ボトックスでエラ改善での効果とは?やりすぎたその後の危険性も!!


エラが張っている方は、そのエラを気にされていることもあるでしょう。

そんな時には、施術を受けることで改善できたら嬉しいのではないでしょうか。

それなら、ボトックス注射というものがあります。

さて、ボトックス注射はエラに効果があるのでしょうか。

そして、危険性などについてはどうなっているのでしょうか。

今回は、ボトックスをエラに使う場合についてご紹介したいと思います。

ボトックスによるエラの効果とは?

スポンサードリンク

首

ボトックスは、手術をすることなく小顔を手に入れたい方に適しています

ボトックスは、ボツリヌスというものを注入する方法です。

これはたんぱく質の種類であり、注射した部分の筋肉を弛緩させることができるんです。

小顔になれるように、『咬筋』というものを咀嚼する筋肉に注射をするんですね。

小顔になる施術法の中でも短い時間であまり負担もなく効果が得られるでしょう。

もちろん、エラにも効果的なんです。

ボトックスの効果は、3週間ほどで現れてくるでしょう。

FDAに認可されているのは、アメリカのアラガン社のものとなっていますので、

そちらをご利用になるのも手段の1つですよ。

何回も打たないとダメ?通院の必要性は?

注射2

ボトックス注射は、1回打っただけでも2割から3割ほどの効果は半永久的に得られるものなんです。

それでも、薬が薄かった場合や打つ位置が正しくなかった場合には、

割と早い段階でエラが元通りになってしまうんですね。

とは言え、3回ほど注射をすればとてもエラが目立つ方も改善できますよ。

通院の可能性はない少ないとも考えられるでしょう。

やり過ぎ注意?その後のエラの状況はどうなるの?

肌荒れ2

ただ、エラにボトックスを注射するならやり過ぎに注意をしましょう

なぜなら、老けたように見えてしまうからなんです。

女性なら、老けるのは避けたいところでしょう。

ボトックスは、筋肉を縮小させて小顔にする方法なんですね。

それによって、1週間もすれば筋肉の縮みも実感でき、顎がシャープになってくるはずです。

しかし・・・筋肉は縮むものの、皮膚はそのままなんです。

ということは、余った皮膚がたるんでしまうという状況になるんですよ。

そういったことから、老けて見えることがあり、あまりやり過ぎないことが大事なんです。

ボトックスをエラに注射する危険性とは?

スポンサードリンク

副作用などは?

ボトックスは、痛みや腫れなどの心配はありませんが、内出血などが見られることがあるでしょう。

それでも、時間が経てば収まっていくでしょう。

また、施術を受ける医院によって仕上がりに差が出ることが予想されます。

そして、ボトックスの効果が強く出ることも稀にあります。

そうなった場合には、一時的ではあるものの表情が変わることもあるでしょう。

製造国の確認も大事

アメリカ1

さらに、ボトックスは人の血から採られた『血清アルブミン』が僅かに含まれているんです。

そういったことから、血液からの感染が予想される、C型肝炎やHIVなどの感染が心配されるんですよ。

とは言っても、製造される段階で感染した『血清アルブミン』は取り除かれます

アメリカなどの製造国ではしっかりと検査をしていますし、問題はないと言えるのではないでしょうか。

ただ、アメリカやイギリスといった製造国のものではない、

安価な他外国製造のボトックスが使われていることもあるので、その点については注意が必要ですよ。

まとめ

ボトックス注射は筋肉を柔らかくすることで小顔にしてくれます

1回の注射で済むことも多いので通院せずに済むこともあるでしょう。

また、半永久的に効果を持続させることも可能となりますよ。

ただ、あまりにもやり過ぎてしまうと皮膚がたるんでしまうので、注意が必要になります。

さらに、アメリカなどで製造されたものはしっかりと検査がされていますが、

安価な他の外国製のものは注意が必要でしょう。

スポンサードリンク

・「ボトックス注射による手汗などの多汗症克服について」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ