好きな人が気になる!授業中に目が合うなどは脈あり!?


学校という環境の中で、同じクラスの人が好きになった!なんてことは多いはず!

好きな人ができるとついつい授業中なども好きな人を見てしまうものです。

そんな時、好きな人と偶然目があった場合ってかなり恥ずかしい!!

照れてしまうのも無理ないです。しかし、それは偶然なのでしょうか。

もしかすると脈ありのパターンかも知れません。

今回は授業中に好きな人と目が合うという事が「脈あり」なのかについて

色々なパターンで解説していきます!!

授業中に好きな人が気になって見ちゃうのって変!?

スポンサードリンク

学校での生活をしていると、どんな人でも1度は気になる人が出来たはず!!

そして、長時間一緒という環境がある以上、気になればなるほど目で追いたいという心理にもなります。

これ「気持ち悪がられるのでは?」と思う方もいるとは思いますが、

実はほとんどの人がこの経験をしているのです。

好きな人ができると、一緒にいる時間であればどんな時でも気になってついつい見てしまいます。

それは勉強をする授業中でも一緒の事で、相手がどんな姿で勉強しているのか気になったり、

どんな感じで人と話したり、誰と何を話しているのかなどなど、どんな些細なことでも気になってしまうのです。

これは気になる人・好きな人が出来れば誰しもとは言いませんが、当たり前のことでもあります。

相手の事を知って好きなことや好きな物を共有したいという想い(一緒にいたい)のほかに、

相手に嫌われないようにしなきゃという想いが無意識にそうさせるのかもしれません。

授業中に好きな人と目が合った!脈ありなの?

恥ずかしい

授業中の好きな人や気になる人を見てしまう。

これは気になれば見てしまうのは当然なのですが、そんな時、

好きな相手がこちらを見てきて目が合った!という偶然のような出来事を経験したことありませんか?

それは果たして偶然なのでしょうか。

実は相手も自身の事が気になっているまたは好きなのかもしれません。

という事で「脈あり」かもしれないというパターンをご紹介します。

頻繁に目が合い、話しかけられる事も多くなった

好きな人

1度だけ目が合うなどは正直脈ありではありません。

しかし、1度目が合ったことをきっかけに頻繁に目が合い、

それと同時に話しかけられる事も多くなった場合は脈ありともいえる状態です。

実は目が合うだけでは脈ありとはならないのです。

注目すべきは「話しかけられることが多くなった」という事。

相手側も自身に好意があるのでは?と思い、距離を縮めようとしてきている証拠でもあります。

しかし、100%ではないので様子を伺う必要はあります。

目が合うとすぐに視線をそらす

目が合うと「気まずい」というのは誰にでも生じますが、

目が合うとすぐに恥ずかしそうに視線をそらすという場合は「相手も気になってみていた」という場合もあります。

好きな人と目が合うというのは非常に恥ずかしい事なのです。

それは気になっている強さが強いほどです。

しかしこれは相手が女性の場合に限ります。

相手が女性の場合は、女性の心理的に「好きな気持ちがばれたくない」のです。

なので、相手がこちらを意識してないときなどにひそかに見たりするのです。

目が合うと恥ずかしそうにすぐに視線をそらしてしまいます。

ですが、相手が男性の場合は違う事もあります。

男性は「好きな人を見ていたい」という心理が強いので、

相手に好意があるのを魅せつけるように目をそらさずに見てくることもあります。

ただ、難しいのは相手が恥ずかしがり屋な男性であれば視線をそらすという方もいるので、

あくまでも男性は「視線をそらさない傾向にある」という事、

そして女性は「視線をそらしやすい傾向にある」という事を覚えておきましょう。

目が合った時に「何か」をしてくる

カップル

目が合うと「笑う」「笑わせてくる」などといったアクションを起こしてきた場合、

そういった場合、脈ありという場合があります。

大抵の脈ありパターンは目が合ってから話しかけられたり、

視線をそらさないまたはそらすという事が多いですが、

少しヤンチャな人が多い傾向にありますが、

目が合うと笑うといった行為は「慣れている人」か「恥ずかしいのをカモフラージュしている」場合に多いです。

それほど好きな人という存在は自身の中でとても大きい存在となるのです。

人によってはご飯も進まなくなったり、勉強ができなくなったりするほどです。

脈無しかも!?というパターンはこれだ!!

スポンサードリンク

1度目が合っただけ

たまたま目が合ってしまったというパターンは脈無しと言えるでしょう。

周りが気になる方がいますが、そういった時にたまたま目が合ってしまっただけ。

その後、目が合う事はほとんどないという場合も同じです。

目が合うと「意識してしまう」という状態になり、目が合いやすくなることもありますが、

それすらないのは脈無しな証拠といえるでしょう。

話しかけられることがない

これは授業中に目が合う事は合っても「話しかけられない」という場合です。

主に女性に対して言えることですが、基本的に好意があれば男性側から何かのアクションがあってもいいはず。

しかし無い場合、それは脈無しと言えるパターンに入っているかもしれません。

もちろん断言できることではなく、相手が恥ずかしがり屋で行動できないタイプかもしれません。

目が合って「どうしたの?」と話しかけられる

目が合ったから「好きかも?」というのは早いのです。

たまたまという事も多いですので、その基準として、

目が合った後のアクションに関して注意してみましょう。

目が合った時に、相手から「どうしたの?」と話しかけられた場合は脈無しの場合があります。

どうしたの?というのは、相手からすると「何見てるの?」という言葉の置き換え

恥ずかしいのであれば、どうしたの?と話しかけてくることもないでしょう。

何か用事でもあるのかな?と疑問に思い、話しかけてきている事が多いです。

もちろん、これ以外の言葉で話しかけられることもありますので、

「何かあった?」「ん?」などというアクションがあれば、それは脈無しの場合があります。

好きな人と目が合ってからの行動の仕方が大事!!

カップル

好きな人と目が合うと、そこから意識が変わり、次第に恋へと発展することも十分にあります。

何より大事なのは「意識をさせる」ということなので、相手と目が合うというのは第一歩。

ここからが肝心なのです。

その後も目が合うように視線を送る

1度だけ目が合う事は脈無しといいました。

しかし、諦めずに何度も視線を送り、時間をかけて目が合う回数を増やしていきましょう。

相手は次第に意識の仕方が変わってくることもあります。

目が合うっていう事は意識されてる?と思い、相手も意識し始めることがあるのです。

なので、積極的に視線を送ることは非常に大事でもあります。

これは授業中はもちろん、授業中でなくてもドンドン積極的に行いましょう。

席が近いならベタに物を借りる

好きな人

相手に意識させるというのが非常に大事といいました。

興味がなければ「スルーされる」のがオチだからです。

しかし、意識が変われば1つ1つの行動に意識が行ってしまうようになるのです。

そうさせるためにも、席が近い(隣)だった場合、ベタに何かものを借りたりしましょう。

消しゴムでも鉛筆でもなんでもいいのです。

ようは相手がこちらに意識をする行動をすればいいのです。

1クラス40人のうち、20人が異性だとしたらかなりのライバルがいます。

そのライバルたちよりも頭1つ飛び出なくては好意を持たれることはないでしょう。

授業中以外で話しかける回数を増やす

女性からは少しハードルは高いですが、授業中に目が合う等があれば、

後は授業以外でドンドン話しかけていきましょう。

話掛けられないのであれば、だれかを混ぜて話す機会を作ることをしましょう。

付き合ってもいないのにいきなり2人でデートなどが普通ではないように、

まずは複数人で話す機会を作り、その中で好きな人と話す時間を作りましょう

意識をこちらに持ってくるようにドンドン積極的に行動しなければ、相手が好意を持つことは難しいでしょう。

誤解しやすいのが「恋」なのです

「目が合う」という心理は非常に難しいものです。

それが「好意があるのか」「ただ単に目が合っただけなのか」をわかる人は本人以外いません。

人間は感情を持っているので、隠したり見せつけたりする人など様々です。

100%脈ありパターンというのはありませんし、100%脈無しとも言えないものなので、

目が合うのでしたらまずは時間を掛けて上記の方法で行動してみると良いでしょう。

次第に相手の意識の仕方が変わってくると、それは好意があるのかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ