サングラスの偏光レンズと調光レンズの違いは?それぞれの効果と見分け方!


ファッション性を重視して使用している方はおそらくあまり聞きなれない方もいるであろう「偏光レンズ」「調光レンズ」。

普通のサングラスと言っても紫外線カットはある程度出来るという効果はあります。

しかし、これらの「偏光レンズ」と「調光レンズ」は普通のサングラスと違って何が優れていて、どんな効果があるのでしょうか。

ファッション性の優れていると共に「機能」も欲しいという方も多いでしょう。

そこで今回は「偏光レンズ」と「調光レンズ」の違いや見分けかたなどについて解説していきます!!

調光レンズとは?

スポンサードリンク

サングラス10

調光レンズと言うのは「紫外線の有無に合わせてレンズのカラー濃度が変化する」という特徴を持つレンズの事です。

これはどういうことかというと、サングラスに使われる「調光レンズ」は紫外線対策として使われるサングラスで、

室内にいる時は紫外線の影響を受けにくいので「クリアなレンズ」となり、屋外に出ると紫外線の影響により「色が濃くなる」というように、

場所によってレンズの色が変化するのが「調光レンズ」なのです。

この調光レンズにはさらに2つの特性を持っており、「温度依存性質」と「紫外線依存性質」というものがあります。

まず、「温度依存型」とは気温が高いほどレンズ自体の表面温度が上がってしまい、

色に変化が付きにくく、ついてもすぐに明るいレンズへと変化してしまいます。

逆に温度がある程度低め(冬など)の時には逆に色が濃くなることがあります。

少々理解に苦しみますが、それを証明するのが「紫外線依存性質」というもので、

温度と紫外線は関係なく、紫外線の量に反応してレンズの色が変化しますよと言う事です。

なので温度が高いからと言って色が濃くなったり、真冬だからと言って色が薄いままなのではなく、

太陽光よりレンズに降り注ぐ「紫外線量」にてレンズの色が変わるという特性を持つのです。

真夏のビーチで使った場合と真冬のスキー場で使った場合は「真冬」の時の方が色の濃さが長く持つようです。

偏光レンズとは?

サングラス7

偏光レンズとは「運転時には偏光レンズが良いの?」の記事内にて記載していますが、

ここでも説明しますが、偏光レンズはレンズとレンズの間に「偏光膜」というフィルターをいれる事によって、

眩しいと言われる太陽光の反射光を抑えてくれる特徴があります。

反射光というと、太陽光が地面に当たり、地面からの照り返し(路面や水面や白線)の強い光の事で、

フロントガラスの映り込みなどにも対応する画期的なレンズです。

そもそもなぜそれを防げるのかというと、「太陽光」という自然光は横状の波となって地面(障害物)に到達します。

そして地面(障害物)に到達して反射したときに、乱反射を起こし、横状の波が縦状の波へと変化します。

この縦状に変化した光に加えて横状の変化のしていない光が同時に目に入ってくるわけですが、

乱反射して縦上になった光は「一点」から目に光が降り注ぐわけではなく、

あらゆる方向から目に入ってくる為に乱反射を起こしている光の方が自然光よりも最大で10倍程の強い光へと変化すると言う事なのです。

その縦状に変化している光をレンズに挟まれている偏光膜という偏光フィルターを通すことで縦状の光をカットできる仕組みになっています。

これによって「横状の光」である「太陽からの自然光のみを通す」という仕組みとなっています。

調光レンズと偏光レンズの違いと効果

スポンサードリンク

調光レンズ

調光レンズは紫外線に対して反応し、紫外線の量によってレンズの濃度を決まるもの。

ですが、暑いからと言って濃く変化するわけではなく、あくまでも紫外線の量によって変化するものです。

そして、この調光レンズの効果は「万能に使える」というものです。

海でもショッピングでも運転でも使えるは使えるのです。

ただし、先ほども挙げたように、あまりにも高温の場合などは上手く変化してくれないという点と、

運転中の使用はできますが、「車のフロントガラスが紫外線をある程度カットしている」ことから、

思っているほど暗く変化してくれないこともあります。

なので、万能対応ではありますが、どこでも100%理想通りに扱えるかと言われれば微妙なわけです。

また、暗くなるスピードは速いのですが、薄くなるスピードは時間がかかるというデメリットもあります。

偏光レンズ

偏光レンズを掛けていない場合は太陽光による自然光と地面や物を当たって乱反射した光の2つが目に降り注ぐことになり、

とてもまぶしい自体を起こすのですが、偏光レンズによって乱反射による縦状の光をレンズ内フィルターにてカットし、

自然の光だけを目に取り込むという事が出来るものです。

なので、調光レンズとは使い方や意味合いが全くと言っていいほど違う事がわかりますね。

そして、偏光レンズの特徴は「乱反射」に対応できるレンズなので、「車の運転時の乱反射」に最適と言えるのです。

車に乗っているとヘッドライトやボンネットからの乱反射なども目に侵入してくるため、

運転時の乱反射が1番多いといえます。

しかも、この乱反射によって眩しいことが原因で「事故」となるケースも多いことから、

尚更「偏光レンズ」は運転時には向いていると言えます。

調光レンズでも運転時には使えるといいましたが、厳密には「偏光レンズ」の方が圧倒的に向いています。

ですが、「調光レンズはそのほかにも使える万能レンズ」なので、

そのままショッピングなどを楽しむことができるのは調光レンズの良い点と言えます。

調光レンズと偏光レンズの見分け方

調光レンズ

調光レンズの見分け方は簡単で、屋内のレンズの色と屋外のレンズの色を見比べると良いのです。

特に屋内から屋外に出た時には「暗くなるスピードは早い」と言えますから、一発でわかります。

偏光レンズ

偏光レンズの場合は「スマホ」などを机に置き、「サングラス」を回転させます。

すると、偏光レンズは縦方向の光をカットするという「ブラインド機能」によって、

90度(縦)の位置にサングラスが到達すると「暗くなる」のです。

これは「ブラインドと同じ」で「学校」や「仕事場」などの窓にある「光を遮るブラインド」と同じ効果なのです。

サングラスを回してみることで明るさに変化があれば「偏光レンズ」と言えるのです。

普通のサングラスは何も変化はありません。

まとめ

いかがでしたか?

調光レンズと偏光レンズはあまり聞きなれないかもしれませんが、機能はどちらも素晴らしく、

1つは持っていて損はないサングラスなのです。

ですが、こういった「違い」や「効果」を知らないと正しい使い方が出来ないですから、

購入を考えている場合などは「事前に用途を確認する」と言う事をしてから購入に踏み切りましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ