七草粥を食べる日と理由は?苦手な子供でも食べれる炊飯器での作り方!


皆さんは、七草粥という風習を知っていらっしゃるでしょうか。

言葉を聞いたことはあっても、どんなものかわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、七草粥について、そして七草粥が

苦手なお子さんでもいただくことのできる、

炊飯器での作り方をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

七草粥を食べる日はいつなの?

七草粥は1月7日にいただくものとなっています。

お正月を祝う気分もまだ残っている頃ですね。

1月7日に七草粥を食べる風習は、江戸時代に

多く行われるようになったということです。

1月7日は人日(じんじつ)の節句ですので、お正月に近いとはいえ、

人日の節句の行事として七草粥が食されているのです。

食べる理由は何?

七草粥

人日の節句は中国より伝わったものですが、

五穀豊穣や無病息災を祈って食すというのが理由です。

年頭の頃の若菜は邪気を払ってくれるとされることもあり、

その若菜(七草)を食べるのです。

昔は、包丁で七草を切る回数も決められていたようです。

さらに、七草粥を食べるためには、七草の厄払いもしましょう。

まず、七草を食べる前夜に用意しておき、

調理する道具を7つ揃えて七草囃子を唱えながら、

恵方を向きながら、7回ずつ七草を叩くのです。

あなたもぜひ行ってみてください。

春の七草と秋の七草!

春の七草

七草

春の七草とは、セリやナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、

ホトケノザ、スズナ(カブ)、そしてスズシロ(スズシロ)のことを言います。

一般的にお正月過ぎの1月7日にいただく七草粥に用いられます。

春の七草については、七草粥にして食すことで愉しまれています。

七草の種類に関しては、地域や時代などにより異なることもあるようです。

ただ、七草粥については、春の七草を入れるのが通常となっていますが、

春の七草を決まって入れなければいけないというわけではないということですよ。

最近スーパー等で春の七草を用いるようにと宣伝したりしていることで、

七草粥を春の七草で作るというのが定番となって来ているのでしょう。

スポンサードリンク

秋の七草

七草2

秋の七草については、奈良時代の歌人である

山上憶良が万葉集の中で選んだことで、現在に至っているということです。

秋の七草の種類については萩や薄(すすき)、桔梗、撫子(なでしこ)、

葛(くず)、藤袴、そして女郎花(おみなえし)となっています。

春の七草と違い、秋の七草では花(草)自体を

目で見て視覚で愉しむものとされているようです。

秋の七草の中には、薬草として用いられてきたものも含まれているということです。

苦手だけど子供でも食べれる簡単炊飯器調理法!

炊飯器

七草粥の炊飯器での作り方も、さほど難しいものではありません。

鍋で作る場合とそれほど作り方に違いはないと言えます。

まず、炊飯器でお粥を炊きましょう。

すずなとすずしろをおおまかに切って2,3分ほど塩で茹でます。

他の七草も入れてあげて、軽めに茹でましょう。

続いて、取り出して水洗いをします。

七草を食べやすいサイズに切り、炊きあがったお粥に

七草を混ぜて少しの塩を入れて混ぜてあげれば

完成となります。七草粥に一緒に載せる具材については、

海苔や海苔の佃煮、ふりかけなど様々なものが利用できます。

お子さんが食べやすいように、こうしたトッピングを載せる

お子さんもより美味しくいただけるのではないでしょうか。

また、卵を入れて雑炊感覚で食べるというのも

一つの方法であり、お子さんも食べやすくなるでしょう。

七草粥は通常は朝に食べるものとなっています。

なので、前日に七草などを用意しておく

当日も簡単に七草粥を作ることができるのではないでしょうか。

まとめ

七草粥を食べる日も決まっていますし、

なぜ食べるのかという由来もきちんとした説があるのです。

七草粥は七草が入ることで苦手とするお子さんもいらっしゃるでしょう。

しかし、トッピングなどを用いて美味しく食べられる方法もあります。

炊飯器を使うとより簡単に七草粥が作れますので、

ぜひ皆さんで1月7日の朝には七草粥をいただき、

無病息災、五穀豊穣を願いましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ