ハイライトとローライト違いや値段は?色落ちヘアケアはシャンプー?


個性的な魅力のハイライトとローライト!

そんなハイライトとローライトの違いや

値段は別料金なのかなど、

色落ちしない方法をご紹介します!!

きっとあなたもハイライトとローライトをやりたくなること間違いなし!!

スポンサードリンク

ハイライトとローライトの違いは?

camerancollage2015_06_24_030719

camerancollage2015_06_24_031010

普通のカラーだけでは飽きてきたけど

ハイライトとローライトの違いが分からず諦めて

普通のカラーをしている人も多いと思います!

しかしハイライトとローライトの違いは凄く簡単なのでご紹介します!

まずハイライトについてご紹介します!

ハイライトとはベースカラーを暗くして部分的に明るい色を入れます。

そうすることでパーマを綺麗に見せたり

重くなりがちなロングヘアも軽く見せることができます。

主にフェイスラインに入れると小顔効果も期待されます。

暗い髪色は直ぐに飽きますが

ハイライトなら暗い髪色でも飽きがこないと思います。

次にローライトについてご紹介します!

ローライトとはベースカラーを明るくして部分的に暗い色を入れます。

そうすることで影ができ奥行き感や立体感が出て

重くなりがちなヘアスタイルも綺麗に見せることができます。

明るい髪色は引き締まって見えないというのが難点でしたが、

ローライトで部分的に暗い色を入れると引き締まって見え、

小顔効果も期待されます。

部分的に暗い色を入れることで

派手さが抑えられ明るくしたいけど派手すぎは嫌という方にオススメです。

値段は別料金!?

ハイライトとローライトの値段が気になりますよね!

そしてベースカラーとは別料金なのかなどご紹介します!

ハイライトとローライトの値段は同じなのですが、

美容室によってベースカラーの料金にハイライトと

ローライトの料金が入っていない可能性があります。

なので美容室のホームページを見るときは

ハイライトとローライトは別料金と書いていないか確認し

美容室にも問い合わせてみましょう!

そしてロングヘアとショートヘアで値段が違う美容室や

本数や入れる部分で料金が違う美容室があるので

問い合わせてみることが一番ですね。

行き着けの美容室でハイライトやローライトをやっていない場合は、

電話でハイライトやローライトについて詳しく教えてくれる美容室がオススメです!

スポンサードリンク

色落ちしないヘアケア方法は専用シャンプー!?

camerancollage2015_06_24_031639

ハイライトやローライトは普通のカラーと同じく

ヘアカラーなので色落ちも、もちろんあります!

できるだけ長持ちさせたいですよね!

ヘアケアで長持ちさせる方法を教えちゃいます!

ヘアカラーをして24時間以内にシャンプーをすると

色落ちが早くなってしまうので24時間後にシャンプーをしましょう。

そしてヘアカラー専用のシャンプーや

トリートメントを使うと色落ちしにくい髪になります。

ヘアカラー専用のシャンプーやトリートメントは値段がお高いので

安く済ませたい人は酸性や弱酸性の洗浄力が優しいシャンプーを使ってください。

ラウレス硫酸やラウリル硫酸は洗浄力が強く

色落ちが早くなってしまうので

成分が書いてあるところをよく見ることをオススメします。

ドライヤーの乾かしすぎで乾燥してしまい

キューティクルが剥がれ落ちてしまうと色落ちの原因にもなりますので

最後は冷風で仕上げてください。

このヘアケア方法でできるだけ長持ちさせることができるので是非お試しください!!

ドライヤーの記事に関してはこちらにあります!!

↓ ↓ ↓

ドライヤーで髪を早く乾かす方法とは!?

まとめ

camerancollage2015_06_24_031821

ハイライトやローライトをやってみたくなった方もいるのではないでしょうか?

ハイライトやローライトの違いは難しいと思いましたが

実は凄く簡単ということが分かりましたね!

直ぐに色落ちしないヘアケア方法で長持ちさせることにより

髪質も変わるので是非お試しください!

そして個性的な魅力が溢れているハイライトやローライトを楽しみましょうね!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ