紫外線の酸化による悪影響はシミや色黒の原因に!?食べ物で対策!!


紫外線は夏にはどうしても誰もが避けたがる1つの要素。

特に女性は「日焼け」は天敵となり、毎日の日焼け対策は欠かせませんよね!!

この紫外線によって「酸化」することから、「肌」への影響は大きいものです。

「酸化」を防ぐためにも「日焼け止め」などでは足りない他の対策をしなければなりません。

今回は「紫外線の酸化」についてお話していきます。

紫外線による酸化とは?

スポンサードリンク

紫外線は「肌」「目」に影響があると言う事が言われています。

実際に、「UVA」「UVB」「UVC」と3つの波長の長さによって「紫外線による影響」もかなり変わってきますが、

UVBは「肌が赤くなる日焼け」がUVB、UVAは肌の奥まで浸透する「シワ」「シミ」「タルミ」の元となり、

曇りや窓ガラスなども突き抜ける紫外線となっています。

この地上に降りてくる「UVA」「UVB」によって紫外線が肌に触れます。

この肌に触れた紫外線によって、人は「危ない」と判断し肌を守ろうとします。

こうして肌を守ろうとするために「バリア」を張るのですが、

このバリアを張る事で体内にて「活性酸素」が多く発生し、活発に働くようになります。

この「活性酸素」が体内で多く働くことによって「酸化」してしまうと言う事です。

そもそも活性酸素って何?

悩む2

では、そもそもその「活性酸素」とは何なのでしょうか。

活性酸素は上記で軽く触れていますが、「体に異常を感じたらバリアを張るために発生し活発化するもの」です。

活性酸素は「敵から体を守る」という為に作られているものです。

「体に異常を感じる」という非常事態が起こると「活性酸素」が持つ酸化作用にて外部からの敵を酸化作用で

人体に敵として存在する有害物質を撃退します。

この活性酸素は有害と感じるものすべてにおいて発生し活発化しますが、

紫外線による活性酸素の場合は「活発化」が過剰に発生してしまうのです。

これによって「活性酸素」が出過ぎたために、酸化作用による殺菌が強力すぎるために

人体に逆に悪影響が出てしまうのです。

これが「紫外線による酸化」となります。

活性酸素による酸化で人体にどのような影響がある?

肌13

活性酸素の過剰発生で人体に悪影響があるといいましたが、実際にどれほどの影響があるのでしょうか。

この活性酸素の影響でまず最初に問題になるのが、「過脂化」です。

活性酸素によって体内にある脂肪が酸化してしまうことです。

これを「過脂化」と呼びます。

この過脂化によって「メラニン色素」に異常を招くことで「シミ」などの状態を作ってしまいます。

メラニン色素には強力な殺菌効果のある「活性酸素」の過剰な攻撃を吸収してくれる働きがあり、

これによって人体への悪影響を和らげる一方でその代償として「色黒(日焼け)」が起きるのです。

ただ、脂肪が酸化(過脂化)してしまうと皮脂も当然酸化していることから、メラニン色素に異常が起き、

その異常が「残りやすいシミ」となることがわかっています。

また、この皮脂の過脂化によってメラニン色素も過脂化してしまう為に、

以後もシミが出来やすく、残りやすい物となりますので「以後のシミ」には注意が必要です。

そして「シワ」も同じです。

活性酸素によって酸化してしまうのは「表皮」である目に見える肌の部分ではありません。

「真皮」という肌の奥にある目に見えない部分に存在する「コラーゲン」などもダメージを受けます。

これによって、肌の潤いなども減少することで「シワ」の原因ともなります。

そして「目」です。

目にも活性酸素は発生し、特に水晶体などに多く発生することで水晶体にある成分に変化が起きることで

「白内障」「角膜炎」などが起こる可能性もあり、リスクも大きいのです。

こういったように、「活性酸素」によって人体の機能をサビつかせる原因となってしまう事となり、

これが「シワ」「シミ」「タルミ」のほかに、目の病にもつながると言う事になります。

食べ物で抗酸化を狙う!!

スポンサードリンク

1番重要なのは「予防」です。

普段から気を遣える人(予防している人)は活性酸素による酸化も少なく、健康状態を保てていることでしょう。

そうでない方はただちに健康状態を作るためにも「抗酸化」を試した方が良いのです。

それには「日焼け防止策」は最も重要ですが、それよりも大事にしたい部分があります。

それが「食事」です。

この食事によっても「酸化を防ぐ」という効果のある食品も多くあり、

それを行う事で「抗酸化」による健康状態を保つことができます。

なので、「日焼け止め」や「帽子」や「日傘」などの紫外線防止策も大事ですが、食事には気を付けましょう。

では、「抗酸化作用のある食品を見ていきましょう。

緑黄色野菜

緑黄色野菜は「抗酸化」に優れたものが多いのが特徴です。

いずれせよ、野菜を摂らなければ栄養面から見ても「健康状態は保つことが難しい」といえますので、

積極的な緑黄色野菜の摂取を心がけることが大事です。

そんな緑黄色野菜に入っている「ビタミンC」や「ビタミンE」は肌のバリアを作る効果もありますが、

抗酸化力を付ける為にも必要な要素です。

基本的には「色の濃い野菜」に抗酸化力が強い物が多いとされています。

そんなオススメの緑黄色野菜は以下の通りです。

✔ニンジン

✔かぼちゃ

✔アボカド

✔明日葉

✔ケール

✔ほうれん草

✔ブロッコリー

✔トマト

✔キャベツ・芽キャベツ

✔ジャガイモ

これらは抗酸化に優れた野菜達です。

これらばかりを食べる必要はありませんが、普段の食事に取り入れることは非常に大事です。

ミネラル

ミネラルは人間にとって必要不可欠と言えるもの。

このミネラルは「海藻」などに多く含まれていますが、それ以外にもオススメできる食品はあります。

✔ニンニク

✔大豆

✔納豆

✔レバー

✔牡蠣

これらには「イソフラボン」や「セレン」、そして「亜鉛」などのミネラルは「抗酸化力」を強めますのでオススメです。

ただ、亜鉛などの摂取し過ぎは「マグネシウム」の減少などにより「貧血」に繋がったりもするので注意が必要です。

魚類

魚類というと大きく言っていますが、「魚類」には「アスタキサンチン」という「抗酸化に優れた成分」を持つ魚が多いです。

これによって「抗酸化力」は大きくつきますので、食卓に「魚」を並べることは非常に大事なのです。

✔サケ

✔マス

✔真鯛

✔メバル

✔金目鯛

✔イクラ

✔すじこ

✔エビ類

これらに多く含んでいるとされています。

とはいっても「安い魚」とは言えないものも多いので、オススメは「サケ」「イクラ」での摂取です。

また、「エビ」は全般「アスタキサンチン」を含んでいますので、エビからの摂取もオススメです。

まとめ

酸化は体にとって「影響力」は大きいです。

これにより、抗酸化力を高めなければいけませんので、やることが「バランスの良い食事」が大事と言う事です。

上記で挙げた食品にこだわることも良いですが、1番はバランスを考えた食事ですので、

偏食のない毎日を過ごすことが1番大事と言えます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ