生まれつき目の下にクマがある原因とメイク要らずで消す方法!!


目の下にできるクマは、寝不足などでもできてしまうこともありますよね。

しかし、生まれつき目の下にクマがあるという方もいらっしゃるんです。

クマがあると何だか老けて見えてしまうこともありますので、

なるべくなら治したいところです。

では、どういった改善方法があるのでしょうか。

そこで今回は、生まれつき目の下にクマができてしまう原因や、

その対処法、改善法について探っていきたいと思います。

生まれつき目の下にクマがある原因

スポンサードリンク

血行不良により、目の下にクマができることをご存知でしょうか。

血行不良は、目輪筋がきちんと働いていないことも理由なんです。

また、遺伝によって目輪筋がうまく働かないこともあるんですね。

それによって、生まれつき目の下にクマができてしまうんです。

子どものころから何故か目の下にクマがあったという方は、

元から目輪筋が弱いことも考えられるんですよ。

さらに、目の下の皮膚が薄いことでも、

生まれつき目の下にクマができてしまうことがあるようです。

大人になっても消せるのか

クマ

 大人になってから消せるのだろうかと、悩むこともあるかもしれません。

大人になってからであれば、費用をかけて施術を受けるなどして解消する方法もありますよ。

クマによって老け顔になってしまうのを打破するのなら、

大人になってからでも遅くはないということも言えるんです。

子供の時から対処した方が良い?

子供18

 大人になってからクマが気になりだすと言う方もいるでしょう。

しかし、子どものころからクマを気にされている方もいらっしゃるかもしれません。

若いころから老けて見えるのも嫌なものですよね。

大人になってからでも対処は遅くないと前述いたしましたが、

子どものころから対処をすることも一案なんですよ。

メイク要らずで消す方法!!

スポンサードリンク

青いクマができた場合には?

生まれつき皮膚が薄いと、青いクマができることがあるんです。

そんな青いクマには、血行を促進させるマッサージをしてあげるのはいかがでしょうか。

両手の薬指をクリームを乗せて、目頭辺りからこめかみ部分まで、

そして、まぶたから外側にかけてマッサージをしてあげましょう。

皮膚を無理して引っ張ることや擦らないようにすることがポイントですよ。

コラーゲンもカギ!

青クマを消すなら、コラーゲンを摂ることも大事なんです。

週に一度ピーリングをすることも有効ですし、

レチノールが配合されている化粧品を使用することも良いでしょう。

冷たいものの飲食は避けるべき!

クマは、血行が大事ですので、血流を良くするために冷たいものは飲食しないことが大事ですよ。

また、美容成分を摂るようにするために、野菜や果物も積極的に摂りましょう。

さらに、水分補給も大事ですよ。

有酸素運動をするのも手段!

ジョギング2

血行不良が原因となる青クマは、

ウォーキングやヨガといった有酸素運動をすることも選択肢なんです。

また、半身浴をするのもうってつけですね。

それ以外にも生活習慣を整えることも大事であり、

睡眠不足や喫煙なども血行を悪くしてしまうので、気を付けましょう。

サプリメントでクマをなくそう!

目のクマをなくすには、カシスのサプリメントも適していますよ。

カシスにはアントシアニンが含まれているんです。

肌の色を明るくしてくれるので、目のクマにも効果が期待できるんです。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

どうしても消えない場合の対処法!

生活習慣や老化といったことが原因ではなく、

生まれつきという場合でクマがあるならば、

皮膚科などで相談をされることも一案なんです。

皮膚科の場合は、レーザーで治療をしてもらえる他に、外用薬も用いられるんですね。

メスは使いませんので、怖がることはないでしょう。

また、眼科でも目の下のクマを取り除いてくれるんです。

自助努力で治そうと思っても、なかなか治らない場合もあります。

そんな時には、病院を訪れるのも一案なんですよ。

まとめ

目の下のクマというのは子供の時から対処していればいいというのは間違いないですが、

大人になったからと言って遅いと言う事にはなりません。

しかし、大人になると子供の時みたいに健康はおろそかになりがちです。

なので、適度な運動や、栄養バランス、そしてしっかりと日ごろからケアをしていくと

大人であっても次第に治っていきますので、焦らず毎日コツコツと積み重ねていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ