顔の日焼けで肌荒れを起こす原因は?炎症のケアと予防対策について!!


夏の紫外線・・・これは本当に嫌になるものです。

毎年暑い日になれば「日焼け」をしてしまい、どうしてもヒリヒリするといった方や黒くなってしまう方がいます。

それは、体はもちろん、顔までも同じく日焼けしてしまう場合もあります。

顔は常に露出している部分でもありますので、どうしても日焼けが目立ちます。

その顔の日焼けで「ブツブツ」と言われる「肌荒れ」を引き起こすことがあります。

これによってますます嫌になると言う事も多いでしょう。

今回は「顔の日焼けの原因と対処法」に加えて「予防対策」についても解説します。

肌荒れを起こす原因は「赤くなる人」?

スポンサードリンク

肌荒れ

顔の日焼けは場合によっては「メガネの跡」なども残るために以上に嫌ですよね。

人によって赤くなる人や黒くなる人、赤くなってから黒くなる人など様々ですが、

これは紫外線耐性によるもので、「色白」の方は赤くなるという方が多いです。

「日焼けで赤くなる原因」に書いていますが、肌は紫外線という外敵によってダメージを受けます。

それは顔であっても体であっても同じで、「赤くなる」というときは「UVB」による表面ダメージとされ、

この表面的なダメージによって「表皮」の細胞を損傷させていきます。

深く掘り下げると、人間は紫外線を浴びると「活性酸素」を作り出しますが、

この酸化作用によって殺菌力を増すことで紫外線という外敵から守る働きをします。

ですが、大量に作られた活性酸素の強力な酸化作用によって「肌の損傷」へと繋がります。

なので、まとめると以下の通りとなります。

「紫外線を浴びる」

「活性酸素の過剰発生による強力殺菌」

「肌の損傷」

この流れです。

ただし、このままではまずいので「メラニン」の登場となります。

このメラニンは「肌のバリア機能」として存在します。

このダメージを受ける肌を守るために「メラニン」が生成されることによって「黒くなる」などの状態となります。

ですがこのバリア機能は「赤くなる人」は生成スピードが遅いのです。

赤くなってしまう人は「色白」や「紫外線耐性が無い」といったこともありますが、

「メラニンの生成が遅い」ということから、赤くなって「ヤケド状態」を引き起こします。

メラニンの生成が遅い方は「1日後~2日後」にやっと生成され、肌のバリアをしてくれますが、

時すでに遅しとなり、結果的に「ヒリヒリ」「かゆみ」といった状態に加え、

「顔のブツブツとした肌荒れ」などの炎症を引き起こすのです。

一方で、このメラニンの生成が早い人もいます。

これは「紫外線耐性のある人」「地黒」といった方に多く、紫外線を浴びてからすぐにメラニン生成が始まり、

すぐにバリア機能を張ってくれるため、肌のダメージも少なく、「炎症」も起こりづらいのです。

こういった方は「即時黒化」という部類に属し、「顔の肌荒れ」などは比較的起こりづらいという事が言えます。

なので、「日焼けによって顔の肌荒れを引き起こす」という方は、

「色白」「紫外線耐性がない」という方である「赤くなる人」に主に発症する炎症なのです。

日焼け止めクリームも原因に!?

クリーム

上記では「赤くなる人」が「顔の肌荒れ」を引き起こす原因と言いましたが、

日焼けクリームでも原因となることが言えます。

この日焼けクリームには「紫外線拡散剤」「紫外線吸収剤」という成分が含まれています。

これらが含まれることによる原理は以下の通りです。

紫外線拡散剤

紫外線拡散剤を含む日焼け止めクリームに含まれる「二酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの白色顔料によって

光そのものを反射する役割を持つことで、「拡散」というよりは「反射」をして肌を守る効果のあるものです。

ただし、この白色顔料によって白く浮き出てきてしまう事があるのが難点と言われています。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤を含む日焼け止めクリームは「吸収」と書かれているように、

吸収剤に含まれる有機化合物らによって紫外線を吸収し、その吸収したものを「熱」として放出することで

紫外線から守るというものです。

いわば、「紫外線エネルギー変換剤」と言っても過言では無いのがこの吸収剤です。

2つ含む又は吸収剤を含む日焼け止めクリームは注意!?

今では「拡散剤」「吸収剤」を2つ含むクリームが多いですが、

「紫外線吸収剤」が含まれている日焼け止めクリームは「顔の肌荒れ」に繋がります。

これは「肌」の問題で、「敏感肌」であるがために出来るとも言えます。

様々な有機化合物を使っている「吸収剤」は、熱に変えて紫外線から守ると言う事で

肌にある程度負担を掛けることに繋がります。

熱で放出すると言う事は「ヤケド」に繋がってしまう恐れもあると言う事です。

実際には「触ってわかる」というくらいの熱を放出するわけではないですが、

熱に変えるという点から「ヤケド」が懸念されます。

なのでこの吸収剤を含むクリームは「肌から守る」一方で、「肌を傷つける」にもつながります。

ということから、「敏感肌」などの場合は「吸収剤」を含むクリームはオススメできません。

「拡散剤」のみの日焼け止めクリームにするのが良いでしょう。

顔の肌荒れに対するケア

スポンサードリンク

冷やす

まず何をするかというと、「冷やす」です。

日焼けによる肌荒れは「赤くなる人」と言えるので、いわば「ヤケド状態」の人に多いのです。

なのでまずは「熱」をに逃がすといいうことから始めましょう。

顔に冷水をかけるなどの事も良いですし、冷やしタオルや「アイシング」なども良いです。

水分補給する

肌荒れも「炎症」です。

体のヤケドの状態と治療法などは同じなのですが、「ヤケド状態」となっていることで水分はみるみる失われます。

なので、必ず「こまめな水分補給」をすることが大事です。

保湿する

保湿することは「肌の水分補給」をすると言う事です。

ヤケドによって「乾燥状態」を招いている肌は危険な状態ですので、なるべく肌に優しいクリーム等で

保湿をすることをしましょう。

しっかりと肌に優しい保湿クリームを塗ったところでその上からコーティングとしてワセリンなどでさらに

保湿効果を狙うのも非常にいい方法と言えます。

メイクはなるべく避ける

肌荒れをしているときは「修復作業」が進んでいる状態ですので、

そこに新たに「負担」を掛けるのはオススメできません。

特に「メイク」はあらゆる成分を含む、肌トラブルを招く道具です。

なので、肌荒れを引き起こしているときは極力「メイク」は避けた方が良いでしょう。

日焼けによる肌荒れから防ぐ予防対策は?

肌4

日焼け止めクリームを変える

先ほども言いましたが、「紫外線吸収剤」を含むものは「肌荒れ」に繋がります。

なので「拡散剤」を含んだものに変えると言う事が肌荒れを防ぐ予防策と言えます。

日焼け止めは必ず塗る

日焼け止めクリームは「敏感肌」には「炎症」を招くというのは言えますが、

それでも塗らずに「外出」をするというのはあまりにも無防備となります。

出来れば「拡散剤」にし、出来るだけ肌への負担は減らしながら「日焼け止め」を塗りましょう。

帽子とサングラスを着用

やはり「顔」を守るには「紫外線防止アイテム」に頼るほかありません。

「帽子」によって顔に当たる紫外線はある程度防ぐことができますし、

サングラスは「目」も防ぐことができます。

1番いい方法は「紫外線になるべく当たらない」と言う事ですので、

こういった対策は必要なのです。

・「サングラスの適切な選び方とは!?」

日陰と日傘

そして、出来るならば「日陰」を探して滞在する様にしたり、

レース状ではない日光が肌まで届きにくい「日傘」を差すのがオススメです。

とにかく紫外線から身を守ることが大事です。

・「日傘はオシャレを求めてはいけない!?」

まとめ

いかがでしたか?

「顔の肌荒れ」は「赤くなる人」であり、「敏感肌」という結果となっています。

これには大事な要素である日焼け止めクリームが原因ともなっているために少し複雑ですが、

上記に書いているように、しっかりと選んで使用することで「炎症」から守ることは出来るので、

「肌荒れ」が気になる方は「あらゆる方法」を試すのが良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ