授業中にお腹が鳴るのが恥ずかしい!女子にもオススメの対処法!!


学校で授業を受ける時間は約6時間。

朝から夕方前までずっと学校にいる事になります。

そして、そのうちのほとんどが静かな教室での授業でしょう。

そんな静かな教室で「ぐぅ~」とお腹が鳴った経験はありませんか?

意外に教室に響き渡るもので、ついつい恥ずかしさのあまり「顔が赤くなったこと」はありませんか?

今回は「授業中にお腹がならないようにするための方法」についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

朝ごはんを食べない人に多い

最近の若い方は「朝ごはんを食べない」という方がかなり多いです。

ですが、最近の若い方の親世代は「何が何でも1日3食」と言わんばかり食べてきたと思います。

これにより、今の若い方でも「1日3食食べていた経験がある」と言えるでしょう。

人間、昔は1日2食だったと言われていることから本来は2食でいいのですが、

1日3食食べている家庭の中で育ち、ある時から朝抜きの2食となると

それは「学校の授業中」にお腹が鳴ることは明確でしょう。

朝「お腹に何らかの食べ物が入っていた」のが2食となり、入らなくなったことが原因です。

朝ごはんを食べなくなると前日の夜ごはんから約12時間程の間、胃に食べ物が入っていないと言う事になるので、

胃の中はすでに消化を終えて休まっている状態にある可能性もあります。

この状態で学校に行くと、授業中に「お腹が鳴る=お腹が空く」という現象が起こります。

ただし、この1日2食が長い間習慣となっている場合は「昼までにお腹が鳴らないこともある」といえます。

もしもあなたが1日3食習慣から1日2食習慣へと変わってまだ月日が浅いのなら

「お腹が鳴るのは当たり前」と言えるでしょう。

授業中はなりやすいって本当!?

学校2

学校で受ける授業というのは大抵「机といす」を使って座りながら机に向かって勉強をすることが多いでしょう。

しかし、この勉強方法にこそ「原因」があるのです。

このイスに座って机に向かって勉強すると言う事は「前を向く」「下を向く」「先生の話を聞く」など、

様々な動き方をするかと思いますが、1時間の授業はおよそ「50分」と考えると

様々な動きを長時間行うと「疲れ」によって「姿勢が悪くなる」といえます。

この姿勢こそ、「お腹がなる原因」とも言えます。

姿勢が悪くなると「胃」そのものが圧迫されてしまい、「音が鳴る」ことがあります。

そもそも「お腹の音が鳴る」という行為は胃腸の運動により日常的に起こっていることではありますが、

お腹が空いてなったりする音は日常的になる音とは違います。

この姿勢が悪い場合も「日常的になる音ではない」といえますので、

授業中に音が鳴ると言う事は姿勢が悪いと言えるかもしれません。

ストレスが原因

腹痛3

胃腸はストレスの影響を受けやすいのはご存知ですか?

良く聞くかもしれませんが、精神的ストレスで「胃に穴が開いた」などと聞いたことはありませんか?

脳と内蔵(胃腸)は連動しており、ストレスを感じると胃腸への刺激も強まります。

「緊張でおなかが痛くなる」などもそうですね。

このことから、「授業中に先生にあてられるのが嫌だ」「この授業苦手」「学校という空間が苦手」など、

どれかのストレスにより、お腹が刺激されたことによって「お腹が鳴る」と言う事も考えられるのです。

少なからず「家とは違う環境」であることは間違いないですので、「ストレス」は溜まりやすい場ともいえるでしょう。

朝ごはんを食べているのに鳴る場合は?

朝ごはんをしっかりと食べているのにお腹が鳴るという場合、

それは「ストレス」「姿勢」のほかにも原因はあるのです。

早食い

早食いの方は要注意です。

早食いによって食べ物と一緒に「空気そのものを飲み込む」という「呑気症」ということに繋がる恐れがあります。

お腹に余分な空気が溜まることによって「お腹から音が鳴る」原因となることが考えられます。

この早食いによって「お腹の張り」「おならが出やすくなる」などの症状が現れたらこの「早食い」を疑ってみましょう。

自身が「早食い」と思ってなくても体が追い付けていない可能性もあります。

食べ物の種類

食べ物を「早食い」してしまう事も原因なのですが、この「食べ物の種類」も原因となります。

「熱い食べ物」「冷たい食べ物」「辛い食べ物」「乳酸菌やビフィズス菌の過剰摂取」などによる

胃腸に負担を掛ける食べ物を摂取した場合、胃腸に強い刺激が行ってしまう事から

熱い冷たいなどの極端な食べ物を朝から食べるのを控えましょう。

病気

朝ごはんを食べたのに「お腹が鳴る」と言う事は「病気」である可能性もあります。

多いのは「胃腸炎」「呑気症」「過敏性腸症候群」などがあります。

これらは「ストレスなどとも関係がある」ため、「ストレスを溜めこまない」などの

真剣な心構えや実際の行動も慎重に鳴る必要があります。

スポンサードリンク

女子も必見の「お腹がならないようにする対処法」

腹痛4

では、授業中に恥ずかしい思いをしない為にも「お腹がならない方法」をご紹介します。

知っている方も「行動」することに意味があるので、すぐに実行してみましょう。

朝ごはんをしっかり食べる

まずこれが基本といえます。

しっかりと「朝ごはん」を食べて「空腹によるお腹の音」を無くすことを始めましょう。

1日2食だとしたら、夜ごはんを抜くのも良いです。

また、味が濃すぎるものや辛いもの、熱いものなどの

刺激が強そうな食べ物はなるべく控えることも覚えておきましょうね!!

ストレスを溜めない毎日を過ごす

これは難しい事でもありますが、ストレスを軽減しながら毎日を過ごすことが大事といえます。

嫌なことなどはなるべく忘れる、何かにぶつけたり話をしたりするなどして軽減しましょう。

楽しめる学校生活の送り方を身に着けると「ストレスはたまりにくい」と言えます。

姿勢を正す

姿勢によって「胃腸が圧迫される」と言う事から、姿勢を正す必要があります。

特に学校となれば長時間にわたって同じ姿勢をとることから、背筋を伸ばしたりするのが効果的です。

軽いストレッチなどをすると血行もよくなりますし、効果が発揮できるといえます。

特に授業終わりの10分休憩などは「伸びをする」などを意識すると良いでしょう。

お腹に空気を溜める

これは他で書いているのとは違う方法となりますが、

お腹に空気を溜めることによってお腹の鳴りを防ぐのですが、

やり方は以下の通りとなります。

1.お腹がなりそうな時までは普通でいる

2.お腹が鳴りそうと感じたら思いっきり息を吸い、お腹を膨らませられるだけ膨らます

3.その状態をお腹の鳴りそうな状態が終わるまでキープ(呼吸を止めておく)

4.鳴らなそうだと感じたらゆっくり息を吐く

5.ゆっくりお腹をしぼませる

6.なりそうな時間帯はこの1~5をリピートさせる

重要なのは「思いっきりお腹を膨らませた状態で息を止める」ということです。

これは実際に使っていた方法で、かなり効果があった為に是非試してほしい方法です。

少ししんどいですし、授業に集中できない時間が少しばかりありますが、

「お腹が鳴って恥ずかしい思いをしない為」と考えればこの方法は使えるといえます。

また、周りにも特に影響を及ぼさない方法である為、効果とメリットは大きいといえます。

諦める

最終手段は諦める事です。

ゴメン2

ですが、上記の「息を止める」という方法が自身の中でコントロールできるようになれば、

お腹の音が鳴る時間を少しだけ遅らせることなどができます。

これは慣れなのかどうか定かではありませんが、少しだけコントロールできるようになったら、

「先生の説明の声」に合わせて「あえてお腹を鳴らす」というのも良いでしょう。

大きい音に合わせて「紛らわす」ことで、周りに気づかれないようにするという方法です。

これはかなり上級者向けなので、出来る方はほとんどいないかと思いますが、出来たらこれは使える方法です。

まとめ

いかがでしたか?

お腹が鳴る原因はさまざまだと言う事がわかりましたが、

お腹が鳴るのを防ぐ対処法も様々な方法があるのも助かりますね。

自身に合う方法で行うのが良いですが、まずは「原因」となる部分を探り、

その原因を潰すことから始めるべきです。

原因がわかって潰すことができたら後は「音がならない対処法」を試すだけです。

「恥ずかしくない毎日」があなたに届くことを祈っています!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ