モンハンクロスにG級は無いし武器強化めんどい!?評価と感想まとめ


カプコンの代表作の1つともなった「モンスターハンター」。

これまで「4G」まで登場して、累計がなんと3300万本という人気から

今後も期待される中で2015年の11月28日に

「モンスターハンタークロス」が発売と言う事で更に活気づいていますが、

そのモンスターハンタークロスのメリットやデメリットなどの評価や

感想などをメインにまとめてみました!!

スポンサードリンク

モンハンクロスの新機能とは?

はてな3

新作が出るごとに当然「機能」も追加されるのですが、

このモンハンクロスには色々な新機能が加わっています。

狩技

狩技(かりわざ)という新機能が追加されていて、

これはモンスターにダメージを与えることで「狩技ゲージ」というものを溜めることができ、

溜まることで「狩技」と呼ばれる大ダメージを与える事ができる「必殺技」が追加されています。

武器が14ジャンルで多数の武器がありますが、

武器共通で使える狩技もあれば、その武器でしか使えない狩技もあります。

狩猟スタイル

狩猟スタイルが種類存在し、その4種類のスタイルから1つ選択して

クエストに向かう事になる。

その狩猟スタイルは「戦うプレイスタイル」と言う事です。

その4種類の特徴を説明します。

☆ギルドスタイル☆

今までプレイしてきたモンスターハンターとプレイスタイルはほぼ変わらないスタイル。

バランス重視という1番やりやすいスタイルとも言えます。

☆ブシドースタイル☆

こちらはテクニシャン系。

相手をおびき寄せて回避動作などを行う事で「力強い反撃」ができるようなスタイル。

☆ストライカースタイル☆

このスタイルはまさに攻めまくる方にお勧めのスタイル

狩技は複数持つことが可能なのですが、3つまで持つことが可能なので、

ガンガン攻めたいところですね!!

☆エリアルスタイル☆

こちらはジャンプに特化したスタイル

仲間やモンスターなどを踏んでジャンプした後は、

空中での攻撃アクションを使い巧みにダメージを与えることができるスタイル。

ニャンター

ニャンタースタイルというのも追加されています。

本来は「オトモアイルー」が存在していて、COMがヘルプに回ってくれたりしていましたが、

今回は「ニャンター」として、自身でプレイを出来るようになっています。

「攻撃」もできれば「回復」などの補助的要員になれるので、

いざという時にいると助かる存在となっています。

ニャンター最強説!?

ハンターモードとニャンターモードがあるのですが、

ハンターは今まで通りハンターで狩猟をおこなう。

ニャンターはCOMのオトモアイルーが自身でプレイできるようになっている。

このニャンターは実はかなり使える重要なキャラクターになっているんですね。

ニャンターは良い所尽くし!!

リア充

ニャンターの良い所として、

  • 「可愛い」
  • 「攻撃ができる」
  • 「回復役に回れる」
  • 「仲間の強化役に回れる」
  • 「地面に潜れる」
  • 「ずっと走れる」
  • 「ダウンするとどんぐりを食べて復活出来ること」
  • 「移動や段差などが異常に早い」

このように、良いところがいっぱいあります。

ですが、当然攻撃をしてもハンターみたいにダメージを加点することは難しいですし、

あくまでもヘルプの要素は強めです。

ですが、このニャンターの使い方次第でそのクエストの内容に大きな影響をもたらすでしょう。

武器の強化がめんどくさい!?

武器強化

武器の強化がめんどくさいと言われています。

というのも、武器の強化には素材が必要で、その素材を全て集めると武器の強化ができ、

○○・改などの武器名に「改」などがついて攻撃力や切れ味の強化がされていました。

今回、めんどくさいと言われている理由が「武器レベル」となったからです。

この武器レベルというのは○○・Lv3などといったように、

武器の後に「改」ではなく「Lv」がつくようになっています。

これも同様、攻撃力と切れ味の向上につながります。

実はこれ、「やる事は同じ」です。

レベルを特定のレベルまであげると武器の派生が新たに出る。

ただし、その新しく派生した武器はまたレベルが1からのスタートとなります。

めんどいのはめんどいですが、やることは意外にも変わっていないんですね。

なので、めんどくさいというのも実はそうでもなかったりします。

G級は存在しない!?

モンハンの中ではG級クエストまでいくと上級者ですね。

G級となると装備なども強力な武器が作れるようになったりする楽しみもあるのですが、

このモンスターハンタークロスでは「亜種」「G級」が存在していないようです。

これ、今までに何本か購入している方であればわかるかと思いますが、

G級が登場するのは「2ndG」「3G」「4G」とゲームタイトルに「G」が入っています。

今回のモンスターハンターには「G」が無いことから、G級は無いとされているのですが、

裏を返せば、「XG(クロスジー)」が今後登場する事も想定しての発売なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

評価・感想として

ひらめき2

周りの評価や感想として、やはり待ちわびていた方は非常に大きく、

すでにプレイをしている方からは

  • 「アイルーが優秀」
  • 「武器強化めんどい」
  • 「亜種全くいない」
  • 「4Gが微妙だっただけに今回は良い」
  • 「雪山があることが最高」
  • 「引き継ぎができない」

など、様々な意見はあるようです。

また、発売日当日からダウンロードコンテンツとして

「はちみつ99個」などのコンテンツもあったりして、内容も充実させようとしている面も見られる。

このモンハンクロスが期待通り大ブレイクすれば以下の事が起きるかもしれない。

モンハンがストファイ越え

このモンハンは累計3300万本売れていますが、

カプコンの累計ランキングを見ると以下のようなランキングとなっています。

  1. バイオハザード 6600万本
  2. ストリートファイター 3600万本
  3. モンスターハンター 3300万本

となっているが、このモンハンクロスが大ブレイクを起こせば

今回で「ストリートファイター」を超える第2位という記録も考えられる。

このことから、クロスに期待度がより一層かかるのですが

どちらにせよ今後は越えてくるのは見えているのは確かですね。

「モンハンクロス」でのGが出ないというのも

「モンスターハンターXG」が発売されるという前提と言う話もあるので、

今後ますます期待が高まりますね。

まとめ

新機能や評判から見ても今回は「原点回帰」と言われているほど

シンプルな作りにはなっている模様。

ですが、遊び要素もたっぷりあるので楽しめる度は十分あるでしょう。

ただ、「亜種」「G級」が無いことや「武器のレベル制」というのが

物足りなさやめんどくささなどを煽っていることから、

メリットデメリットある中で今後のXGも売れそうですね!!

スポンサードリンク

モンハン関連の記事はこちら

「モンハンクロスのオンラインで乗り攻撃がやりたい放題www」

「USJのモンスターハンター2016について」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ