昔の年賀はがきが捨てられない!保存期間と処分する場所とタイミング!


毎年来る年賀状ですが、毎年毎年の年賀状を保存していくと

「ちりも積もれば山となる」ではないですが、相当の量になります。

今回は溜まった年賀状をどう処分すればいいのか、

また保存期間などについてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

昔の年賀はがきが溜まりっぱなし!捨ててもいいの?

年賀はがき

ほとんどの家庭で年賀状が溜まって、

悩んでいる方が多いのではないかと思います。

ただ年賀状を出された方の心情を思うとなかなか捨てられませんよね。

しかし、残しておいても邪魔になるようだと

どこかで思い切って処分した方がいいと思います。

あとの方でお話しはしますが、処分の仕方や保存期間や、

ましては個人情報ですから簡単には捨てられません。

念には念を入れて処分しなければなりません。

それを踏まえたうえで処分すると、きっと心もスッキリするのではないでしょうか。

捨てるタイミングはどれくらい?保存期間について!

ゴミ

100円均一で売っているはがきが入るファイルを買ってきて、

そのファイルに年賀状を差し込んでおき保存しておきます。

そして次に来た年賀状と差し替えをして、

そのタイミングで捨てるようにしたらいいと思います。

また来なくなった年賀状はそのままファイルに差し込んでいて、

翌々年も年賀状が来なかった場合は捨ててもいいのではと思います。

風水的に言うと、古い年賀状や手紙を取っておくと

出された人の思いがしみ込んでいますので、

若さを吸い取り運気を下げるものだといわれています。

風水では年賀状は、春分の日までに処分するのがいいと言います。

結構速い処分の仕方ですね。

一般的な方の意見としては「次の年賀状が来るまで」とか、

2~3年で処分という方が多いようです。

しかし、そうはいってもこれだけは思い出として

取っておきたいと思う年賀状があると思います。

そういうときも先ほどお話ししたファイルに保存しておけば、

かさばらずに保存できるのではないでしょうか。

また、パソコンでスキャナーをお持ちの方は、

スキャンをしてパソコンにデータとして残す手もありますよ。

スポンサードリンク

処分する方法はどんな方法があるの?

方法2

たった一枚の年賀状ですが、個人情報は満載です。

写真入りだとなお注意が必要です。

子供の名前や年齢まで記入してある年賀状もありますから、

処分には十分注意しなければなりません。

一番安心な処分方法としてはシュレッダーがオススメです。

これだと安心して処分が出来ます。

その他、シュレッダーがご家庭に無い場合には、

現在は宛名消しスタンプというものが売っていますので、

その方法で処分しては如何でしょうか。

また、自治体や郵便局で処分したい年賀状を

回収してくれるサービスをしてくれるところもあるようです。

一度尋ねてみてはどうでしょうか。

個人情報というリスク

怖い3

先に述べたように、年賀状は個人情報が多く詰まったものです。

むやみやたらには処分はできませんね。

一番リスクを伴わないものは、シュレッダーでの処分が最適だと思います。

自分のお家で焼いて処分をする方もいらっしゃるかもしれませんが、

やはり思いのこもったものを焼くというのは少し控えた方がいいでしょうね。

中には、処分する年賀状を接着剤で貼りあわせて

ガムテープでぐるぐる巻いてさらに包装紙などで包んで処分する方もいらっしゃいます。

これだと個人情報も洩れないで済むのではないでしょうか。

出された方の思いも心に留めながら個人情報が漏れないような配慮をして

処分するのが処分する側としての配慮ではないでしょうか。

まとめ

年賀状の処分に困っている方はたくさんいらっしゃると思います。

保存期間や処分する時期をお話ししましたが、

このことを参考にして、気分的にもスッキリした処分方法を考えてください。

個人情報だけはしっかり管理してくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ