納涼の意味はどんな意味?避暑との違いはわからない人はこちら!


暑い夏は、どうにかして涼しさを求めたくなるものではないでしょうか。

屋外にいる場合には特に、冷房の効いた場所に行きたくなりますよね。

『涼しくする』と言う意味合いのある言葉に、『納涼』や『避暑』というのがあります。

よく、納涼船だとか避暑地に行くなどといった使われ方もされるでしょう。

納涼や避暑という言葉は似ているようですが、どういった違いがあるのでしょうか

今回は、納涼と避暑について探っていきたいと思います。

あなたもこれからは、納涼と避暑を使い分けてみてくださいね。

納涼の意味とは?

スポンサードリンク

納涼は、夏真っ盛りの暑い時期にその暑さを避けることを目的として、

快適さや涼しさを得るために趣向を凝らして(納涼床など)、

それを自身で堪能することです。

物理的に遠くにある避暑地に行けない方などが

体を冷やすことのできる飲食(アイスなど)をすることなども

当てはまるのではないでしょうか。

避暑又は避暑地の意味とは?

避暑地

避暑は、暑さを避けたいと言う時に

涼しい場所(気候面で)に出向くことを避暑と言いますよ。

そして、その『避暑』で訪れた場所が避暑地と言います。

避暑地では、長野の軽井沢などが有名ですね。

また、北海道の道東(根室などのあるオホーツク海方面)も、

緯度が高く避暑地と言えるでしょう。

結局は納涼と避暑はセット?

避暑地2

暑さから逃れたいという状況であることが納涼も避暑も前提になりますね。

根本的には、避暑地において避暑ができない場合に、

身近で涼しい気分を味わうというのが納涼の定義と言えます。

ただ、暑さを避けられる場所である避暑地に行くことが、

避暑となりますし、その避暑地で涼むことが納涼とも言えます。

よって、避暑をすることで、納涼にもなるという点で、

避暑と納涼はセットとも言えるのではないでしょうか。

納涼と避暑の違いを例で説明!!

スポンサードリンク

コンビニでも納涼と避暑ができる!

避暑は、暑さが嫌なのでそれを避けるためにコンビニに行くことなんです。

そして、その行った先であるコンビニが避暑地と言うことができますよ。

また、その暑さをコンビニで凌ぐ(温度差などで)

という行為が納涼ということになりますね。

コンビニにちょっと立ち寄るだけでもすーっと体を冷やすことができるので、

暑い夏にはぴったりとスポットでもあります。

図書館での納涼・避暑も手段の1つ!

図書館

あなたの街にも図書館があるかと思いますが、

図書館も夏場は冷房を効かせているのではないでしょうか。

本を読んだり借りるだけでなく、暑さを避けるためにも図書館はうってつけです。

暑さを避けるために図書館に行くことも避暑であり、図書館は避暑地となります。

そして、その図書館で体を冷やすことを納涼と言うんですね。

納涼も避暑も自分の基準次第で決まる!?

涼しい

夏場に暑さを凌ぐとするなら、色々な場所で実現することができますよ。

納涼船などに避暑に行き、涼むと気持ちが良いことでしょう。

しかし、そういったお金をかけなくても街中の様々な場所で納涼や避暑ができるんです。

例えば、ちょっとした買い物のためにコンビニを訪れることも避暑になりますよね。

それに、スーパーも夏場は特に冷房が効いているのではないでしょうか。

避暑に行き納涼するのにも適したスポットなんですよ!!

ぜひ、あなたのお手軽な場所で納涼・避暑をしてみてくださいね。

まとめ

納涼は、工夫をしたりして快適さなどを作ることなどを指すのですね。

そして、避暑は暑さを避けるためにどこかへ移動することであり、

その移動した先が避暑地となるのです。

夏場はコンビニやスーパー、そして図書館なども涼しくしているので、

避暑地として出向き、納涼をすることも手段の1つではないでしょうか。

あなたも、工夫をして暑い夏を乗り切ってください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ