宝くじに当たった人の使い道は?使い方を間違えると危険&不幸に!?


みんなが夢見る「宝くじ」。

当たったら南の島でゆっくり過ごしたな~という方や、

貯金するという方まで様々な使い道を考えているものです。

この宝くじによる使い道はどのようなものがあるか気になりますよね。

いざ当たると逆に不安になる人もいるでしょう。

と言う事で、宝くじが当たったらどういう使い道をするのか。

使い方を間違えると危険なのか。

宝くじが当たると「不幸」になるのか。

そんな点について触れていきます。

スポンサードリンク

宝くじの使い道はどんなのがあるの?

お金2

これに関しては本当に人それぞれですよね。

ではそういった使い道があるのかまとめてみました。

貯金

まずはこれがありますね。貯金。

使い道とあるのに使わないというパターンです。

若い年齢層になると「貯金」と考える人も多いみたいです。

マイホーム購入

ベタにこれです。

やはり家族を持っていれば「固定の安心感」は欲しくなりますよね。

子供もいればより一層子供の部屋なども考えなくてはいけませんし。

なにより一種のステータスになるものでしょう。

借金返済

正直、借金をしている方はこの世の中に大勢いる事でしょう。

クレジットカードは一時期の借金ですし、

ローンもいわゆるクレジット。

借りている状況なのは一緒なのです。

特に家を購入した方は毎月ローンを払っているでしょう。

それが「宝くじ」によってなくなると考えると「気が楽」ですよね。

車の購入

少し小さくなりますが、やはりこれも人気。

車の買い替えや「高級車」に乗ると考える人は多いようです。

こちらも普段はローンで購入という方が多いでしょうから、

一括で買えるとなるとついつい「まぁいいか」と考える方が多いようです。

アクセサリーなどの購入

どうしても小物がほしいという方も多いです。

小物と言うのはアクセサリーです。

指輪やネックレスや時計やカバンなどの事ですね。

高級品というのは「物欲」を満たす一種の魔法なので

高級品の小物を買うと決めている方も多いです。

「ダイヤ」などのアイテムでも後々売ることはできるので人気ですね。

旅行

定年後であれば「世界一周クルーズ」などの長期的な旅行は多いです。

1週間ほどでも余裕をもって海外旅行に行けるのは凄い気持ちいいですよね。

海外旅行は家族で行くと100万はくだらないので、

やはり宝くじなどに頼りたくなるのでしょう。

散財

なりふり構わず遊びに使うという方もいます。

毎晩飲みに行って毎日酔っ払いとなることも可能でしょう。

お金は「人」を変えることが可能なのです。

株式投資

やはりこういう方もいます。

更に増やそうと考え、株式投資に走る方もいるでしょう。

あの有名な「久慈六郎さん」もこれに似たタイプですね。

使い方はなんでもいいけど間違いは危険!!

ショック

このように使い道はかなりある。

それは人それぞれであり、人の使い道に対してどうこう言える事ではない。

ですが、知っておかなければ後々大変なことになる事もかなりあります。

その中で、困らないようにする方法などをまとめました。

家の購入は危険!!

家の購入を考えている人は注意点があります。

まず、当選者による買い物だと思いますが、

この場合、普通では考えられないほどの大金が動きます。

自身の貯蓄では補えないほどの額でしょう。

そんな時、購入をすることによって

あの人は「脱税しているのでは?」と疑ってくるのが税務署。

なぜそんな大金があるのか調べられることがあります。

いざ税務署に問いただされて、実は宝くじ当たりまして・・・と答えたところで

税務署に信じてもらう事は出来ないでしょう。

そんな時に「当選証明書」があれば税務署に対して

脱税などはしていませんと証明できるのです。

ですが、これを貰っていない場合は「脱税」として捉えられる可能性もあるので、

宝くじに高額当選した場合は「当選証明書」を必ず貰うようにしましょう。

人に話すことは危険すぎる!!

やはり当たったときは相当嬉しいため、

ついついテンションが高く、抑えきれなくなり「私、高額当選したの」

言いふらしてしまいそうなものなのですが、

これは厳禁。ありとあらゆる人が情報を持ち逃げするでしょう。

この持ち逃げというのは拡散してしまうと言う事です。

となると、色々な人から「急に連絡が来るようになった」などもあり得ます。

当然「お金」が目当てです。

なので、だれにも教えないと言う事が安全であると共に

情報を1つとして漏らさないようにするのが得策です。

なるべく家族(親)にも言わない方が良いでしょう。

親も親で「親戚」などに言ってしまうものなのです。

なので、なるべく言わない方が良いでしょう。

家族を信用するなというわけではありません。

過信するなと言う事です。

スポンサードリンク

当たってから山分けは最悪です

宝くじに高額当選すると「みずほ銀行」にて当選金の受け渡しが行われます。

その時に当選者が行き、受け取りを受理します。

そして後日口座に振り込まれるというのが一般的ですが、

この大金を手にした後、家族などと「山分け」しようぜ!!

となると、一発アウトです。

なぜなら「税金」が発生するからです。

贈与税といって、相手に110万以上を渡す場合には

家族であっても贈与税が掛かってきます。

もちろん年間を通しての110万です。

1億当たって受け取り、その後家族に1000万あげることにしました。

となると110万以上の額を渡すことになるので、

贈与税がかかり約50%の税金がかかります。

なので、家族は1000万を貰うとその家族は

実質500万の受け取りにしかならないと言う事です。

かなり大きいですよね。

これを防ぐには「当選時に共同購入者としてみずほ銀行に一緒に行く」と言う事が必要です。

手続きにより、「共同購入皆の受け取り名義」を記入することによって

各人数に分配され、非課税として承認されることになります。

贈与税を掛けずに渡す場合は

「受け取り時に共同購入者として同行させる事が必要」というわけです。

見栄張り注意!!

これは簡単な話で、良いスーツを着て良い腕時計を買っていい車を買っても

所詮は見栄なのです。

話すとバレるのがオチと言う事になります。

なので、普段から高級品をジャラジャラしないでたまにするのが良いと思います。

ワザと見せる様に歩いたり乗ったりすると逆効果です。

株式投資注意!!

これも簡単で、いきなりのあぶく銭を増やそうと

ある額を株式やFXにつぎ込んだら「ドンドン減る」のがオチでしょう。

中にはもちろんプラスにできる方もいるしょうが、

こういった宝くじなどで得たお金での投資は「投機になりかねない」でしょう。

不幸になるってホント?

くりぼっち3

宝くじの高額当選は意外にも不幸になると言われていますよね。

これは本当なのでしょうか。

結論から言えば「どっちでも当てはまる」といえます。

というのも、海外では高額当選等によりテレビにて顔なども映ってしまうほど

大胆な行動をとるのですが、これが原因でお金を狙いに来るというケースも多く、

命を奪われたというケースまで発展しています。

これほど、人はお金に集まろうとするものなのです。

日本では公表などされないので安心といえば安心ですが、油断は禁物。

どういった経路でバレたりするかは分からないので、

不幸なことにも負けないで神経質になり過ぎないことも重要ですよ。

ただ言えることは「不幸かどうかは自身が決める」を忘れずに覚えておきましょう!!

まとめ

今回は宝くじの使い道などをテーマにやってきましたが、

使い道は様々でなんでもいいとは思うのですが、

「優先事項」が違うと思います。

これらの事を知っておき、学んでおくと今後の為になるとも言えます。

スポンサードリンク

宝くじ関連の記事はこちら!!

・年末ジャンボ2016で買うならこの日がオススメだ!!

・宝くじに当たる確率をあげる方法や損得などについて


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ