秋の寝不足ではない!髪の細い薄毛はなぜなのか?治ることはあるの?


秋になると髪の毛が薄くなったり、抜けたりしませんか?

春と秋の季節の変わり目には特に薄毛には気を付けた方がいいと言います。

では何故薄毛は季節の変わり目に多いのか、考えてみましょう!!

スポンサードリンク

秋と寝不足で薄毛になった?理由は?

髪6

寝不足で薄毛や抜け毛が出てきたという人はかなりの人数に上ると思います。

睡眠不足が続くと、ニキビが出来たり肌荒れになったりしませんか?

頭皮も肌と同じなので、肌に異常が起きているようなら

頭皮にも異常が起こっていることが考えられます。

睡眠中は、1日の中でも最も髪を成長させる時間帯なのです。

人間にとって必要な睡眠は、身体の休息、修復、成長の3つの働きがあります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンといわれるホルモンの一種です。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、細胞を活性化させ機能回復を即すわけです。

睡眠中に髪が最も成長するといわれているのも、

この成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯だからです。

健康な髪を育てるには成長ホルモンは必須なのです。

寝不足だけでは薄毛にはならない?

睡眠2

秋本番となってきましたが、昼間は結構熱く感じますね。

気候的には穏やかな季節に向かっているとはいえ、

髪や頭皮は夏の紫外線にさらされ想像以上のダメージを受けています。

このダメージを放置しておくと、薄毛や抜け毛の原因ともなります。

頭皮の悩みで相談に訪れる人は、秋口が多いって知っていましたか?

夏のダメージが一気に秋口にやってくるのです。

冷たい飲み物や麺類などを多くとる、夏ならではの食生活もかなり影響をしているようです。

体を冷やしてしまう食べ物は頭皮の血流を悪くするため、

毛根に酸素が行き届かず、その結果薄毛や抜け毛を誘発してしまうのだそうです。

血流がスムーズであれば健康の証なのです。

毛髪で気になることがあれば、冷たいものはなるべく避けて、

豆腐や納豆などの豆製品や亜鉛を含むヒジキやワカメ、

アーモンドなどを摂取するようにしたいものです。

スポンサードリンク

髪が細くなるのは栄養が足りない証拠?

髪5

髪が育つために必要な栄養分は、

頭皮の毛細血管から血液を通して毛根に供給されます。

しかし夏場の食欲不振による栄養不足や、

冷房での血行不良が起きると栄養が十分に運ばれなくなり、

元気な髪が育ちにくくなります。

その結果、髪がパサつく、やせて細くなる、抜け毛が増えるといったトラブルが起きます。

髪は「ケラチン」というたんぱく質で出来ていて、

主にその元となるのが含硫アミノ酸です。

髪の栄養を補うには、含硫アミノ酸を含む食品を積極的に摂ることが必要です。

さらに、ビタミン・ミネラルも髪の成分には欠かせません。

食事でこれらの栄養を色々な食品からバランスよく摂るようにしましょう。

細くて薄くなった髪を太く治す方法は?

髪4

髪の毛がしっかりと成長していかないと

太い髪の毛が作られずに細い髪の毛になってしまいます。

その原因となっているのが、

  • 栄養不足
  • サイクルの乱れ
  • 頭皮や髪にダメージがある

大きく分けてこの3つの原因があると髪の毛は太くならずに、細い髪の毛になってしまいます。

そこで細くなった髪の毛を太くしていくことが大事です。

太い髪の毛を作っていくには細くなってしまう原因を改善していく必要があります。

  • 食事
  • 睡眠時間
  • 頭皮ケア

上記2点に関してはお話をしてきましたので、

ここでは頭皮ケアについてお話ししましょう。

頭皮が固くなってしまっていたり、血液の流れが悪い血行不良。

痒みや痛みなど頭皮や髪の毛に何らかのトラブルやダメージがある。

こうなると髪の毛を太く育てていくための栄養が行き渡らなくなってしまいます。

それを防いでいくために頭皮マッサージ

血行促進や髪の毛の洗い方などで頭皮のケアをしっかりやっていくことです。

シャンプーなどは、現在色々なものが販売されていますが、

薬剤師さんなどに聞いて自分に合ったシャンプーを選べばいいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

誰しも好きで薄毛になったりする方はいませんよね。

薄毛や抜け毛は、日頃のケアと睡眠と栄養だということです。

あまり悩むのもストレスが溜まっていけないかもしれませんので、

悩まずに今お話をしたことを実践してみてください。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ