学校でおならを我慢できない時の対処法!事前対策で恥ずかしいを回避!


学校にいる時間は本当に長いです。

大学まで行くと「16年」にもなり、高校まででも「12年」という長さ。

それに1日のうち、6時間以上は学校にいる事になるので、若い時は学校にいる事がほとんどとも言えます。

そんな長い学校生活の中でどうしても皆人間なので、嫌な事、

あり得ない事、恥ずかしい事など様々なことが降りかかることも多くあります。

その中で今回は「おなら」という学校生活において天敵ともいえる「おなら」についてお話していきます。

スポンサードリンク

人間が1日にする「おなら」の回数から考察

人間が1日におならをする回数はご存知ですか?

それは人の体調等により前後しますが、1日の平均「おなら」回数はなんと14回というデータが出ています。

この14回を1日24時間に置き換えて算出すると、「約1時間40分に1回」という計算になります。

これは意外と多いという事がわかりますよね。

普段、家ではあまりに無意識過ぎてそこまでしていないと思ってしまうほどの回数ですが

いざ回数を数えるとこれよりも多い場合もありますし、少ない場合もあります。

ですが、これは「人の平均」です。

どれだけカワイイと言われている女子生徒でもカッコいいと言われる男子生徒でも

同じく「平均14回のおなら」をどこかでしています。

なんか複雑ですが、「誰でもおならはする」と言う事を認識するためにも

この「1日14回平均」と言う事は覚えておいた方が良いでしょう。

おならが出る原因は?

臭い3

そもそもおならが出る原因のほとんどが「吸っている空気」が原因でおならが出るといいます。

それ以外には「血液から腸内に広まるガス」が原因となっています。

そのガスの発生には「動物性脂肪」などの高脂肪のものを好む「悪玉菌」の増殖、

そして「ストレス」など原因で「ガスの発生&増殖」が行われます。

このことから、前日に「焼肉」などを食べた場合、次の日のおならは悪臭という場合がありますが、

それがまさに上記にあげている高脂肪食品による悪玉菌の増殖によるものです。

この悪玉菌を抑えるにはどうすればいいのかは以下の通りです。

事前対策はヨーグルト!?

では、おならの原因ともなるガスを減らすにはどうすればいいのかというと、

ヨーグルトを食べるという方法です。

ヨーグルト

ヨーグルトといえばお腹に良いというイメージがありますが、実際にそうなんです。

ヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌」によりガスが抑えられることがわかっています。

このようにガスを抑えることで「おなら」そのものの回数を減らすことに繋がるので、

適量は毎日200gほどで、それ以外にも飲むヨーグルトやヤクルトなどで「ビフィズス菌」を摂取するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

匂いを減らすには

匂いを減らすには「匂いのキツイ食べ物」を食べないことが重要です。

と言っても、あとまで残るような匂いの事なので、「卵類」「納豆」「ニラ」「ニンニク」に加えて、

先ほど挙げた「高脂肪類」の代表格である「お肉」等は悪臭の原因となりますので、

なるべく大事な日の前の日などには控える様にした方が良いでしょう。

焼肉2

学校は平日毎日続くので難しいですが、「ガス」を減らすことは出来るので、ガスを減らす事を考えましょう。

また、匂いを減らす効果があるとして「カテキン」を含む「緑茶」が悪臭対策には良いとされています。

ただしカテキンを多く含むとされる「緑茶」はカフェインも多く入っていますので、飲み過ぎには注意です。

万が一学校でおならが出そうになった時の対処法

漏れる

では本題の学校で、しかも授業中におならが出そうになった場合の対処法ですが、

色々実体験なども含め以下に記載してあります。

机やイスを頻繁に動かす

机やイスの作りが木などの場合、上下などに動かすことによって「ギィギィ」などといった音を立てやすいのです。

それをおならという催し(もよおし)が来始めたら、いよいよ行動開始です。

物をワザと落としたり、何かを探すようなしぐさをして「椅子や机」を動かして音を立てましょう。

音を立てることによって「万が一おならが出た場合」には音を紛らわせるという方法がるので、

やらないよりはやってみた方が何かと良い事もあります。

熱があると保健室に行く

おならが出そうになったら「具合の悪さ」を使い、保健室に行くといった行動を起こしましょう。

その場合、お腹が痛いなどとは言わず「熱っぽい」「具合悪い」とだけ行くと良いでしょう。

ただし、これはその時間以降勉強がストップしてしまいます。

それを回避するのでしたら、「目にゴミが入って痛いので目を洗いに行っても良いですか?」

「コンタクト洗ってきてもいいですか?」といったように、仕方がないというような理由に加えて

「再びすぐに帰って来ることができる理由にすることが大事」といえます。

友達を大盛り上がりする

これはあまりオススメできませんが、授業中に話で盛り上がって複数の声を教室中に響かせることで

おならをしても盛り上がりでかき消すという方法です。

ただしこれは周りの授業に対する姿勢に対して邪魔することになるので、

出来るとしてもレクリエーションなどでクラス内が盛り上がっている時などがオススメでしょう。

さりげなく音を出さずに頑張る

最終手段として「さりげなくおならを出す」という方法です。

これは家で練習すると良いと思いますが、

やり方としてはおならの出口となる部分を最初は閉じて力を入れておきます。

出る直前になったら力を入れつつ徐々に出口を開放していきます。

本当に徐々にやらなければその後一気にガスが出てしまうので、

「出し切ろうとしない」をモットーに徐々におならを出していきましょう。

そして、万が一音が出た時の場合の為に上記にある「物音を立てる」などの効果により、

教室という静かな空間でも少しでもリスクを少なく出来る方法といえます。

足音や靴裏を滑らせて似た音を出す

これも机やイスなどと同じことですが、音が少しでも出てしまった場合や

音をかき消すために「足音を大きくする」「靴裏を地面に滑らせて音を出す」などをして

出そうなおならの音をかき消す又は出たおならの音に近い音が出るまで繰り返す方法があります。

少し「落ち着きのない子」に思われがちですが、それ以上に「おなら」は学校という場では恥ずかしさとなります。

それを和らげるにはこの「音」で対抗するほかないでしょう。

まとめ

学校生活での天敵と言える「おなら」ですが、さすがに堂々と出来る人はほんの一握りだとは思いますが、

出来れば「我慢をしない」ということを覚えておきましょう。

我慢はストレスの原因となり、そのストレスによってさらに「腸内ガス」が溜まってしまいます。

なので、上記にあげた方法などを取り入れたり、アレンジしたりして「乗り切ることだけを考えてみる」と

また違った学校生活になるかもしれません!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ