静電気でケガや火傷をする可能性はあるの?体への影響について!


冬になるといつもやってくる静かなる恐怖の静電気。

子供よりも大人の方が圧倒的に多い静電気ですが、

もしも静電気でケガや火傷があった場合、大人でも子供でも相当怖い。

ということで、静電気で「ケガ」「火傷」はあり得るものなのか。

体への影響などについて解説していきます。

スポンサードリンク

静電気は実はかなり強い電気だった?

髪7

静電気と聞くと一見「ビリッと来るもの」というであろう。

それくらい感じるものは「微量」の世界なのですが、

あの静電気、かなり高電圧だったんですね。

では人が良く感じることのある静電気の電圧はどれくらいなのか。

「3000V」まで達するようです。

これかなり大きい数字に感じますよね?

実際に「大きい」といえます。

雷で「およそ1億ボルト」とも言われているため、大きいように思えないですが、

あの護身用として用いられる「スタンガン」の種類によっては

「3000V」よりも低い電圧のスタンガンが売られていることから

3000Vの大きさというのがわかると思います。

ボルトだけでは意味がない!!体への影響!

危ない2

3000Vと大きい数字を言っても「正直微々たる痛さ」という方が多いでしょう。

ほんの一瞬で終わってしまう物ですからね。

そうです、静電気にも当然ある「電圧(ボルト)」の大きさだけでは痛みの感じ方はあまり変化しません。

静電気が体との接触でビリッと来るのは「かなりの至近距離」です。

1cmもない所から静電気が来るような状態です。

「ドアノブ」なんかは触れるほんの直前に静電気が起きていると言う事です。

これが雷などの億を超えるボルトで雲から地上までの遠距離で当たるわけですから、

電圧の驚異的な大きさによって命を落とす可能性まで出てくる程になっているのです。

ですが「極端な話」です。

電圧の圧倒的な差が無ければ「電流」の強さを加えないと「変化は感じられない」のです。

「電流=アンペア」ですが、電力は「電圧と電流の大きさ」によって力の働き方が大きく変わります。

人間に影響がないとされている電流量は5mAなので、そこまでなければボルトが強くても

最悪の結果となる場合は低いです。

ただ、もちろん電圧が高ければいいわけでもなく、電流が高ければいいわけでもなく、

バランス値が高くなればなるほど

「人体に影響を及ぼす可能性はあるほどのものになる」と言う事です。

つまり、3000Vでも限りなく0に近い電流量でほとんど何も感じないでしょう。

例え500Vでも3mAともなればかなりの電力になることから強さもかなり強いものになります。

静電気の場合は3000Vほどの電圧がありますが、

「摩擦によって出来る」ことや「持続性がない」こと、

そして、数ミリ程度の距離で初めて静電気が起こるようなものです。

電流もかなり弱いことから、静電気が3000Vあっても

5000Vあってもチクチクした痛みが一瞬で終わるのです。

スポンサードリンク

火傷やケガの心配はないのか

では、静電気なんて「全然大丈夫だよ」という方も「もしかしたら」という方も

この「火傷」「ケガ」などをする心配はあるのかと言う事。

火傷の可能性

火5

火傷をする可能性ですが、今までこれは静電気で火傷したのか?と思われる方もいるでしょうが、

実際に静電気による火傷も大いにあるのです。

それは「静電気」の放電がされておらず、溜まり続けている電気が何かの物と触れ合った時に

「火傷」をする可能性があると言う事です。

いやいや、「ドアノブ」もふれあって痛み感じてるから大丈夫でしょ。

という考えは正解です。

ですが、もしも触れたものが「引火性のあるもの」だとするとどうでしょうか。

静電気によって引火し、実際に家事を招いたり

火傷を起こすと言う事が世界でも少なからず起きています。

中には「除菌スプレーによって結果的に大火傷を負った方もいる」との事実があります。

ビリっとしか感じないただの静電気でも実際には「火事」「大火傷」を起こせるパワーを秘めています。

このことから、気を付けないと火傷はすると言い切れますし、

引火するような危険のある場所では「静電気」の放電を行う事が必要といえます。

今では「セルフガソリンスタンド」に行く方も多いかと思いますが、

あれも「引火を防ぐため」ですので、しっかりと静電気除去パッドなどを使う事が重要です。

ケガの可能性

ケガ

では、ケガの可能性はあるのでしょうか。

これもケースバイケースでしょう。

ただ、ほとんど0%といえます。

そのケガに火傷を含まなければの話となりますが、

ケガに関しては「静電気」が直接関係しているわけでなく、

静電気が来たことにより痛みの反射行動としてどこかの壁に手を打ち付けるなどの

事によりケガの可能性はあるでしょうが、

今までに大きな事例というのは発表されていないようなので、

大事に至るようなケガの心配はほとんど皆無と言う事が言えるでしょう。

まとめ

静電気は地味ですしかなり嫌われ者ですが、

本当に考え方次第では「火傷」や「体への影響」も考えられる

強い電圧と言う事は覚えておくべきです。

そのためにも、普段から放電する方法を試したり、

湿度を上げたりするなどをしてなるべく

体に帯電させないことが重要といえます。

静電気の放電方法などは下記の記事でもご紹介していますので、

そちらもご参照下さい。

スポンサードリンク

静電気に関する記事はこちら!!

・「冬のドアノブ回避法!!体質と湿度の関係!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ