節分でけんちん汁を食べる由来について!健康に良い材料とレシピ公開!


けんちん汁というものをご存じでしょうか。

肉などを使わない澄まし汁のことです。

しかし、どうやらけんちん汁は全国的なものではないようですね。

そこで、ヘルシーな上に美味しいけんちん汁について、

今回は迫ってみたいと思います!

スポンサードリンク

けんちん汁の「けんちん」って何?由来について!

けんちん汁

けんちん汁という名前を聞いたことはあっても、

どういった意味があるのかということなどは

わからないということも多いのではないでしょうか。

そもそも『けんちん』というのは、

神奈川県鎌倉市にある建長寺(北条時頼が創建)から来ているということですよ。

建長寺の開山となっている『蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)』が、

崩れ豆腐や野菜を煮込んで美味しい汁物を作ったということですね。

それで『建長寺汁』と名付けられ、『建長汁』となり、

現在の『けんちん汁』となっているということですよ。

また、もうひとつの説として中国の普茶料理というものが

由来だとも言われているようですね。

普茶料理は、中国の精進料理だということで江戸時代初期に渡来したそうです。

節分にけんちん汁を食べる地域は?

けんちん汁は、関東地方の一部で食されているもののようですね。

東京

冬の行事などで良く食されてきたということですよ。

関西の方では、恵方巻の方が有名なのか、

けんちん汁を食べないということもあるようですね。

けんちん汁自体を知らないという方もいらっしゃるようですよ。

他の都道府県での違う習慣はあるの?

大阪で生まれた節分の食べ物というと、恵方巻ですね。

大阪

『福を巻きこむ』という意味があるようです。

・「恵方巻を食べる理由としゃべらない理由がわかる!」

・「子供でも食べられる恵方巻の具材と作り方について」

つづいて、節分にコンニャクを食べるという地域もあるようですよ。

これは、四国地方に多いようです。高知や香川、徳島、愛媛ですね。

また、山口県ではくじらを食べる習慣もあるようですね。

鬼に負けないくらい大きくなるという願いを込めているようですよ。

スポンサードリンク

美味しいけんちん汁レシピ

主婦

さて、美味しいけんちん汁を作ってみましょう!

材料は、お豆腐が1丁と大根が150グラム、サトイモは2個、

人参も1/3個、牛蒡は1/2本、ネギ1本に干し椎茸も2個、

出汁パックが1袋、醤油大さじで3から4、みりんも大さじ2、水が6カップ、

塩が小さじで1、生姜汁は少し、そしてごま油も大さじで2あれば良いでしょう。

1、まず、大根や人参、そして里芋の皮をむきましょう。

そして、続いて薄く銀杏切りにします。

牛蒡を笹がきにして、干し椎茸を戻して細切りにしましょう。

2、次は、長ネギを小口切りにしましょう。

豆腐の水を良く切ってあげて1センチ四方に切るか、

手を使って解してあげます。

3、最初に切った大根や人参等の野菜をごま油で炒めます。

4、炒めた野菜を、圧力鍋に投入して水と出汁パックも入れましょう。

5、鍋の圧力がかかったところで、火を止めそのままの状態にします。

6、灰汁をとって出汁パックや醤油、みりん、塩と切った長ネギや豆腐を入れます。

7、1度煮立ったら完成となります。

8、お椀に盛ってあげて、生姜汁を少し入れて食べても良いでしょう。

美味しいけんちん汁レシピ2

もうひとつ、レシピのご紹介をしましょう。

大根を145グラム、牛蒡は100グラム、そして人参は1本、

長ネギも1本、絹豆腐が半丁、厚揚げ1枚、突きこんにゃくが100グラム、

水800ミリリットル、昆布出汁1袋、醤油10ミリリットル、

白出汁を35ミリリットル用意しましょう。

1、豆腐を残して、他の食材を丁度良い大きさにカットしましょう。

2、水800ミリリットルで20分煮込みます。

3、煮込んだものに豆腐と調味料を全部投入して2分から3分ほど煮ます。

4、白出汁は醤油を入れた後に少しだけ入れるようにしましょう。

まとめ

けんちん汁は、有名なお寺が起源となっていたのですね。

しかも、けんちん汁は関東で食べられているということで、

他の地域では、別の食事が節分の定番となっているようです。

関東にお住まいでなくとも、ヘルシーなけんちん汁を食べてみませんか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ