水筒の臭い匂いの除去方法と茶渋やカビなどの汚れを落とす方法を伝授!!


水筒を日常的に使われているご家庭もあるでしょう。

しかし、いつも使っていると匂いが付いたり茶渋も付くことがありますよね。

では、どうすれば茶渋などを取り除くことができるのでしょうか

今回は、水筒の洗い方について探っていきたいと思います。

水筒の臭い匂いを取る方法とは?

スポンサードリンク

臭い3

水筒が臭いと飲み物を飲む気も薄れてしまうかもしれませんね。

では、どのようにして匂いを取れば良いのでしょうか。

  1. 水筒を洗った後に、熱湯を注ぎましょう。これが最も簡単にできる匂い除去法と言えるでしょう。
  2. また、お茶の出し柄をネットやお茶のパックなどに入れて水筒に入れておくと消臭効果が望めますよ。
  3. 匂いを消すなら、米のとぎ汁を数時間放置することも一案ですね。

必要なもの

✔沸かした熱湯

✔お茶の出し柄

✔ネット

✔お茶のパック

✔米のとぎ汁

茶渋がある時の汚れを落とす方法とは?

水筒

茶渋があると何だかせっかくの水筒も汚なく感じられますし、汚れはきちんと落としたいものですね。

では、どういった方法で落とすことができるのでしょうか。

炭酸ソーダ利用法

茶渋を取るなら、炭酸ソーダを利用すると言う方法があります

これは、重曹を使ったものなんです。

炭酸ソーダを作るなら、クエン酸も必要になります

冷えた水の入ったペットボトルに、重曹とクエン酸を入れます。

そして、良く振って混ぜてあげましょう。

この炭酸ソーダを沸騰させて、水筒に入れるとしばらく経つと茶渋が落ちているでしょう。

必要な物

✔重曹

✔クエン酸

卵の殻利用法

卵の殻を使うという手段もあるんです。

卵の殻とクレンザーか台所用の洗剤を一緒に水筒に入れましょう。

そして、きちんと蓋を閉めてから振ると茶渋が取れるんですよ。

必要な物

✔卵の殻

✔クレンザー又は台所用洗剤

酸素系漂白剤利用法

頑固な茶渋には、酸素系の漂白剤も便利ですよ。

漂白剤に浸けて30分ほどしてからブラシで洗ってあげると綺麗になるでしょう。

ちなみに、塩素系の漂白剤はステンレスを傷めてしまうのでNGですよ。

必要なもの

✔酸素系漂白剤

✔ブラシ

カビがある時の汚れの落とし方とは?

スポンサードリンク

カビは嫌なものですね。

でも、生えてしまったからといって水筒を捨てるわけにもいきませんよね。

では、カビがある時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

ブラシ活用法

他にも登場していますが、柄の長いブラシを使うと良いでしょう。

きちんと底まで届きますし、隅々まで洗えるものを用意することが大事ですよ。

柄の部分が回転する種類のものもあり、この柄を回すだけで洗うことができるでしょう。

早いうちにカビの対処をすることで、蔓延することも防げますね。

漂白剤活用法

中には、塩素系の漂白剤に浸けるというケースもあるんです。

本当は酸素系の方が良いのですが、塩素系の方が威力があるんですね。

漂白剤に一晩浸けてから、塩素を抜くために水を取り換えていきます

そして、徹底して自然乾燥させましょう。

臭いや茶渋などが残らないようにする予防策はあるの?

臭いや茶渋といったものは、残らないようにできれば良いですよね。

では、その方法はあるのでしょうか。

スポンジ活用法

普段から汚れが酷くなってしまう前に柄の部分が長いスポンジで中を洗うように心がける

ただ簡単にゆすぐだけにしてしまうのはNGだということですね。

スポンジ活用法Ⅱ

枝豆の形をしていて重りの入っているタイプのスポンジもありますよ。

これを水筒の中に入れて振って汚れを落とすと言う方法も一案です。

茶渋や臭いが付くことを防ぐことができるのではないでしょうか。

まとめ

水筒の匂いを取るなら、熱湯をかけるのも手段の1つです。

また、茶渋と取るなら炭酸ソーダや卵の殻を用いるという方法もあります

水筒を洗う時は、塩素系の漂白剤を用いるとステンレスを傷めてしまうので、

酸素系のものを使うようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ