片思いが辛い!苦しい悩みを抜け出すための方法!諦めるが負け!?


会いたい・・・「今何してるんだろう」「ラインしてみようかな」「嫌われないかな」など、

このような経験は誰もが経験したことあることでしょう。

この「好きになる」ということは非常に良い事で、人間にとって必要不可欠でもある事です。

ただ、「恋愛」には「片思い」と「両想い」が存在します。

両想いであれば「今何してるんだろう」「嫌われないかな」などといったことはあまり気になりませんよね。

両想いであればすでに付き合っている可能性が高いと言えるからです。

一方で、「片思い」は大変辛いものです。

どうしても「好きなのに・・・」「自信がない・・・」などといった事を含め、「自分だけが好きになる」と言う事は

自身が相手の事を考えている時間が圧倒的に長いのですから、それほど辛いものはありません。

今回は「片思いの辛い・苦しいを抜け出す方法」について解説していきます!!

片思いはなぜ苦しい?

スポンサードリンク

めまい2

片思いは「苦しい」ですよね?

「片思い」というのは「一方的に好き」という状態ですので、「苦しい」というのは想像できますが、

なぜ苦しいのでしょうか。

叶わないと思ってる

片思いで辛いと言われるのが「叶わない恋」です。

例えば「恋人がいる」「スポーツにしか興味がない」「結婚している」「明らかに好みじゃなさそう」など、

叶わないであろうと思っているその状況がものすごい「苦しい」と言えるのです。

子供の時にも経験していることです。

どうしても欲しいおもちゃがあるのに「値段が高い」「買ってくれない」などの理由で「苦しい」体験をしています。

ただし、子供の時は「泣く」などの感情表現が豊ですし、様々な知識もついていない為にシンプルな考えをします。

なので、子供よりも「大人」の方が「我慢」をしなければならないと思える場面が何度も出てくるでしょう。

物心がついてくると「遠慮」と言う事が反射的にしているようにも思えます。

結果を求める人

こういう方は「苦しい」という方が多いでしょう。

やはり「結果」は大事ですが、結果ばかりを求めているのは恋愛ではNGパターンが多いです。

特に片思いで結果を求めるのは段階として早すぎるといえますし、まだ出来そうなことがあるかもしれません。

なので、まずは「プロセス」と言える「過程」をしっかりと踏みましょう。

好きすぎる

相手の事が好きすぎる・・・これは良い事ではありますが、これが「苦しい」という原因ですよね。

好きすぎるためにいつでも相手の事を考えてしまい、寝る事さえも抵抗を覚えたりするものです。

しかし、好きすぎるばかりに「自分の事ばかり相手に伝えようとしてもダメ」なのです。

やはり「ある程度の時間」は必要で、徐々に「意識」をさせるような工夫をしなければ

いつまでたっても「自身が好きすぎる」という片思いの苦しさだけが先走り、内容は全く何も追いついていないことになります。

例えば、「欲しい車」があったとします。

この車をどうしても手に入れたい・・・でもその気持ちが強いのは良いですが、

強いだけですぐに購入するというのはリスキーに思えます。

やはり、それまでにどれくらいのお金を貯めるのか、月にどれくらい払えるのか、この車は本当に必要になるのか。

「ある程度の時間」をかけて、車という相手をリサーチしつつ意識を高めていけば、

購入しやすくもなるし諦めやすくもなります。

これと同じです。

辛い・苦しいという悩みを抜け出す方法

スポンサードリンク

落ち込む7

「辛い・苦しい」となるのは「結果を求める」「叶わないと思ってる」「好きすぎる」といいましたが、

この「辛い・苦しい」という悩みから抜け出すにはどういう方法があるのでしょうか。

恋人という目標ばかり求めない

やはり「片思い」とあれば恋人として相手の横にいたいと思うわけです。

それによってあなたは満たされることが非常に多いでしょう。

ですが、その片思いで辛い・苦しいという状況にあるのならば、「恋人」という目標が大きすぎるのかもしれません。

最終として「恋人」は良いのですが、「相手に存在を知ってもらう」から始まり、

「距離感を縮める」と言う事に注力すると言う事が大事です。

ここを怠っていては「恋人」に近づく前に「自身が辛い・苦しい」と悩むと同時に、目標の「恋人」まではいけないでしょう。

もっと力を抜くことができれば話は変わってきますよ。

・「すぐ別れるカップルと長続きするカップルの特徴」

怖がらない

「辛い・苦しい」というのは「抑えきれない感情を無理やり抑えようとしている」かと思います。

又は「抑えきれない感情があるのにどうしていいのかわからない・どうすることも出来ない」と思っている方でしょう。

それは「怖いから」です。

「好きではないのかもしれない」「嫌いかも」「断れるかもしれない」という心の葛藤があるのです。

「早く告白して一緒になりたい」と思っていても、「でも断られるのでは」と思ってしまうとそれ以上の行動ができなくなります。

なので、まずは怖がらないこと。

怖がらない為には「相手の気持ちを少しでも動かす事」に注力するのです。

相手の気持ちを動かすには先ほども言いました「相手に存在を知ってもらう」方法が良いでしょう。

話しかけても自分ばかりの話ではなく、「質問してもらう」という工夫をしたりすることで相手に初めて印象が付きます。

相手からの質問を受けるくらいになると良いです。

余裕を持つべし

実る恋は焦り無し。

花も同じです。

花は季節が来るまで実りません。

恋も同じです。

焦っていても気持ちだけが先走り、結果は伴わないのです。

なので、時間をかけることは大事です。

1日で仲は深まるわけがありません。

「友人で良い」というのであれば1日あれば楽しい人という印象さえ与えることができれば

その後も一緒にいる事は出来るでしょうが、「恋人」としては無理でしょう。

気持ちは「出来る社長」のように「どっしりと構えるべき」といえます。

「自信」を持つことが大事と言う事です。

ただし、「過度な自信が片思いを加速させてしまう」ともいえるので、ここは注意しましょう。

相談相手を持つ

これは「同性」「異性」どちらでも良いのですが、出来たら経験豊富な方の意見も聞いておくといいでしょう。

経験豊富な方の意見には必ず共通するものがあるでしょう。

「落ち着き」「冷静」ということです。

経験豊富だから「焦る」などの事はないのです。

どこまでがOKラインでどこまでがNGラインというのを経験を使って判断出来てしまうので、

焦る必要性は無く、無理かなと思うと次に行くというスタンスを持っていることでしょう。

そういった人の意見を聞いたうえで、自身の状況などを話してみると

「自身が今どんな状況なのか」を客観的に教えてくれることでしょう。

姿ばかり追いかけない

これはどういうことかというと、「存在を常に確認するのはやめよう」ということです。

存在が近くにあると、いやでも「ついつい見てしまう」ものです。

ですが、その「見ることができる距離感」だからいけないのです。

どうしても「辛い・苦しい」という状況なのであれば「あえて遠ざけてみる」といいです。

存在のしない空間で意識をすることもなくなる場所に行き、リフレッシュしてきましょう。

自身が落ち着く空間に行くと「忘れることができる」ということも多いです。

自身に「落ち着き」「冷静」という文字がないのであれば「恋は実らない」とも言えます。

先走る気持ちを抑える為にも、この方法を取り入れると良いでしょう。

諦めるのは良い事?

適応障害

「諦めたらそこで試合終了」というマンガのセリフがあります。

これが恋愛にも当てはまるのかというと「当てハマる」のです。

しかし、それは「しっかりと相手に対して冷静に物事を対処でき、相手からの考えも理解できる」というのであれば

「諦めない方が良い」でしょう。

徐々に距離を詰めて、焦らずに時間をかけていき相手へのアピールもし、存在を知らせ、

しっかりとした恋をしているのであれば諦めてはいけません。

しっかりと最後まで様子を見ながら「告白」という終着地点でもあり、始発地点でもあるステージまで行きましょう。

ですが、どうしても「焦ってしまう」「気持ちが先走る」「怖い」「どうしようもできない」「どうせ無理と思っている」というものが

離れていかない場合は「諦める」と言う事も視野に入れるべきです。

この諦めるは「ダメ元で告白をして諦める」でもいいですし、さっさと「違う人を見つける」でもいいです。

恐らく、そのような方は「気になる人」への執着心がすごいはず。

その人しか見えていないのです。

しかし、それが覚めると、以外にも「良さそうな異性は山ほどいる」と言う事に気づくはずです。

その1人が自身にとっての神様・女神などではありません。

視野が狭くなっていただけにそう見えていただけといえます。

なので、諦めて「視野を広げる」と言う事をすることで「辛い・苦しい」という気持ちを解除できるでしょう。

出来るなら「告白して撃沈した方が良い」です。

人間、慣れが必要です。

「怖い」のは「未知」だからです。

「知っておく」と言う事が今後、どれだけ自身に響くかわかるので、撃沈して新しい恋をするのが良いです。

・「好きすぎて辛い片思いを両想いに持っていく方法!」

まとめ

いかがでしたか?

確かに片思いは辛く苦しいものです。

ですが、それは「自身が制御できていないだけ」なのです。

なので、まずは「セルフコントロール」をすることから始めましょう。

コントロールできなければ気持ちだけが焦って結果は付いてこないですよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ