栗は効能があるだけに食べ過ぎ注意!腹痛と便秘があなたを襲う!?


食欲の秋といえば、1位には秋刀魚が輝きますが、上位にくるのがやはり「栗」ですよね。

栗は甘栗や栗ご飯、モンブランなどなど、

いろいろな食べ方があるためについつい食べ過ぎてしまうなんてこともあるでしょう。

しかし、栗の食べ過ぎには注意が必要です。

もしかしたら、便秘となり、腹痛に苦しむことになるかもしれません。

ただ、適量を食べることは人間に対して、非常に効能があると言われています。

小さくて食べやすいので食べてしまいがちの栗ですが、

今回は、栗の効能や食べ過ぎた時の症状について詳しく解説します。

栗はカロリーが高い!?

スポンサードリンク

栗は栄養価が高く、カロリーも高いです。

栗は「ナッツ」に含まれる食べ物ですが、栗には主にでんぷんを多く含み、

ナッツ特有の脂質は控えめとなっているので、ナッツとしてはヘルシーとされています。

栄養価については、亜鉛などのミネラルを多く含み、ビタミン群も多く含んでいます。

特に亜鉛は、育毛や発毛への栄養となることや、味覚を保つ、免疫力を高めるなどなど、

人間のプラスになる要素しかないですので、栗は効果があることがわかります。

また、カリウムも含んでいますが、カリウムは高血圧などに効果もあり、気になる方は嬉しいですね。

しかし、ナッツとしてはヘルシーとは言いましたが、一般的にはカロリーが高いです。

カロリーは1粒当たり約30kcal前後という事で、

数個食べるとご飯よりもカロリーが高くなることがわかります。

お祭りで「甘栗」を買って何個も食べた経験はありませんか?

その時点で、前に食べた焼きそばなどを軽く超えてしまっている可能性もあります。

カロリーが高いために、「太る」と言う事は考えられると言う事になります。

栗の効能がスゴイ!!

栗3

髪への効能

先ほども書きましたが、髪への栄養となる亜鉛を含んでいますので、

発毛や育毛にはもってこいとされています。

薄毛に悩む方は亜鉛サプリを飲んでいる方も多いですが、

この栗を食べると亜鉛のみならず他の栄養素も取れるので、非常に良い食べ物といえます。

生殖系への効能

性欲などに関わる事へも効果があります。

これも亜鉛によるもので、男性の精子の生成に効果があります。

若い時は気にしないことでも、年齢を重ねるごとに気になる部分でもあることから、

やはり栗による亜鉛の効能は大きいです。

肌への効能

肌13

栗にはビタミンや亜鉛などを含むといいましたが、これらは肌への効能が高く、

皮膚にできたシワやたるみ、シミなどなどがありますが、これはビタミンCなどによって

肌の老化防止などに効果を発揮するので、女性にもオススメといえます。

また、栗の皮にはタンニンという成分があり、これは抗酸化作用があるので、

こちらも同様、老化防止やガン予防などにも効果を発揮することが知られています。

また、通常はビタミンCは熱を通すと失われてしまうものですが、

栗はでんぷんに含まれている事から、でんぷんがビタミンCを守っているため、

しっかりとでんぷんと一緒に体内に取り入れることができるところも良い点です。

高血圧予防

高血圧予防としても効果を発揮します。

これは栗に含まれるカリウムによるもので、カリウムは体内にある余分な塩分を排出する役目があります。

塩分は高血圧に関わっていることですから、かなり役立つ栄養素といえます。

また、通常だと、カリウムは摂取しすぎても排尿と共に不要なカリウムは流れますから、

とくには問題ありませんが、腎臓に病がある方は、高カリウム症になる可能性もあります。

むくみ解消

足12

女性に多いむくみを解消することも可能です。

これもカリウムによるもので、むくみは体内にある水分とナトリウム(塩分)のバランスが大事で、

このバランスをカリウムがキープしてくれる役目があります。

なので、カリウムが不足すると、水と塩分のバランスが崩れてむくみに繋がることや、

夏だと、熱中症などにもつながりますから、体の基本的な「水分+塩分」のバランスをとるカリウムは

必要な成分である事が言えます。

食物繊維が多い

スポンサードリンク

栗には食物繊維という便意改善への効果を発揮するものが入っています。

しかも、同じく秋の味覚であるサツマイモよりも2倍以上も多いとされ、栗の良さが目立ちます。

栗には不溶性食物繊維という食物繊維が多く含まれ、

水に溶けない食物繊維で、腸内の環境を整える効果があります。

水に溶けないため、腸内の水分を含んで膨張していきます。

この膨張によって腸への刺激に繋がり、便意が来ると言う事になります。

ダイエットには非常に役立つ「食物繊維」ですが、注意も必要です。

食物繊維の取り過ぎは便秘&腹痛に?!

栗5

食物繊維の取り過ぎは逆に体にとって良い事はありません。

逆に、栗の不溶性食物繊維の摂り過ぎは便秘解消どころか、腸内で水を吸収して膨張し、

腸内に必要な水分までも吸い取ってしまう為、腸内の便がガチガチに硬くなってしまい、

逆に便秘になってしまう事もよくあります。

なので、栗の食べ過ぎによる食物繊維の摂り過ぎはあまり良い事ではありません。

また、この便秘によって腹痛にも悩まされることになる可能性も十分あります。

もちろん、高栄養価で高カロリーな部分から見ても食べ過ぎはNGと言えるでしょう。

では、これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

水溶性食物繊維を摂る

栗は不溶性食物繊維と言って、水に溶けない食物繊維が多く含まれていますが、

水に溶ける食物繊維である「水溶性食物繊維」もあります。

食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2つがあり、

この2つのバランスが非常に大事と言われています。

水溶性食物繊維は消化や体内への吸収をゆっくりにし、

肥満に繋がる余分な脂肪分などを排出してくれる効果があります。

それだけでなく、水溶性食物繊維は水に溶ける為、液状へと変化します。

不溶性でカチカチになる便とは逆に、柔らかくする事が可能な水溶性食物繊維は

非常に大事で、この2つの食物繊維のバランスは「水溶性1:不溶性2」が理想です。

水溶性食物繊維ばかりでも下痢に繋がりますし、不溶性食物繊維ばかりだと便秘に繋がります。

ただし、下痢などの時には不溶性食物繊維はNGで、水溶性食物繊維はOKです。

腸内を刺激してしまう不溶性食物繊維は下痢の時は良くありません。

栗を食べた時に必要な水溶性食物繊維は以下がオススメです。

◎水溶性食物繊維を含む食べ物

  • 納豆
  • オクラ
  • 山芋
  • ワカメ
  • 昆布
  • キノコ
  • アボカド
  • にんにく
  • ゴボウ

基本的には粘着性のある食べ物などが多いですが、これらもしっかりと食べる事、

そして、水分はしっかりと補給することが便秘に対しての予防となりますので、

間違っても栗の不溶性食物繊維ばかりを摂るなどはしないようにしましょう。

食べ過ぎは体に毒は当たり前!栗は特に注意!

栗は食べやすいので、ドンドン食べてしまいがちですが、

これらのように栄養やカロリーが高いだけでなく、

食べ過ぎによる便秘や腹痛にもつながることも知られています。

食事にはバランスが必要ですから、偏った食べ方をしていては健康体にはなれません。

ダイエットに栗は良いとは言えないですが、お菓子を食べるくらいなら、栗を2粒~3粒位食べる方が良いです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ