おせちにも使うかまぼこの開封後の賞味期限はどれくらい?冷凍はあり?


おせちには欠かせないかまぼこですが、かまぼこは他の料理にもよく使われます。

もしいろいろな保存方法があれば、

スーパーなどでの特売品に出た時などまとめ買いが出来ますから重宝しますね。

そこでかまぼこの保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

かまぼこの賞味期限はどれくらい?

かまぼこ

常温保存の場合の賞味期限は約1~3日間程度です。

冷蔵保存する場合、1週間程度は大丈夫でしょう。

なおパックから出していないものは2週間から1か月もつものもありますので、

商品についている保存方法などもこまめに見ておいた方がいいです。

お弁当などに入れる場合は冬場はあまり気にせずに

生のまま入れて大丈夫だと思いますが、夏場はやはり心配です。

できればフライパンで両面を焼いたり、

一回茹でてからおかずに入れてください。

そうすることによって保存性が高まります。

開封後の保存方法と保存期間!!

冷蔵庫

開封後のそのままの状態での冷蔵保存は、乾燥を招いてしまいます。

開封後のかまぼこを美味しくいただくための保存は、

ラップで包んでさらにジップ付の袋に入れて冷蔵保存してください。

また、密閉容器に入れて保存するのもいいと思います。

冷蔵庫でもチルド室のある冷蔵庫であれば、チルド室で保存してください。

1~2日程度の保存でしたらラップだけで十分でしょう。

また、かまぼこ板がついている場合は取り外さず、

板ごとラップに包んで保存した方がいいです。

かまぼこの板は、かまぼこから出る余計な水分を吸収してくれますが、

それだけではなく反対にかまぼこに水分がなくなった時に

板の方から水分を補給する働きを持っているのです。

ですから断然板がついていた方が長持ちしますよ。

正月に早まって買ったけど冷凍してもいいの?

冷凍庫

かまぼこは基本的には冷凍保存ができるのですが、

解凍した際に、「す」が入った状態になり、食感が変わってしまうことがありますので、

解凍してそのまま食べるということは避けた方がいいです。

※すが入る=かまぼこの中にぽこぽこと穴ぼこが出来る感じのこと

冷凍かまぼこでオススメできる料理法は、

すが入ることを利用して煮物に使ったりスープに入れるなどして味がよくしみこむことでしょうか。

冷凍する場合は、かまぼこについている板ははずしてなるべく薄く切って、

金属製の容器に入れて保存することをオススメします。

凍ったらフリーザーバッグに入れてしっかり空気を抜いて再び冷凍保存します。

すが入るのを目的として保存する場合は、薄く切る必要はありません。

解凍するときは使用する前日に冷凍室から冷蔵庫の方に移して自然解凍した方がよいです。

急いでいる場合は電子レンジでの解凍もかまいませんが、

ゆっくり解凍することで劣化を抑えられますので、

できることであれば前日冷蔵庫の方へ移しておいた方がいいでしょう。

冷凍保存の賞味期限は約1か月程度と覚えておいてください。

それ以上も冷凍は可能ですが、冷凍やけなどで

風味が損なわれてしまう恐れがありますので早めに利用した方がいいでしょう。

腐るとどうなるのでしょうか。

  • 異臭がする
  • ねばねばしてくる
  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 酸っぱい味がする

上記のようになったかまぼこは食べない方がいいでしょう。食中毒になったら大変です。

特に夏場は常温でおいておくと数時間でこのような状態になることもあります。

スポンサードリンク

賞味期限が切れた!!食べても大丈夫な食べ方とは?

調理

賞味期限が過ぎたからといって食べられないことはありません。

ただし、ちゃんと保存していればの話ですが。

消費期限と違い、賞味期限は製造会社が

ある程度きつめに設定していますので、

賞味期限というのは「美味しくいただける期限」ということですので

2~3日過ぎても普通に食べていいと思います。

それでも心配な方は、生食ではなく煮込み料理などに使用すれば安心して食べられます。

まとめ

これからの時期主婦にとっては大変忙しい時期になりますね。

年末の大掃除や正月の準備など大変でしょうが、

出来るものは早めにやっておくほうが後々大変な目に合わずに済むと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ