LEDと蛍光灯は紫外線を出す?目や肌への影響について!!


季節が夏に近づくといよいよ襲ってくる「紫外線」。

紫外線は防ぎようがないと言える自然による電磁波。

「UV」と呼ばれますが、UVとは「ultra violet(ウルトラバイオレット)」の略なのです。

この紫外線「太陽」から浴びるものというのが一般的と言えるでしょう。

しかし、最近当たり前のように登場している「LRD」と「蛍光灯」でも「紫外線」が出ているのでは?

と言われ、「どこでも紫外線を受け続けているのでは?」と少し不安を抱える方もいる事でしょう。

と言う事で今回は「紫外線はLEDや蛍光灯から出るのか」という点についてお話しします。

紫外線の影響とは?

スポンサードリンク

晴れ2

紫外線といえば「太陽光」を思い浮かべるかと思いますが、

この太陽光には「目に見える光」とそうではない「目に見えない光」があります。

その中で紫外線は、太陽から目に見えない光として地球に入ってきています。

「目に見える光」は「可視光線」といい、目に見えない紫外線などは「不可視光線」と呼ぶこともあるそうです。

太陽を通じて地球に届く「紫外線」は実際にはほとんど影響を受けることは無いと言っていいほど少量の紫外線量です。

ただ、この紫外線には波長によって紫外線量の強さが変わります。

波長が短い時の影響

波長が短い時の影響はどんな影響があるかというと、波長が短ければ短いほど紫外線は強くなり、

波長が長くなれば長くなるほど紫外線が弱まり、目に見える光である可視光線、そして赤外線となります。

この波長によって「影響」は変わってきますが、紫外線によって受ける影響以下の影響となります。

紫外線による影響

✔シワ

✔たるみ

✔日焼け

これらが一般的な紫外線による影響となります。

紫外線は人体に「影響」を及ぼすことがわかっています。

ただし、人間の表面上、つまり「皮膚」に関連する影響がほとんどと考えましょう。

こんな紫外線には「波長」によって強さが変わるといいましたが、

強さによって「名称」も「影響」も変わってきます。

UVA

UVAはいつも皆さんが浴びている紫外線に当てはまります。

このUVAは紫外線レベルでいうと「弱」となり、人体に致命的となる悪影響は出づらいと言われています。

ただし、弱いと言っても「屋内」であったとしても窓を突き抜けてくる太陽光によって紫外線は浴びてしまいます。

なので、基本的にどこにいても「UVA」は浴びることになります。

このUVAによって起きる人体への影響は以下の通りです。

✔日焼け

✔シワ

✔シミ

✔たるみ

このような影響力があります。

UVAは「弱」とは言いましたが、皮膚の表面だけでなく、

皮膚の奥まで影響を及ぼしますので、一概に「安全」とは言えないのです。

UVB

UVBはUVAよりも圧倒的に強力な紫外線で、地球内にも徐々に入ってきているのが現状なのです。

このUVBは紫外線レベルでいうと「中強」と言えます。

このUVBは人体にとっての影響力は大きく、徐々に太陽光によるUVBが地球内に入ってくると

問題もかなり大きいことになるでしょう。

また、UVBは皮膚の一番下部分(基底層)まで達するほどの紫外線を持っています。

ただし、UVAよりは皮膚へのダメージは浅いです。

このUVBによっておこる影響は以下の通りです。

✔日焼け

✔シワ

✔シミ

✔たるみ

✔炎症

✔皮膚がん

このような影響があります。

このUVBの特徴は「直射日光によって日焼けして赤くなる」と言う事がありますが、

この「直射日光によって赤くなる」というのがUVBの特徴です。

ただし、UVBは波長が短いので「快晴(晴れ)」の時がピークで強く、

曇りや雨の日では雲によって地上までは届きにくくなっています。

なので、「晴れ」の日は直射日光が当たらないようにする工夫が必要です。

それだけでなく、晴れていても「窓ガラスを突き抜けてくる太陽光」には含まれないので、

屋内にいればまだ安心と言えるでしょう。

UVC

このUVCはかなり危険と言われ、もしも人体に当たることがあればその影響力は計り知れません。

ただ、UVCは「オゾン層」がしっかりとガードしてくれることから、「地上まではほぼ来ない」といえます。

そんな影響力の大きいUVCの影響とは以下の通りです。

✔しみ

✔シワ

✔たるみ

✔皮膚がん

✔白内障

✔失明

✔人体の遺伝子破壊

これらの影響があります。

とはいっても、こちらの影響力は最大で、「1時間UVCを見ると失明する可能性がある」と言われています。

それだけでなく、皮膚がんの発症率も格別に上がります。

今のところは「地上に降りてこない」ことがほとんどですが、

「オゾン層の破壊」によって今後UVCが地上に降りてくる可能性は0ではないと思っていいでしょう。

・「紫外線が強い季節・時間はいつなの?」

目への影響力

スポンサードリンク

紫外線は目にも悪いと言われています。

サングラス等でも「UVカット」などとあるように、直視はもちろん、

紫外線によって目に影響があるとされていますが、実際には目への影響はあるのか。

実際には「目」にはもともと「紫外線を防ぐ」という能力があるのです。

なので、ある定度は当たっても問題ないのですが、長時間もの間「目」に紫外線を当てると以下の影響が考えられます。

紫外線による目への影響

✔白内障

✔角膜炎

✔失明

これらの影響があるといえます。

しかし、実際には「失明」までの影響力は低く、目への影響はそこまで強くないといえます。

人体に紫外線が触れることで「ビタミンD」を生成するといいますが、

「目」に触れることでビタミンDが生成されると言う事はないので、

目への紫外線は「メリットというメリット」がないといえます。

屋内での紫外線

肌13

屋内でも紫外線の影響はあります。

先ほども言いました通り「UVA」に関しては窓ガラスを突き抜けるといったように、

屋内にいれば紫外線には当たらないと言う事は「無い」のです。

また、「蛍光灯」「LED」による影響も心配されているようですが、

実際に「蛍光灯」「LED」による紫外線はあるのでしょうか。

蛍光灯からの紫外線

蛍光灯は屋内であれば「どこでもある」「必需品」ともいえるもの。

そんな蛍光灯からの紫外線はあるのかというと、「ある」のです。

蛍光灯が光る仕組みですが、蛍光管の中には「発光塗料」があり、

電気をONにすることで内部で「紫外線」が発生します。

この紫外線によって発光塗料に接触することで「光を放つ」とされています。

流れでいうと以下の通りです。

1.蛍光管内に紫外線アリ

2.電気ONで蛍光管内の発光塗料と紫外線が接触

3.紫外線と発光塗料の接触によって発光する

この流れとなっています。

一見、これだけだと「紫外線」の影響はなさそうですが、そうではないのです。

実は発光するには紫外線と発光塗料の接触が必要ですが、

これによって発光した際に微量ですが外気に漏れるのです。

この漏れによって「人体に紫外線を浴びる」きっかけが出来上がるのです。

ただし、この「蛍光灯」による紫外線の影響は「ほとんど無い」ですので、

紫外線の有無で言えば「有」ですが、人体への影響は「ほぼ無」と言っていいでしょう。

LEDからの紫外線

「蛍光灯」では紫外線はあるといいましたが、「LED」などの電球ではどうでしょうか。

LEDは市販されている照明のほとんどが「紫外線を含まない」とされています。

実際には「微量」の紫外線を含むようですが、それは「蛍光灯」のおよそ「200分の1」の量と言われているので、

まず人体に影響はないでしょう。

ただし、紫外線を含むLEDも存在します。

ですが、「市販されている照明」では「ほぼ無し」と言えるので、気にする必要はまずないでしょう。

「蛍光灯」は紫外線があるのに対して、「LED」はほぼ無いというのが結論です。

まとめ

いかがでしたか?

紫外線は人体に影響のあるものですが、しっかりと対策をすればある程度は防ぐことができますし、

屋内でも「蛍光灯」による紫外線が心配という方も「微量」と言う事で、

日常生活において「神経質」になる必要はあまりないでしょう。

ですが、直射日光による長時間の紫外線を浴びることは場合によっては「皮膚がん」の可能性が高まりますから、

海などでの肌のダメージは極力避けましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ