1日3食も必要ない!嘘ではない3食のデメリットは睡眠効果と時間?


よく昔からこう言われていた事が無いだろうか。

「しっかりと朝昼夜ごはんを食べなさい!!」と。

なぜか、あまりお腹が減っていないといでも

「少しでもいいから食べなさい!!」といわれることもあり、

なぜそこまで食べるのかも理解できていませんでした。

その理由が自身でやっとわかったので、

この1日3食という食事は本当に一般的な食事回数が

正しいのか間違っているのかということから、

現代の食事法とのズレなどを解説していこうと思います。

スポンサードリンク

元々日本では1日3食文化は無かった!?

食事2

早速の話ですが今の現代の文化上、

「1日3食食べましょう」という文化が当たり前となっていますが、

それが昔に「1日3食」という事はなく、「1日2食」だったようです。

というのも、さかのぼること江戸時代。

このころは時計も無く、現代みたいに画期的なアイテムなども知識なども

多くなかったことから、「お腹が空いたら食べる」「明るい時間に食べる」

と言う事などが原因の1つされています。

それ以降は1日3食を進めるようになったのですが、その3食になった理由も

「江戸時代以降は明かりを使う習慣が増えたことにより起きている時間が長くなった事」

「エジソンが3食の文化を流行らせた」ともされています。

エジソンは発明家で有名ですが、トースターを発明したエジソンが商品を売るために

1日2食文化ではトースターの役割が少ないと考えたことから「1日3食」を呼びかけることにより

トースターの役割を認知してもらう事で、トースターを世に広めたとされています。

このこともあり、1日3食という文化が広がったともされています。

他にも、昔は今ほど栄養が取りづらい事もあり、「栄養補給のために2食から3食が推進された」など

1日3食説が世に広まったのは色々な説があるようです。

ただ、元は1日2食だったとされていたと言う事は間違いないようです。

1日3食は現代ではデメリットに!?睡眠の効果と時間!!

現代では厚労省により1日3食という食文化を推進していますが、

これは今では正しいとされている反面「良くない」とされている反面もあります。

というのも、1日3食説が本当であれば以下の事が言える。

まず、エジソンが宣伝のために3食と言わなければ「2食文化のほうが定着していた」と言う事。

もう1つは昔は今ほど栄養を摂りづらい食文化だったと言う事もあり、

1日2食では栄養面を補う事が難しいとされていたのも、

今ではこれだけ栄養過多になるほど栄養が摂れてしまっている実態があると言う事。

こういったことが3食も要らないと言える要素であるでしょう。

この1日3食でのデメリットは当然あり、

まず上で挙げた「栄養過多」

肥満

現代でこれだけ栄養を補える文化ともなった日本で、

1日3食食べると無駄な栄養まで摂ってしまう。

特に、今の食事でバランスよい食事を心掛けている方は良いとは言えるが、

好きなもののみを食べるという「バランスの悪い食事」が3食のうち1食あるのなら

その1食が要らないのではともいえます。

そして、「時間」というデメリット。

時間5

これはデメリットと捉えれる方には共感できるポイントではありますが、

「時間の消失」が言えます。

どういうことかといいますと、1日3食によって消費される時間はどれくらいなのかと言う事。

1食30分かかるのならば、3食だと1時間半。

40分だと2時間かかる計算。

もっと言えば1食で1時間かかる方もいるでしょうからその計算では3時間の時間の消費。

これは時間をかなり消費していることが言えます。

1日24時間という限られた時間の中で3時間の消費となると大きいですよね。

そして、それにプラスして「睡眠の効果」にもデメリットがあります。

睡眠3

まず、食後3時間以内に寝るのは良くないとされています。

もちろんその食事内容によりますが、「消化の早いものでも3時間程掛かる」のが原因です。

そして、1日3食食べることにより、睡眠の質を下げます。

これも胃に関連しますが、食事をすることで

当然消化しようと血液が多くお腹の方へ流れ始めます。

これが1日3回続くと体力の消化に繋がる場合もあります。

消化するのにフルマラソンの消費量と同じくらいの消費をすると言う事で

知らないうちにかなり疲労がたまると言う事です。

良い睡眠ができなくなってしまうのです。

質の良い睡眠をすることは健康にいいので、睡眠の効果を上げることは重要であります。

スポンサードリンク

1日1食でも大丈夫なのです!!

オススメ

1日3食も要らず、1日1食でも良いとも言われています。

というのも、3食のデメリットに対してのメリットがあるのです。

1食にするとわかることは、

3食食べている頃よりも「高い質の睡眠が得られる」と言う事。

やはり胃に使う体力というのはかなり大きいようで、

1日1食にすると負担のないまま就寝出来ることから朝の目覚め方に違いが出ます。

かなりスッキリと起きれるでしょう。

そして「時間」もメリットに変えられます。

時間は使い方次第といいますが、3食というのもほんとに自身が求めている事なのかというと疑問。

あまりお腹減ってないから、少し時間をずらして食べようかな・・・・。

食べなくていいのではと思います。

ここで時間を消費しているのですが、1日1食にすると時間が

1食分の時間しか消化しないので時間をより有効に使えます。

そして、消化不良なども起こさずにしっかりと体のパフォーマンスを上げることができると言う事。

1日3食での体の負担は意外に大きいのです。

朝からだるいと言う事もほとんどなくなり、集中力なども増しますし

何より圧倒的に体調がよくなっている感覚がわかりますよ。

まとめ

現代ではやはり栄養が多く取れるなかでの過剰摂取や偏りを考えると

1日3食は控えた方が良いと言う事は言えますね。

ただ、もちろんですが、人によって様々な環境があります。

重労働をしている方もいれば、1日中パソコンをしている運動不足な方もいます。

そういった中での自身の動き方などを確かめてみて、

1日の食事量を計算することをオススメします!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ