箇所の肌を溶かしてしまい、

そこに日焼け止めに含まれていることが多いという汗や皮脂に強いという「合成ポリマー」を肌表面にコーティングすることで

表面上ではツルツルとした肌を保て、長時間肌になじんでくれると言う事で肌にもいい感じはするでしょう。、

しかし、実際には「合成界面活性剤」によって肌細胞を破壊するだけでなく、

「合成ポリマー」の肌をコーティングすることで「ツルツル」とした肌を保てているという裏側で「皮膚呼吸」といった

「肌を密閉」している状態となり、結果的に肌の状態は悪化し、乾燥肌・敏感肌だけでなくアレルギーなどを引き起こします。

紫外線散乱剤の日焼け止め

スポンサードリンク

先程、日焼け止めには「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2つの成分が存在するといいました。

しかし、「紫外線吸収剤」は肌に良くないといいました。

肌に良いとされてるのは「紫外線散乱剤」の方です。

これは「肌に塗られた日焼け止めに入っている散乱剤によって紫外線を反射する」というバリア機能を持っている優れものです。

これは成分が無駄に含まれておらず、化学反応などの心配もないので「肌に優しい」のです。

なので乾燥肌や敏感肌の方は「紫外線吸収剤の入っていない紫外線散乱剤を含む日焼け止めクリーム」によって

大きい効果を得られるといえます。

・「紫外線を防ぐ日傘で徹底対策!!」

合成界面活性剤の含まない日焼け止め

紫外線吸収剤同様、合成界面活性剤も含まないのがオススメです。

基本的に「合成界面活性剤」は「日焼け止め」だけでなく、

シャンプーや化粧品などほとんどのものに含まれているのは確かですが、

やはり「肌」を考えると「リスキー」と言えますので、なるべく入っていない物を選ぶのが良いです。

そのほかに肌に悪いのもNG

「紫外線吸収剤」「合成界面活性剤」だけでなく、ほかにもまだまだ肌への負担となるものはあります。

「防腐剤」「アルコール」はどれにも含まれやすいものですので、これらもなるべく避けた方が良いです。

ですが、実際には「すべて避けるのは困難」と言えますので、なるべく成分の入っていない物を選ぶのが理想的です。

実はワセリンが良い!?

肌

これらの肌への負担を考えると選択肢が狭くなりつつありますが、

肌に馴染んで肌の調子が良くなるものがあるのならそれでもかまいません。

「日焼け止め」についても同じです。

日焼け止めは先ほど言いました「紫外線吸収剤」によって肌へのダメージが蓄積されやすいのですが、

「紫外線散乱剤」のみ含む日焼け止めにすることでしたら比較的簡単なので、そういった方法をお勧めします。

ただし、日焼け止めクリームを塗る際に、もっと肌に負担のかけない方法があります。

それが「ワセリン」です。

ワセリンの保湿力はかなり高く、「皮膚からの水分蒸発を防ぐ」能力に長けています。

しかも肌に優しいとされていますから、尚更使わない理由はありません。

と言っても「どう使えばいいのか」と言う事ですが、使い方は以下の通りがオススメです。

日焼け止めクリームをより肌に負担を掛けずに使う方法

肌に優しい「合成界面活性剤」などの入った物では無い化粧水を肌に使用(セラミド入りが良い)

ワセリンを顔に使用(化粧水による水分を蒸発させないためのコーティング)

日焼け止めクリームを塗る(あまり摩擦をかけずに塗ること)

このような方法が「乾燥肌」「敏感肌」の方に向けた「日焼け止めクリーム」の効果的な使用方法です。

ただし、これらには全て共通することが言えます。

それが「塗る際には摩擦を掛け過ぎないようにする」と言う事です。

やはり「塗る」と言う事で顔になじませるために顔の皮膚に化粧水などを伸ばすために何度も肌に触れますが、

このようなやり方では肌に負担を掛けます。

出来るだけ肌に触れる回数は減らし、摩擦を掛けないようにするのが良いので、

「肌に押し付けるような付け方」がオススメです。

ワセリンはそれでは難しいでしょうから、出来れば「軽く伸ばす」という程度で塗ると効果は非常に大きいです。

今回は日焼け止めにはワセリンをプラスで使うと良いと言う事ですが、

ワセリンは保湿に優れていると言う事で、今回の日焼け止めだけでなく色々な面において

「乾燥肌」「敏感肌」の手助けをしてくれますので、化粧水の跡に乳液なども良いですが

「ワセリン」でバリアを張るという方法もかなりオススメですよ!!

まとめ

顔に塗る日焼け止めはやはり「肌に優しい」というものでないと「表情」を見られる顔に何らかの異常が出ていると

外を歩きたくないといったことにもつながりますし、乾燥・敏感肌は大変辛いものと言えます。

なので、そういった肌の弱い方は一般に使われる「化粧水」「乳液」に加え、「日焼け止め」にも注意が必要です。

出来るだけ上記で触れた「紫外線吸収剤」「合成界面活性剤」を使っていない日焼け止めを使いましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ