札幌雪祭り2016の日程はいつからいつまで?会場事の見どころも!


日本の雪まつりで有名な「札幌雪祭り」。

実は世界三大雪まつりに入っているのは知っていましたか?

「中国のハルピン」「カナダのケベック」と「札幌雪祭り」なんですね!!

札幌雪祭り2

そのことから2015年の開催期間中での来場者数は「235万人」が訪れる大イベントです。

そんな札幌雪祭りの2016年開催に伴っての「日程」「見どころ」などについてまとめています。

スポンサードリンク

札幌雪祭り2016の日程・期間について

札幌雪祭り4

札幌雪祭り2016は例年通り、メインとなる「大通り会場」をはじめ、

「つどーむ会場」「すすきの会場」の3か所での開催となっています。

2016年の札幌雪祭りの日程は以下の通りとなっています。

  • 大通り会場→2016/02/05(金)~2016/02/11(木{祝日})
  • すすきの会場→2016/02/05(金)~2016/02/11(木{祝日})
  • つどーむ会場→2016/02/05(金)~2016/02/18(木)

この通りとなっています。

なので、メインとなる大通り会場では1週間の期間で終わりますが、

つどーむ会場はなんと2週間も開催されると言う事で、

全体で見てみると「2016/02/05(金)~2016/02/18(木)」なので

最大2週間の札幌雪祭りが楽しめる様になっています。

開催時間とライトアップ終了時間について

開催時間はつどーむ以外の会場では定められていません。

というのも、朝からいっても夜中にいっても入場不可という事は無いです。

ただ、常識的に楽しむ為の時間やライトアップという楽しみを考えると

いつでも見れるとは言い難いので、にぎやかになり始める時間と

ライトアップ終了時間を知っておくと、動き方のスケジュールも組みやすいでしょう。

朝でいうと7時~8時は比較的空いている時間帯となるので、

朝からいくのならその時間帯がオススメです。

夜はライトアップが終わってからでは暗くて魅力が減るだけなので

ライトアップ終了と共に帰るのが望ましいです。

またはすすきのまで行き、飲み屋街をうろつくのも良いですし、

反対側の札幌駅周辺の飲み屋などでもいいでしょう。

つどーむ以外は開催時間は決まっていないので、ライトアップ時間をご紹介します。

~ライトアップ時間~

札幌雪祭り3

  • 大通り会場→22時まで(夜10時)
  • すすきの会場→23時まで(夜11時)
  • つどーむ会場の開催時間→9時~17時(夕方5時)

つどーむに関してはドームなので、開催時間が設けられています。

場所に関しても少し離れているので、つどーむに行かれる方は

なるべく早く行くことをオススメします。

会場事の見どころについて

2016年も例年通り開催されることを初め、

やはり話題となったアニメなどを取り入れた様子が見受けられます。

世界から観光客が来ますし、日本のアニメは世界で大人気ですし

何より子供たちにだけでなく大人も好きな方は多いので、必要不可欠と言っても良いですね。

そんな札幌雪祭り2016年での見どころを見ていきましょう!!

大通り会場の見どころ

札幌雪祭り

☆2丁目☆

2丁目ではいよいよ開業される北海道新幹線をテーマにした雪像があります。

北海道新幹線が走る路線に近いとされる青森や函館にある代表的な観光名所である

「弘前城」や「五稜郭」や「赤レンガ倉庫」などが新幹線と共に展示されています。

☆3丁目☆

ここでは白い恋人 PARK AIRジャンプ台があります。

元々は「TOYOTA BIG AIR」の1次予選会として、

たくさんのトップスノーボーダーなどがここのジャンプ台で

最高のジャンプを見せてくれたのですが、

「TOYOTA BIG AIR」はすでに終了してしまったため、

1次予選ではないですが、それでも

トップスノーボーダーなどによるジャンプが見られるため

この3丁目でしかある意味いられないであろうイベントです!!

☆4丁目☆

ここでは今や世界で話題沸騰の「進撃の巨人」が登場します。

リアルに作られた巨大「エレン」がと札幌の時計台などがうまくコラボしていることもあり

ココでしか見られない「進撃の巨人」が登場します。

また、大阪のUSJでは2016年1月~6月まで

「進撃の巨人ザ・リアル2」という等身大のキャラクターなどが登場するので、

大阪の等身大と合わせてこちらの雪像で出来た「進撃の巨人」はオススメです。

「テレビ取材」に使われるポイントともなるでしょう。

☆5丁目西☆

台湾最北端にあるとされる「野柳地質公園」にあるクイーンズヘッドと

こちらも台湾にあるとされる平渓派出所のコラボ雪像があります。

ここではガラス張りのスカイランタンが幻想的世界へと引き込んでくれます。

ついついうっとりしてしまうほどの演出があり、

16時~19時までの3時間の間に計7回、30分毎に行われる

19万3924個からなるLEDイルミネーションが1回の公演で3分間開催されます。

これは1度見なければいけないものとなるでしょう。

もちろん夜に行くのがベストです。

☆8丁目☆

ここでも登場の「北海道新幹線」です。

同じく五稜郭なども展示されていますが、ここでの違いは

北海道新幹線の大きさが「等身大」であると言う事ですね。

ここで使われる雪の量もかなり多く、

地球上1番重いとされている動物である「アフリカゾウ」がなんと

約153頭分ともなる「1300トン」の雪が使われると言う事で

大きさがどれほどか、見ればわかります。

☆11丁目☆

ここでも話題のアニメ登場!!

2016年でアニメ放送30年を迎える「ドラゴンボール」が雪像となって登場です。

内容はアニメ最新作の「ドラゴンボール超(スーパー)」となっており、

超巨大な悟空とベジータがお出迎えしてくれます。

そのほかにもキャラはいますよ!!

ここもテレビ取材撮影ポイントとなるでしょう。

スポンサードリンク

つどーむ会場の見どころ

雪玉

つどーむでは雪像というよりは「親子そろって遊べるスノーレジャー施設」

となっており、雪の遊び場と言える場所となっています。

☆チューブスライダー☆

これは恒例ともいえる滑り台にドーナツ型の浮き輪のような

乗り物に乗って滑るアトラクションです。

4歳以上限定となっていますが、100Mという長い距離滑ることができる

ココでしかできないような体験ができます!!

☆ワクワクスライダー☆

これも同じくチューブスライダーなのですが、

違いは「親子で体験できる」という点です。

年齢制限がなく、少し不安という方でも

子供と一緒にスライダーを滑る事ができるので、

親子で楽しめて最高の滑り台となっていることです。

☆スノーラフト☆

スノーモービル

これは渓流下りなどで使われる「ラフティングボード」と

スノーモービルをつないで平に均された雪上をスピード感ある動きで滑走します。

ただ、年齢制限はないものの大人で600円かかり小学生以下で400円かかるので

何度も体験は難しいですが、1度の体験はした方が良いでしょう。

☆雪上パークゴルフ☆

ココでしかできないであろう「雪上でのパークゴルフ」。

芝などの均されているコースでなく、少し凸凹した力加減も難しい

雪上ゴルフも同じくここでしか味わえない面白い体験です。

ただ、レンタル代は発生し、1人300円かかる事に加えて

受付自体は16時までの受付を済ませなければいけないので、

早めに行う必要はあります!!

☆スノーボールチャレンジャー☆

ここでは「雪玉ストラックアウト」と呼べる、雪玉で標的目掛けて投げて当てるゲーム。

しかもこのイベントでは「プレゼント」も用意されてると言う事で、

平日で1回・土日祝で3回程のプレゼント大会を開催すると言う事です。

しかし、詳細は「会場」にて確認することが必要といえます。

☆つどーむ屋内グルメ☆

カニ3

雪での遊びは屋外となっていますが、

屋内では「北海道ならではの食材」が楽しめる様になっています。

もちろん屋外でも用意はされていますが、

屋内で休憩された方が暖かさも全然違いますし、

体力の回復の早さも変わるので、オススメは屋内での休憩です。

「ラーメン」を初め、「海鮮丼」「鍋料理」などの温まる事ができる食ばかりです。

すすきの会場の見どころ

このすすきの会場は大通り会場の隣なので、かなり近いです。

なので大通りを見てから最後にすすきの会場に行くのがオススメです。

規模は小さめなので、メインは大通りで決定とも言えます。

☆ニッカウィスキー看板前☆

すすきの

ここがメインでもあり、ここ以外はないと言っても良いのですが、

大通りからだと札幌駅前通り歩いていき、

左側にドン・キホーテや狸小路商店街などが出てきたら

目の前にあるのは「すすきの」です。

左斜め前には「ニッカウィスキー」の看板があり、右斜め前には「ラフィラ」があります。

右側手前には「ススマ」と地元では言われている

「すすきのマクドナルド」もあるのでわかりやすいでしょう。

交差点を無事に渡ると道の真ん中に「雪像」ではない「氷像」があります。

透明度の高い氷で作られた氷像です。

この氷像の中に北海道ならではの新鮮なカニなどが詰められている氷像もあります。

また、夜に行くと「ネオン街」ならではの灯りが「氷と光の反射」によって

綺麗な氷像と化するので非常に綺麗でオススメです。

飲み屋街なので見終わってもそのままみ飲みに行けますし、大通りまで戻ることも可能です。

また、「氷の女王」と言われる「すすきので働くお姉さま」が「ミス氷の女王」として

2名程選ばれていますので、綺麗なクイーンも見ることができるかもしれません!!

まとめ

見どころと言ってもオススメは全てとも言いたくなるほど

全てにおいて完成度が高いので、1度は見に行くことをオススメしたいです。

また、昼の祭りも良いですが、やはりライトアップされる「夜」は見ておいた方が良いです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ