大晦日に食べるものはすき焼き?そば?人気の年越し料理とは!!


大晦日は家族全員集まって皆でご飯を食べて1年を締めるという家庭は多いでしょう。

とはいえども、大晦日といえば皆何を食べているのでしょうか。

思いつくご馳走はそれぞれ無限大にある中で何が人気なのか。

今回はそんな大晦日に食べる人気料理についてまとめました!!

スポンサードリンク

大晦日に本来食べていたのは「おせち」だった!?

おせち

なんか、よくわからないこと言っているなとも思ってしまうものですが、

どこの家庭でも正月は「おせち」ですよね。

重箱の中にある料理はどれも宝石箱に包まれた宝石のようです。

そんなおせちは元々年越しとしての料理だったといいます。

元々はそこまで豪勢なものではなかったものの、

近年になるにつれ豪華になり、おもてなしの意味でも正月料理となったといいます。

また、おせちは「三が日料理」とされていますが、

正月の3日間は主婦にとっても休息の日として

3日間ゆっくりするために多くのご馳走を並べて手間を省くという説もあるようです。

また、おせちは地域によっては食べる日にちも違い、

管理人の私の地元である北海道では「豪勢な食べ物=年越し前」で、

お正月はその残りに加えてお雑煮やお餅を食べていました。

ネットにある情報のままなんです。

年越しそばも地域によって食べる日が違う?

そば

年越しそばといえば厄払いとして年を越すためには欠かせない縁起物。

その年越しそばも地域によって・家庭によって様々な違いがあるようです。

年越しそばを食べる時間帯で最も多かったのは「年越し前」「夕食時」なのですが、

新潟や福井県などでは「元旦以降」に年越しそばを

食べる習慣があるという地域も存在しているようです。

年越してますそばですけどね。

他には、これも北海道での例ですと、

年越しの時に食べるという普通の一般的な食べ方なのですが、

夕食は別におせちをゆっくり食べていて、

そのあとにまた時間もそこまで空けずにそばを食べるという

何とも満腹中枢がやられている最中に食べる事は良いのか?

とも言いたくなるところですが、そういった家庭は多いみたいです。

スポンサードリンク

人気の大晦日年越し料理は何なのか!気になる家庭事情!!

実際、昔はおせちは大晦日に食べることや年越しそばは直前に食べるというような

習慣は今でもありますが、それをやるかやらないかはもはや各家庭の自由。

なので、大晦日ではどういったものが食べられているのか気になると言う事で、

人気の大晦日年越し料理をまとめてみました。

大晦日人気料理

  • 「お寿司」
  • 「おせち」
  • 「すき焼き」
  • 「手巻きずし」
  • 「お刺身」
  • 「そば」
  • 「オードブル」

基本的に簡単に食べられるものばかりなうえ、

皆で楽しく食べれる「鍋」料理も人気ですね。

これもあり?大晦日料理

  • 「ピザ」
  • 「ケンタッキー」
  • 「カレーライス」
  • 「うなぎ」

これらはほぼたまたまという人もいれば、

「ピザ」なんかは結構定番化している家庭あるようです。

それにしてもジャンクフード凄いですね。

大晦日は意外にすき焼きが多い理由

すき焼き

タイトルにすき焼きとあるが、やはり「すき焼き」は多くの日本人が好きな味でしょう。

皆で寄り添って楽しく食べれるという理由ももちろんありますし、

なにより時間をともに出来るという理由が1番なのでしょう。

大晦日では「すき焼き」を食べる家庭は多いようです。

恐らく「皆で食べれる」「和む」「楽」というのもあるでしょう。

「すき焼き」でなくても「鍋」自体が大晦日には需要が多いといいます。

やはり体も温まりますしね。

作る側からの目線からしても、皆が「鍋」に向かって目的1つとなることから

「楽」という要素も入っていると思います。

具材が足りなくなったら足すだけでOKです。

これももしかすると、上に書いてある「おせち」の「三が日」の原理と同じなのかもしれません。

まとめ

大晦日の年越し料理として、定番のものも多くありますが、

それでも「鍋」というのは良い食べ物と思えます。

お寿司などを皆で食べるのも良いですが、鍋となると距離感がより一層近くなることから

1年を締めるという意味では心から家族団らんといえる食材でもある「すき焼き」

これはオススメといえるべきものでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ