コートを着ない?寒いのにマフラーやカイロを使わない理由はただの強がり?


毎年毎シーズン、秋から冬にかけて悩むことがありますね。

コートっていつごろから着ればいいのかが

どうしてもわからないという人が多いのではないでしょうか。

「今日は寒いなぁ」と思ってコートをひっぱり出してきて出かけると、

昼間暖かくなりコートが邪魔になって仕方がないという経験をお持ちの方も多いことでしょう。

そこで今回はコートを着るタイミングを考えてみました!!

スポンサードリンク

寒くなってもコートを着るタイミングがわからない!?いつ頃がベスト?

ビジネスマン

コートはいつごろから着始めればいいのか普通に考えたら

自分の判断で切るのが一番だと思いますが、

それでは世間に恥ずかしい思いをすることも多いでしょう。

しかし基本的には気温で判断するのがいいでしょうね。

最低気温が10度を下回ったら、薄手のコートを着始めればいいかもしれません。

しかし、最低気温が5度以下になったら

コートは手放せなくなるのではないのでしょうか。

それにプラスマフラーやカイロも必要になると思います。

気温以外でコートを着る基準がもう一つあるのです。

それはズバリ、天気予報のお天気お姉さんの発言です。

お天気お姉さんが「今日は寒くなりそうです。コートを着て出かけましょう」

との発言で大方の人がコートを着て出かけるそうですよ。

お天気姉さんの発言も結局はその日の気象情報をもとに発言しているのですから、

やはり気温を判断材料にしているのでしょうけどね。

スポンサードリンク

コートを着ると脱ぐのが面倒で暖かい所にいるのがつらい!?

暑い7

気温が下がってもコートを着ない人がいますよね。

なぜ寒いのにコートを着ないだろうかと

不思議に思っていましたが、経験上分かりました。

サラリーマンの方は大半の方が電車やバス通勤をされていますよね。

外は寒くても電車やバスに乗ると「ムッと」するほどの温かい場所ですよね。

そこで厚手のコートなどを着ていると

汗びっしょりという人も多いのではないでしょうか。

汗をかいたまま電車やバスから降りたら途端に寒風にさらされ体にいいとは思えません。

暖かい所にいることがつらいために、コートを着ない人もいるようです。

しかし外は寒いのでマフラーやカイロなどを持っていればいいかもしれません。

ただ強がっている人も多い?

寒い

これは北国の高校生の意見なのですが、

「みんながコートを着ていないし、カッコわるいから」

「電車やバスでの着脱が面倒くさい」「コートを着ない方がカッコいい」

「制服にはコートは似合わない」などいろいろな意見が出ていますが、

大半は寒さをしのぐよりカッコよさを求めているのでしょう。結局強がりですね。

その癖が社会人になっても抜けないサラリーマンも多くいるのではないでしょうか。

結局はコートを着る!最初から着るべし?

寒い2

やはり寒いときは寒いなりに最初からコートを着ればいいのですが、

コートを持ち歩くのが大変なのでしょうね。

それに営業のサラリーマンの方は、手に色々持ち歩かなければなりません。

しかし、一番に考えてもらいたいのは自分の体調面です。

体調が悪くなるかもしれないと思いながらコートを着ないなんて、愚の骨頂です。

なんといっても自分の体が資本なのです。

寒風にコートも着ずに体調を崩してしまい、

会社や同僚に迷惑をかけることにもつながります。

やせ我慢はせずに、寒いときはコートを最初から着た方がいいです。

その方が正解かもしれません。ただ、少し邪魔になるかもしれませんけどね。

スポンサードリンク

まとめ

確かに、寒い中でもコートを着ていると動きも鈍くなり

それなりに面倒くさいものですが、やせ我慢が一番悪いです。

どうしてもやせ我慢でコートを着たくない人は

背広の中にもう一枚着てみてはいかがでしょうか。

しかし、コートを着てもおかしくない気温であれば、コートを着て出かけるのが一番です。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ