赤ら顔の治し方はフォトRFアドバンスレーザー治療!1回で効果あり!


赤ら顔って聞いたことがありますか?

顔の頬付近を中心に「顔が赤い状態が続く」状態を言います。

酔ったように「鼻」「頬」などが赤くなる「酒さ」とは違います。

友達や家族から顔赤いよと言われるのはもううんざりですよね!

そんなときは美容皮膚科でのレーザー治療「フォトRF」で治療するのがオススメです。

私は男で赤ら顔なので、悩みの種。

ずっと家で自力で治す方法を行ってきましたが、全く改善しなかったのです。

そこで、治す方法の最終手段として「医療レーザー」で改善を試みることに。

しかし、予想を超える効果があったのです!!

1年前からいきなり赤ら顔に!!

スポンサードリンク

赤ら顔はいつも顔が赤いという状態で、気温の差が激しい時だけ顔が赤くなるなどではなく、

常に赤い状態が続く症状が出た時、それは「赤ら顔」と呼ばれるものとなります。

この赤ら顔になると、正直治すのは非常に困難な状態となります。

顔にある無数の毛細血管が顔表面に浮いて見えるようになるというのは、

顔の皮膚が薄いのと毛細血管が開いている(拡張)状態で、赤血球が増加することにより、

血流が悪くなり、顔表面が赤く見える「赤ら顔」と言われる「毛細血管拡張症」という病へと発展します。

赤ら顔の治し方

血流が悪いからこのように赤ら顔になるというのはわかっていたため、いろんな方法で改善を試みました。

入浴による血流の改善やミネラルウォーターを1日2L以上飲むことや、顔を冷やしたり温めたりを繰り返したり、

そのほかには「セラミド入り化粧水」である「メディプラスゲル」を使用したりしていました。

しかし、一向に改善されず。

男なので、メイクなどはしない為に隠す方法といえば「マスク」などになりますが、

正直マスクをずっとつけるのもシンドイ。

ということで、日焼けをして赤みを黒い肌によってカモフラージュしようと思いついたのです。

しかし、逆効果。

紫外線は肌への負担が大きかったのか、黒くなった肌の上に赤い肌が見える状態に。

ネットで調べていると「赤ら顔はレーザー治療」というのを見つけ、すぐに無料カウンセリングを受けることに。

湘南美容外科にて無料カウンセリングをしてもらった結果

湘南美容外科京都院

早速、美容皮膚科のある「湘南美容外科」にて無料カウンセリングをしてもらう事に。

すると、私の肌は「赤ら顔」なのか「肌荒れ」による赤みなのかが微妙という判断に。

そこで、本来は「赤ら顔」に効果のある「フォトRFアドバンス」という医療レーザーにて治療を考えていたのですが、

それだけでなく「ケミカルピーリング」という角質洗浄を行うことでニキビなどの肌荒れを改善すること、

そしてイオン導入にて肌の奥に美容液を浸透させて保湿を行い、肌の改善を行う事も必要かもしれないという判断でした。

私の症状は「頬」「こめかみ」において赤くなっている状態で、頬に関しては「細かいブツブツ」がある状態でした。

「かゆいなどの症状はありませんか?」と聞かれ、ほとんどないですと言いました。

すると「赤ら顔」に関してはフォトRFアドバンスによって改善しますが、

肌のブツブツしたニキビ等の改善を行うには「ケミカルピーリング」「イオン導入」も取り入れてみてはと言われたので、

イオン導入を取り入れることにしました

聞いてみると「フォトRFアドバンス」に「イオン導入」だけでも肌の保湿を行うきっかけを作れるから

イオン導入だけでもニキビ等の治療にはなるという事でした。

なので、無料カウンセリング後に「フォトRFアドバンス」「イオン導入」をセットで行う事に。

フォトRFアドバンスは痛くない!!

赤ら顔の治し方

まず、フォトRFアドバンスにて治療を行いましたが、

施術時間は15分程度で、顔全体をまんべんなく治療していきます。

このフォトRFアドバンスは光エネルギーを顔に照射していき、しみやヒゲの濃い所には若干の痛みが走ったものの、

ほとんど痛みはなく、痛い部分に関しては「軽くつねられる程度」のものです。

ヒゲ脱毛などに比べたら全く痛いと思わない物でした。

顔の片側ずつ、厳密には頬・鼻・鼻下・アゴ・おでこといった部位ごとにレーザー治療していきます。

照射する前にひんやりとしたジェルを塗られ、レーザーを照射するとともに瞬時に急激に冷やされるので、

これがかなり冷たかったです。

この冷たさは痛みより辛いものがあります。

あっという間に治療終了!!すぐに効果はあるのか?

スポンサードリンク

フォトRFアドバンスは約15分程で終了しますが、体感的にはあっという間に終わった感じです。

私はその後、顔のジェルをいったん洗いに行き、再度同じ場所で「イオン導入」を行いました。

イオン導入はもっと痛みが少なく、顔に弱い振動が走っている程度で、気持ちよくて寝てしまいそうなほどでした。

そして、これらの治療後は「化粧水」などの保湿を行い、すべて終了となります。

フォトRFアドバンスとイオン導入に関してはダウンタイム(クールダウン)の時間は無いので、

すぐに帰ることができるのも良い点です。

終った感想としては、特に変わった点は無しというのが率直な感想。

微妙に「うるおい」「ハリ」が感じられる程度だったので、正直、

本当にこんな医療レーザーでたかが15分程照射しただけなのに効果が出るなんてと思っていました。

結果は「すぐには効果は出ない」という事が判明しました。

ただし、これは事前説明されているもので、すぐに効果が出るのではなく、

数回のレーザー治療が必要で、1か月1回ペースで半年の期間は治療期間として専念するのが望ましいという事です。

肌や髪には「周期」というものがあるために、約1か月でどんどん新しい肌へと変わっていくことから、

医療レーザーの効果はすぐに表れないのです。

1回で効果が出た!?

治療直後ではほぼ何も感じ無かったといいました。

しかし、その後に効果が出たのです!!

それは約3日後の事で、鏡で自身の顔の赤みをチェックしていると、

前とは明らかな違いが出ていました。

それは「ブツブツ」が無くなっていたこと。

そしてそのブツブツがなくなったことによって赤みが少なくなっていたのです。

マジか!!と思いつつ、もっと細かく見てみると、明らかに肌の質感が変わっていました。

キメの細かさが出てきていて、弾力若干増しており、何より「美白化」していました。

ただ、美白化に関しては「フォトRFアドバンス」にて多少の産毛の脱毛の可能性があるという事から、

産毛が減ったことで顔の透明感が増したのかもしれませんが、それでも明らかに肌の透明感を感じました。

そして約1週間後、驚きの効果が出ていました。

画像で見てもらうとわかる通り、前よりも確実に赤い部分がなくなって、本来の肌色に近づいています。

最初の画像は施術前の赤ら顔に悩む時の画像です。

赤ら顔の治し方

赤ら顔の治し方

これ、自分でビックリしているんですけど、フォトRFアドバンスを1回受けただけの効果です。

光の具合も少し違うのですが、治療後の方が明るい所で撮っているため、

この施術後の肌が本当の肌です。

むしろ施術前の悩んでいるときの画像は暗い場所なのにあの赤さ。

この治療は複数回やらなければいけないというレベルではありますが、明らかに効果が出ています。

また、画像にはないですが、頬にくっきりと毛細管が見えている部分がありましたが、

その毛細管が見えなくなっていたというのも驚きです。

この見えていた毛細管は子供の頃から見えていたもの。

家で自力で治すなんてやっぱり無理があると感じた瞬間でした。

だって、1度広がった血管を化粧水や水・お湯で血行促進とかいろんな事やっても、

体の表面の傷を治すわけではないので、簡単に治ることは無いのです。

もちろん、治った方もいるでしょうが、それまでにセラミド化粧水やら、

水道代やらストレス面を考えると「コスパ」が悪いと感じています。

その反面、湘南美容外科にてフォトRFアドバンスを1回受けただけで、

4割の赤みと9割のブツブツがなくなったのは明らかに最強なコスパだと感じています。

この赤ら顔になったのは1年前。

この1年、いろんな方法を試して、4000円のセラミド化粧水やパック、氷で冷やすなどなど、

お金と時間を掛けていましたが、正直「早く来たら良かった」と思ったほどです。

まだ、完ぺきではないので、これから複数回治療しようと思いますが、

私の場合は「イオン導入」によって普通の美容液では肌の表面下にしか浸透しないところ、

イオン導入によって肌の奥に美容液を浸透させることをプラスして行っています。

なので、フォトRFアドバンスによる効果はあると感じますが、

イオン導入にてプラスαの恩恵があるという事も書いておきます。

実はイオン導入の効果かな?と思う事があり、それが「むくんでいるのでは?と思うくらいハリが出ている」という事。

頬の厚みが良い意味で分厚くなったように感じているのです。

もちろん、これは肌下に美容液が浸透しているだけなのでしょうが、

明らかに保湿効果の恩恵、そして肌のハリが出ていると感じています。

フォトRFアドバンスの効果を最大限発揮するなら「ピーリング」「イオン導入」などを取り入れることをお勧めします。

本当に1回で効果が出るのは自分でもびっくりしています。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ