鼻毛が伸びるの早い!太い!長い!抜く処理方法はNG?必要な理由は?


人との共存で気を付けなければいけないのが最低限のエチケット。

年配の方になると気にしなくなるせいか、よく「鼻毛」が出ている事がある。

ですが、若者でもエチケットをしっかりしていないと

ランチに行って対面で話していると違和感があり、

よーく見ると「鼻毛出てる!!」と相手に思われてしまう事もあるのです。

気を付けていてもこういったことがある可能性もある自然現象の1つ

鼻毛について今回はお話ししていきます。

スポンサードリンク

鼻毛がもつ効果とは!?

鼻6

鼻毛はただただ無駄に生えているわけがない。

これはありとあらゆる場所に生えている「毛」全体に言えることです。

毛は体全体を守るためにあるというのはわかるでしょうが、

鼻毛は何を守っているんだとも思ってしまいます。

しかも飛び出してまで守るものはあるのか?という話です。

では鼻毛の生えている理由(効果)はなんなのか。

それは「外敵駆除」なのです。

外敵駆除というと聞こえは悪いですが、鼻毛に関しては

「肺」に空気を入れる重要な部分。

それだけでなく、肺までにある粘膜や気管など

様々な部分に関係しているのが鼻です。

なので、鼻から吸う空気がとてつもなく悪いとなると

鼻毛があれば防げるものでも無いと防ぐことができないのです。

絨毯(じゅうたん)とフローリングだったら絨毯の方が滑りにくく、

ゴミも付きやすい分ゴミも取りやすいです。

これと同じで、鼻毛は「悪を防ぐ門番」ともいえるのです。

ウィルスや花粉などもこの鼻毛という門番が侵入を出来るだけ防ぐ効果があるのです。

伸びるのが早い・太い・長い!これには理由があった!!

伸びるのが早い

鼻毛はあっという間に伸びてすぐに外へ飛び出してしまう事もあります。

最近なって余計早くなったという方もいるでしょう。

では伸びるのが早いのには何か理由があるのか。

「良くない空気を吸っている」と言う事が1つ。

そして「年齢の進行」が1つ。

そして「処理している」と言う事が言えます。

まず、空気を吸い、汚い余分なものを鼻毛によっって

防いでいると言う事は説明しました。

この余分なものは日々毎秒吸っていることになります。

当然環境が悪ければ「害」が続くわけですから、

その害を防ごうと鼻毛という門番をドンドン成長させるのです。

そして、年齢も関係します。

年齢と共に成長も早くなるのです。

なので、年配の方は良く鼻毛が出ている事を目撃します。

最後に、処理していると言う事ですが、

処理していると当然鼻毛は短くなります。

ですが、短いと門番の役目が出来ないと言う事で

リスクが高まるので、成長スピードも早まります。

毛が太い

毛が太いのにも理由があります。

まずは、「害」が常に飛び交う鼻という世界では

細い毛では「害」を太刀打ちできないというのが理由です。

より強固な「太い毛」が鼻では必要と言う事になります。

そしてもう1つは「男性」のホルモンの関係です。

女性は男性ほど鼻毛は太くないようです。

それはホルモンがそうさせているとも言えます。

男性は髭が生える方がほとんどだと思いますが、

その髭は男性ホルモンの関係で「極太毛」だと思います。

女性も伸ばせば髭は生える方もいますが、男性ほど太い毛は生えません。

このように、男性と女性のホルモンの差で「太さ」は変わります。

毛が長い

これは「伸びるのが早い」に関係していますが、

伸びるのが早いと毛も長くなります。

毛が長くなる理由は伸びるのと同じで「環境」によって変わるとも言われています。

東京などの排ガスなどが密集しているところにいれば速いスピードで長くなり、

外へと出てくると言う事もあるのです。

逆に北海道などの空気が新鮮といわれる緑生い茂るところでは

害は比較的少ないことから、伸びるスピードは都会ほど早くはないとも言われています。

ただ、北海道だからといって誰もが遅いとも言えないのは確かです。

スポンサードリンク

鼻毛は脱毛NG!?必要!?

鼻4

なんと無く、ここまでくるとわかるかと思いますが、

鼻毛は「人体の門番」ともいえる大事な役目を果たしている毛なのです。

このことから「鼻毛の必要性は重要」といえます。

また、なぜ脱毛はダメなのかというと、

「中で傷になる」「炎症を起こす」「臭い音痴になる」です。

傷になる

これは自身で抜くと、どうしても「爪」「ピンセット」などでやる方がいますよね。

これだと毛を無理やり抜くので、もちろん毛穴に負担が掛かります。

その結果、デリケートな鼻の中は「出血」などを起こします。

この抜いた毛穴から雑菌などが入りやすくもなるため、感染症も引き起こすことがあります。

炎症を起こす

その感染症というのが続くのですが、脱毛すると毛穴に様々な雑菌が入ることになり、

その結果「感染症」を引き起こしかねないのです。

「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれる感染症が多いようです。

これは食中毒などに関連する「黄色ブドウ球菌」が炎症を起こすきっかけとなっています。

毛穴が「ニキビ」のようになるのがこの毛嚢炎の症状です。

軽度であれば軽ければ自然治癒で治ることもあるようです。

また、毛嚢炎が酷いと脳への影響もあると言われています。

脳まで行くと命にかかわる事にもなりかねないので、

デリケートな鼻にはそれなりの対応が必要なのです。

臭い音痴になる

これは鼻毛の中に「嗅毛(きゅうもう)」といわれる臭い感知の役目を果たす毛が存在し、

これが脱毛によって失われることがあります。

かなり繊細な毛なので、普通では抜けきらないこともあるかと思いますが

臭いの嗅ぎわけがしづらくなることもあるかもしれません。

処理は簡単に!!

危ない2

では危なくない処理はどんなのかというと、これは簡単です。

「眉毛用の先が曲がったハサミ」「丸くなったハサミ」で

飛び出そうな長い鼻毛のみを少しだけ短く切るようにするだけです。

くれぐれも鼻の内側に押し当てないようにしましょう。

また、短く切ることもできるだけ避けてください。

機能が果たせなくなります。

これだけなので、簡単ですよね!!

まとめ

鼻毛は地味なおせっかいものとも思えますが、

実は毛の中でも重要な役目をする大事な毛なのです。

このことから、脱毛はリスクが高いのでなるべく除毛という形で

飛び出そうな毛だけを切っていきましょう。

デリケートな鼻を傷つけると後々大変なことになるかもしれませんよ!!

スポンサードリンク

「鼻」に関する記事はこちらにもあります!!

・「鼻」がピーピーなる原因を徹底解剖!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ