サングラスでの運転に効果的な色や濃度は?夜間は偏光レンズが良いの?


今やファッション性の高いものばかりが揃う「サングラス」。

ブランドなどから多数のアイテムが出ていて、

ただでさえ形や色や種類があるのにどれにすればいいかわからないという方も多いでしょう。

サングラスは「用途」によって使い分けるのが本来の使い方ともいえ、色や濃度も同じく言えます。

特に「運転中」などに眩しいな~と思う事は何度もあるのではないでしょうか。

運転用のサングラスが欲しい・・・けどどうやって選んだらいいの?と悩む方もいるでしょう。

そこで今回は「運転に効果的なサングラス」に関してお話していきます!!

運転中のサングラスって効果的なの?

スポンサードリンク

車内

日差しが強い時などに運転をしているとなると、太陽光が前方にあると眩しかったりしますし、

太陽が前方に無くても対向車のボンネットや自身の車のボンネット、ミラーなどなど「眩しい」と言える箇所は本当に多いです。

ですが、運転中にサングラスをかけるとなると「視界の悪化」に繋がるのではないかとも言えます。

しかし、実際には「夏」などの日差しが強い時は「サングラス」をした方が良いといえます。

それは「目への紫外線の影響」もありますが、地面やミラーなどの照り返しによって事故に繋がる可能性もあるからです。

「太陽が正面にある時の事故率は高い」とされています。

太陽2

太陽が正面にある時の直進時の事故率は太陽が真後ろにある場合と比べて1.5倍多い事故率です。

右折時なども注意が必要で、交差点右折時などの右折するときに太陽が目に入ることがあります。

この右折時の事故率も、太陽が真後ろにあるのと比べて2.2倍程あります。

左折時の事故率も、太陽が真後ろにあるのと比べて2.5倍程高くなっているというデータが存在します。

なので、「運転中の眩しさによる事故率は高い」と言えることから、対策としての「サングラスはかなり効果的」と言えます。

運転用サングラスはどれでもいいわけではない!

サングラス9

「太陽」の光などによって「運転中の眩しさが危険」と言う事がわかると同時に「サングラスの重要性」もわかりました。

しかし、重要と言えるサングラスにも種類があり、どれでも着用すれば効果があるというわけではありません。

サングラスには「色」「濃度」によって使い分けをすることができます。

これによって「日差しが強い所では○○」「曇りや暗めな場所では○○」というように使う事で

見やすい上に支障のない快適な視界を作り出すことも出来るのです。

「色」「濃度」に関しての詳細はこちらの「サングラスの選び方!!」について記載していますが、

「運転」に向いているサングラスの色や濃度はどれがオススメと言えるのでしょうか。

運転に向いている色とは?

サングラス2

運転するのは朝かもしれないですし、夜かもしれません。

そして、車が多い道路かもしれませんし、空いている道路かもしれません。

そんな様々な状況がある中でどういった「色」が向いているのかと言えば、

「ブラウン系」「グレー系」「グリーン系」の3系統です。

その中でもオススメなのは「グレー系」「グリーン系」です。

これらは光を平均的に遮光してくれる性質を持ち、

ドライブでもドライブでなくても基本的にはどんな時でも合わせてくれる色なのです。

グリーン系はあまり好きでは無いという方も多いかと思いますので、それだったら定番のグレーで十分対応できます。

しかもこれらは「より自然に近い視界」をキープできるので、どこに行っても馴染みやすいというわけなのです。

運転に向いている濃度は?

スポンサードリンク

では、「グレー系」「グリーン系」が運転には向いている色と言う事はわかりましたが、

正直肝心なのは「色」よりも「濃度」なのです。

この濃度は「色の濃さ」ですので、濃ければ視界が悪く、薄ければ視界は見やすいといえます。

しかしこれにも罠があり、太陽光(眩しさ)を避けるためと言う事は紫外線もカットしなければいけません。

紫外線は目に対する影響を強く持ち、角膜炎や白内障などの病気の原因を作ってしまうので簡単に見過ごすわけにいきません。

そんな「目を守る」と言える「透過率」というものが存在します。

この透過率が低ければ低いほど「眩しさ(太陽光による紫外線)」を遮光できてしまうと言う事です。

このUVカット機能が無い場合のサングラスは「濃いから紫外線に強い」「薄いから紫外線に弱い」と言う事は全く関係なく、

むしろ濃い色のサングラスは「暗い場所にいると瞳孔が開く」という目の特性が仇となりUVカット機能が無いことから

瞳孔が開いて目に余計に光を取り込んでしまうので、濃ければ濃いほどNGと言えるのです。

ですがこれはUVカットが無い場合ですので、透過率が1%などというUVカットされてるサングラスを選べば

濃度の薄いサングラスでも大丈夫なのです。

UVカットされてようとされてまいとどちらにせよ「オススメの濃度は変わらない」と言えますが、

運転にお勧めの濃度は「少し暗めの濃度」が良いといえます。

サングラス7

濃度具合でいえば「70%ほどの濃度」で「中濃度」といわれる濃度です。

この濃度は「目透けて見えづらい」というレベルの濃さで、日本人よりも欧米人に好まれる濃さです。

日本人は50%ほどの濃度が好きなので、選ぶときは気持ち「濃い目」を選ぶ必要があります。

しかし、ここで問題が発生します。

70%ほどの濃度を誇るサングラスを使用すると必ずと言っていいほど「曇り」「夕方以降」には支障が出ます。

濃い色のサングラスは暗い所に弱いのです。

では、そんな時はどうすればいいのか。

それは曇りや夕方以降は「濃度を変える」様にしなければダメなのです。

又は「イエロー」「オレンジ」といった「明るく見えるレンズ」に変える必要があるのです。

なので、濃度の問題としてとらえると、「濃度の違うサングラス又は色違いを2つを持っていないとダメ」と言う事になります。

濃度に関しては、「日中が70%程度の濃度」で「夕方以降が25%前後の濃度」を目安にしましょう。

25%となると目がはっきりと確認できるくらいの透明感です。

しかしこれほどの透明感が無いと「視界不良」で「事故」となることも多いのです。

ただし、1日中サングラスを掛けるのであればの話です。

紫外線は「午後3時以降」は減少していくので、夕方ともなれば「目への影響は気にしなくても良い」と言えます。

しかし、照り返しや眩しいといった方にはやはり必要です。

そういった方には上記で挙げた「濃度の違うサングラスを1つずつ」か「グレー又はグリーン1つとイエロー又はオレンジの1つの計2つ」

という選択肢が1番安全で効果的と言えるでしょう。

しかし、2つも買うのはちょっと・・・と思う方もいるでしょう。

そんな方にはあれがオススメなのです!!

偏光レンズ

偏光レンズとは「水面」や「路面」などはもちろん、ガラスの映り込みや照り返しに強いレンズで、

レンズとレンズの間に「偏光膜」というフィルターを入れることで「紫外線」「反射光」をカット出来、

自然光のみを取り入れるサングラスの事です。

視界がかなりクリーンで見やすいことから、運転などの集中することにもオススメのレンズなのです。

この偏光サングラスであれば2つの購入は要らず、この偏光レンズ1つで十分と言えます。

サングラス5

この偏光レンズは運転に最適とは言うものの、スマホなどの波長が異なるものを見かけると

視界に無駄な模様が入ってきたりする可能性があるのです。

しかし、運転中は前方をメインに見るので、こういったデメリットと言える無駄な視界などはさほど気にしなくてもいいかと思います。

それ以上に「照り返しなどに強い」というメリットが大きいため、この偏光レンズはかなりオススメです。

中には「偏光度が99%」などという、ほとんどの照り返しなどを遮光するサングラスがあるのにもかかわらず、

レンズの色は「濃すぎない程度の濃さ」となっているものもあるのです。

また、夜間でもこの偏光レンズはしっかりと効果を発揮し、「対向車のライト」などにも柔軟に対応してくれます。

ただ、夜間はどうしても視界が良い方が良いというのであれば

「濃度の薄いレンズ」「イエロー・オレンジ系のレンズ」で対応すると夜間でも問題なく走行できるといえます。

ですが、日中でも夜でも柔軟に対応できるという事が武器の偏光レンズは、運転に向いているオススメのサングラスと言えます。

・「サングラスの偏光レンズと調光レンズの違いは?」

まとめ

サングラスは選び方によって「状況」「視界」「雰囲気」など、どれをとって変わるものです。

しかし、運転などという時にファッション性ばかりを求めていると、

もしかしたら少しの光の具合で「事故」に繋がるかもしれないのです。

なので、出来るだけ「色」「濃度」に気を付けて購入するようにし、出来れば「偏光レンズ」に変えるのがオススメと言えます!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ