ドライヤーで髪を早く乾かすにはティッシュが必要!風量強い機種は?


camerancollage2015_06_09_184505

せっかくお風呂に入ったのにドライヤーのせいで

汗だくという方に髪を早く乾かす方法や

ライヤーの風量が強い機種などをご紹介します!

スポンサードリンク

ドライヤーの前にティッシュとタオルが大活躍!!

タオルで髪の毛を拭いているのに

髪が早く乾かない理由は

タオルの使い方が間違っているのかもしれません。

そして意外なことにティッシュも大活躍するんです!

camerancollage2015_06_09_184620

まずは正しいタオルの使い方を説明します!

タオルでポンポンと簡単に拭いたり強くゴシゴシと拭いている人が多いと思います。

しかしポンポンと簡単に拭くのは

水気を上手くタオルに吸収することが出来ませんし、

強くゴシゴシと拭いてしまうと髪の毛のキューティクルが剥がれ落ち

髪の毛や頭皮を傷付けてしまいます。

ですので、まず髪の毛を絞って水気を落としたら

頭皮をマッサージするように指の腹を使って頭皮の水をタオルに染み込ませます。

頭皮のマッサージにもなり血行が良くなるので髪質改善に繋がりますね。

そして髪の毛を少量ずつタオルで挟み

ポンポンと少し強めに押さえて全体的にやります。

そうすることで殆ど水気は無くなりますが

最後に目が細かいクシで水を落とすイメージでとかします。

最後の最後に意外な物が登場です。

それは皆さんが毎日使っているティッシュです。

10枚くらい必要なんでしょ?と思いますが2枚で充分なんです!

ティッシュは水分を吸収する確率が高いので

毛先に溜まった水をティッシュで拭き取りドライヤーで乾かします。

そのときにタオルを頭に乗せてドライヤーをやると

髪の毛の水が蒸発されタオルに吸収されます。

タオルが熱くならないように同じところに

ずっとドライヤーを当てるのではなく小刻みに動かしましょう!

風量が強いドライヤーの機種は?

ドライヤーの消費電力は700ワット~1400ワットなので

長い時間ドライヤーをやっていると電気代がかかります。

ですので早く乾かすには風量が強いドライヤーを使いましょう!

風量が強いドライヤーをご紹介します!!

小泉成器から発売されている

KOIZUMI モンスタードライヤー KCD-W70がオススメです!

風量がなんと2.0m3/分もあるので

普通の1.3m3/分のドライヤーの倍風量があり乾くのが早いです。

髪には嬉しいマイナスイオンも出るのでドライヤーによる傷みや乾燥を防ぎます。

お値段は7250円でホワイトと赤があり高級感があります!!

続いてご紹介するのは、サロニアから発売されている

SALONIA イオンヘアドライヤーがオススメです!

風量が1.99m3/分と強い風量で

温度を30℃、60℃、100℃と設定できる温度調整付きです。

ドライヤーの熱による髪のダメージが解消され

スカルプケアモード効果もあるので嬉しいですね。

お値段は4000円でブラックがあり男性も抵抗無く使用できます!!

続いてご紹介するのは、パナソニックから発売されている

Panasonic マイナスイオンドライヤー イオニティ EH-NE56がオススメです!

1.9m3/分と強い風量で普通のドライヤーは

100℃~120℃と温度が高いのですが、

髪のダメージを無くすために温度が80℃と低いので

最初はぬるく感じますが髪の毛に

ダメージを与えないためと思って使っていると慣れてきます。

マイナスイオンも出て艶やかなサラサラヘアになり

パナソニックなので保証面もしっかりしています。

お値段は3300円でピンクと緑とブラウンがあり

色を選べるのも良いですよね!!

スポンサードリンク

髪が早く乾かない原因は?

どうして髪の毛が早く乾かないの?と困っている人は多いですよね。

どうして髪の毛が早く乾かないのか原因を突き止めてみましょう!!

髪の毛が多いから乾かないのではなく

髪の毛がしっかり洗えてないことが原因です。

髪の毛が多いとしっかり洗えなかったり髪の毛が少なくても

しっかり洗えていないとトリートメントの残りや頭皮が脂っぽいと乾くのが遅いです。

トリートメントのつけすぎも湿っぽくなり乾くのが遅くなってしまいます。

トリートメントを少量つけしっかり洗い落として

サラサラにしてから乾かすと乾きが早くなります!!

トリートメントの仕方や髪の毛の洗い方でも改善されるので

是非洗い方にも気を付けてみてください!!

髪を早く乾かす物としてこちらもオススメです!!

↓ ↓ ↓

髪はやはり良質なタオルのほうが良い!?

まとめ

camerancollage2015_06_09_185444

ドライヤーで早く乾かす方法が分かりましたね!

タオルや髪には意外なティッシュも大活躍することには驚きです。

大風量のドライヤーにも種類やデザインがあるので

自分にあったドライヤーを見つけてみてください!!

そして、是非お試しください!!

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ