冬至の柚子湯に入る意味はなぜ?肌に臭い付くし嫌いだけど効果はあるの?


「冬至」という言葉を聞いて思い出すのが、

冬になったのだということと共に、「冬至かぼちゃ」と「柚子湯」のことが頭の中をよぎります。

しかしよく考えてみるとカボチャは夏野菜ですよね。それに柚子も収穫の末期です。

冬至にはなぜ、かぼちゃなのか、なぜ柚子湯なのかを考えてみましょう。

スポンサードリンク

冬至にはなぜ柚子湯とかぼちゃとされているの?

かぼちゃといえば、昔おばあちゃんやお母さんから

「風邪を引かないために一つでもいいから食べなさい」といわれた記憶はありませんか。

しかしなぜ、かぼちゃを食べて風邪予防なのでしょう。

そもそもかぼちゃには、ビタミンAとカロチンが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、風邪の予防には効果抜群なのです。

かぼちゃ2

それにしてもなぜ冬至にかぼちゃだったのでしょう。

昔の冬は農閑期の冬は野菜などが不足してきます。

今では考えもつきませんが、冬を無事に過ごせるかどうかというのが

北国の毎年の不安材料だったのです。

昔の人にとっては、生きるか死ぬかの深刻な問題だったのです。

さらに昔の人は、冬至は生命の終わる時期とも考えられていました。

その不安を取り除くために無病息災の祈願が行われており、

その時食べられていたものの1つがかぼちゃというわけです。

夏野菜のかぼちゃですが、保存が効く為

大切に保存して冬になってからも食べられていたのですね。

さて冬至といえばもう1つ忘れてはならないものがあります。

それは柚子湯です。

柚子

現在は毎日のように風呂に入っている私たちですが、

毎日風呂に入る習慣のなかったころ、

柚子湯は冬至(一陽来復)の日に行う禊(みそぎ)の風習でした。

運を呼び込む前に、ゆずの香りで邪気を払い体を清めたのです。

これは端午の節句の菖蒲湯も同じ考えのようです。

柚子にはこんな効果もあります。

血行促進効果があり、腰痛や冷え性を緩和してくれる効果もあります。

もちろん、身体は温まりますから風邪の予防にも良いのです。

さらに、ゆずの皮や果汁には柑橘系ではトップクラスのビタミンCが含まれています。

柚子湯に入ることによりビタミンCがお湯に溶けだすため美肌効果も望めます。

柚子湯に入らないとダメ?

絶対に柚子湯に入らないとダメというわけではありません。

中には柚子が手に入らない方もいらっしゃるでしょう。

その時は柑橘系の果物を入れてお風呂に入ればいいのではないでしょうか。

長崎県などではゆずの代わりにザボンを入れて入るところもあるそうですから、

ゆずにこだわることはないと思います。

ザボン

柚子湯に入ると匂いがして入りたくないという人もいらっしゃると思います。

しかしそんなにきつい匂いでもないし、むしろ爽やかな匂いがすると思います。

今まで柚子湯に入らなかった方も今年は入ってみたらどうでしょう。

スポンサードリンク

お風呂に入れた後の柚子はどうすればいいの?

お風呂に入れた柚子の後始末はどうしたらいいのでしょう。

柚子にはいろいろな効果がありますが、その中でも「柚子の種」に注目です。

柚子の種には「リモノイド」という物質が含まれています。

リモノイド単独でも、抗がん作用、悪玉コレステロール抑制作用など

素晴らしい効果があるのですが、

ビタミンCとの相乗効果によって小じわを防ぐ働き、

夏の間にできてしまったシミそばかすを薄くする働きもあります。

肌12

そこで、柚子湯につかった後の柚子の再利用です。

柚子の種を取り出し化粧水を作ってはどうでしょうか。

作り方は簡単です。

作るのに準備するもの

  • ペットボトル
  • 焼酎
  • ゆずの種

ペットボトル500mlに焼酎400mlと柚子の種を入れるだけです。

お肌の弱い人は水で作っても十分な効果があるということです。

柚子湯に入ると体が匂う!でも効果はある?

臭い

上記でも述べたように、そんなにきつい匂いはしませんので大丈夫だとは思いますが、

気になる方は柚子の量を少し減らして柚子湯に入られたらどうでしょうか。

柚子の効果は色々ありますので、

今年は家庭のお風呂で柚子湯に入ってみてください。

家族全員が入るのですから臭いも気にならないと思いますよ。

スポンサードリンク

まとめ

昔の人の知恵というものはすごいものだと改めて感じました。

頭で考えるより日ごろの知恵が色々な風習として残っているのだと感心しきりです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ