習字で墨が!!子供服や白シャツに付着した墨汁の汚れの落とし方!!


小学校などで頻繁に行われる授業の1つである「習字」。

日本の伝統ともいえる授業ですが、この授業にて嫌な部分が1つだけありますよね。

それは「服に付着してしまう墨」です。

どうしても子供などは墨を服に付けてしまう事があります。

仕方がない事ですが、洗うとなるとクリーニング・・・。

クリーニングに出しても「落ちません」と返されてしまう事が多く、

やってもらう事が出来てもしっかり落ちるという保証はないとまで言われる程頑固な墨の汚れ。

今回は「頑固な汚れ」と言える「服に付いた墨汁の汚れの落とし方」について解説します。

スポンサードリンク

時間の経過で状態が変わる!?

がっかり

これはわかりきったことかもしれませんが、

万が一墨が付着してしまって、すぐに対応する場合と時間が経過してから対応する場合では明らかに

すぐに対応する方が結果的には汚れが落ちやすいのです。

それは「時間の経過」による酸化と言う事もあるのですが、

墨の分子が細かく、墨が繊維に入り込みやすいことから墨の汚れは落ちにくいのです。

当然時間が経過すれば繊維にドンドンしみこんでいき、最終的には入り込んで乾燥というパターンとなります。

落ちないからと言ってそのままにしておくともはや手遅れとなる場合もありますし、

クリーニングに出したら大丈夫だろうと思っていても、断られることが多いです。

クリーニングができる場合ももちろんあります。

ですが、クリーニング代は高額となり、実質新しいシャツが買えるほどの金額となることも珍しくないようです。

服に墨が付いた場合の落とし方

墨

では、さっそく服に墨が付いてしまった場合、どうすれば落ちるのかについて解説します。

オススメできる方法もあればオススメできない方法もありますが、

どれを選択するかは人によってさまざまだと思いますので、色々な方法を見て自身に合う方法で行いましょう!!

クリーニングに出す

クリーニングに出す方法が自身で何もせずに落とす方法で楽といえます。

「楽」なだけで、クリーニング屋自体も取り扱ってくれる場所は限られていて、

取り扱っていても「落ちる」とまでは行かない仕上がりになる可能性も多いうえに、

クリーニング費用も高額になる可能性が高いです。

どれだけ熟練したクリーニング屋でも「墨」にはかなり抵抗があるようなので、

もしも「めんどくさい」と言う事でお金はいくらかかっても良いという方であれば

この方法をお勧めしますが、基本的にオススメできる方法ではありません。

歯磨き粉

歯を磨く際に使う事が多い「歯磨き粉」がシャツなどについた墨の汚れにも良いとされています。

歯磨き粉は研磨剤が配合されていることが多いことから、

キッチンコンロなどの油汚れなどにも歯磨き粉+歯ブラシという方法で汚れを落とす方法がありますが、

この「墨」という頑固な汚れにも「歯磨き粉+歯ブラシ」の方法は使えます。

ただし、こちらは時間のあまり経過していない状態で行うと白くなりやすいとされていて、

あまりにも時間が経過していた場合は試してみても「効果が十分に出ない」という可能性はあります。

やり方としては歯ブラシに歯磨きををつけて墨付着部分を擦るだけです。

米粒を使う

米粒

こちらは有名な方法で、効果もかなりあるとされています。

まず、方法として「炊き立ての米粒」を乾いた墨の染み部分に付けます。

その米粒を染み部分にて擦ります。

これを行っていると墨の部分がどんどん取れていくのがわかり、墨のカスのようなものがポロポロと出てきます。

これは米粒が墨を吸収してできた米粒のカスですが、このように簡単に汚れが落ちる方法があります。

しかし、これでも完ぺきに落ちると言う事は言えませんし、時間の経過にもよります。

当然時間が経過していれば頑固な汚れとなっていますので、

うっすら黒く跡が残ってしまっている状態にあるかもしれません。

スポンサードリンク

マジックリンを使う

この方法が1番落ちやすいとされています。

市販で売られている「マジックリン」をしようして墨を落とす方法ですが、

やり方はこちらもシンプルで、キッチン専用マジックリンをマジックリンの倍程の水で薄めて

その薄めたマジックリンを墨で汚れた部分に浸透させます

浸透したら次は「石鹸」を使用します。

浸透した部分に固形の石鹸を押し当てる様に擦ります。

擦っていくと墨が落ちていくのがわかると思います。

後は水で流しながら擦ってみるとあっという間に白くなっていきます

これでも完全に白くはならないこともありますが、大抵は白くなるでしょう。

後は再度同じように擦るか、通常と同じく選択をしてみて仕上がりを確認しましょう。

それが今できる限界とも言えます。

これはムダ!!

ダメ

やはり1番にやってしまうのが漂白

ですが、やってみるとわかる通り漂白では白くなりません

それ以上に繊維に入り込んだ墨はずっと強い汚れとなっています。

なので、汚れといえば「漂白」というイメージがありますが、

やっても時間の無駄ともいえる行動ですので、控えた方が良いでしょう。

未然に防ぐ方法

シャツなどについた墨を落とすという方法をそもそも行わないようにするには

「習字」の授業がある日の服を白から黒に変えるという方法が1番いいです。

シャツ

下も出来るだけ明るい色は避けて、ブランケットなどを掛けるなどをしても良いでしょう。

学校で行う習字の授業は「時間割」にてあらかじめわかることですから、

未然に防ぐと言う事を忘れなければそもそも墨の汚れを気にしなくても良いといえますので

どれだけ対策出来るかにもよるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

墨の汚れを落とすにはクリーニング屋でも困るというほど頑固なものとされているのです。

ですが、家庭でも簡単に墨を落とす方法はあるので、自身に合った方法で試してみると良いでしょう。

ただ、どの方法でも言える事ですが、なるべく早く対処をしないと頑固な汚れとして定着してしまいますので、

その辺は十分に注意すべきです!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ