パブロのチーズケーキのレアとミディアムを食べてみた感想は・・・


今さら感は否めないのですが、プチ旅行で大阪を観光し終えて帰ろうとしたところ、

南海難波駅近隣のなんばCITYにてPABLOを発見!

まだ食べたことが無かったのでレアとミディアムの2つを購入し、帰ってから食べることに。

出来たてではないものの、持ち帰ってからの冷蔵にて冷やした味や

食感などに関して率直に思った感想をお伝えします!

私は北海道出身で、ルタオのある場所出身なのでどうしても比べてしまうのですが、

正直に思ったことをすべてレビューしますよ!!

購入場所はなんばCITY

スポンサードリンク

私がパブロのチーズケーキを購入したのは南海難波駅すぐのなんばCITYにあるパブロです。

実際にはチーズタルトとされていますが、こちらのパブロでは持ち帰り専用のお店です。

ここでは出来立てではないものの、工房より直送されるというだけあって、冷凍モノなどではありません。

ミディアムはもちろん、とろけるチーズが味わえると言われているレアも販売されています。

他にも、プレミアムチーズタルトやクッキー、プリンやソフトクリームなどが販売されており、

土日では複数名が並ぶほどの店舗となっています。

私が購入した日は日曜日の昼2時頃でしたが、複数名が並んでおり、中には外国人も多くいました。

店員も「中国語」で接客をしている光景もみられ、対応に関してはかなり好印象です。

という事で、並んで3分程で「レア/ミディアム」の1つずつのチーズケーキを購入。

焼きたてなどではない為に、レジも早くて電車に乗り遅れるような心配もあまりありません。

また、こちらでは「6時間以内」に冷蔵庫にて保管できる場合は保冷剤は無しで持ち運びが可能という事です。

購入してから6時間以上持ち歩く場合は保冷剤にて対応していただけるとのこと。

私は家に帰るだけだったので、保冷剤なしで常温のまま持ち帰りました。

そして家ですぐに冷蔵庫にて保管。

消費期限が決められていますが、2日間はもつようです。

ただ、早めにお召し上がり下さいと書いてあるので、出来ればその日のうちに食べるのが良いでしょう。

レア/ミディアムの2種類を食べてみた!!

早速「なんばCITY」にて購入したパブロのチーズケーキのレアとミディアムを家で食べてみることに。

パブロチーズケーキ

購入したときにも説明されますが、紙のケースを開封する位置にシールを貼ってくれます。

このシールは白とオレンジの2つがあり、

オレンジシールがミディアムで、白シールがレアとなっています。

もちろんシールに書いてあるので間違えることはほぼないでしょう。

パブロチーズケーキ

パブロチーズケーキ

私は冷蔵庫より取り出し、20分程常温においてから取り出しました。

さてさて、中身はこんな感じに。

ん!!ミディアムの方は亀裂が入っている・・・・。

レアは柔らかめだからか亀裂がない綺麗な状態だけど、ミディアムはくっきりと亀裂が・・・。

パブロチーズケーキ

運び方が雑だったのかは不明。

ミディアムとレアを並べてみても違いはほとんどわかりません。

亀裂で見極めがつく程度です。笑

では、中身を見てみましょう。

ミディアムの中身

パブロチーズケーキ

レアの中身

パブロチーズケーキ

中身もほとんど違いがわからない。

やっぱり、レアと言っても出来たてではないので、とろける感じは無し。

ただ、柔らかいという事だけは切った瞬間にわかります。

ミディアムは外側のパイ生地からしてガチガチ。

ミディアムはパイ生地がガチガチなので、フォーク又はナイフで切ったらボロボロとこぼれる・・・

レアはパイ生地も少しサクサクして柔らかめでした。

では、まずはミディアムからレビューします。

ミディアムは先ほども言いました通り、冷蔵で保管すると外側のパイ生地は硬め。

しかし、ミディアムだからと言って、肝心のチーズの部分は中々柔らかかったです。

シットリとした感じといいますか、シットリとろけるという表現が合っているかと思います。

表面はアプリコットジャムのコーティングによって、若干酸味があり、甘味も程良くあります。

上から押してみてもブニュっと中身が出ることなく、ミディアムらしい仕上がりといえます。

1口食べてみると、かなりあっさりしたチーズケーキ。

シンプルであっさりしていて、濃厚さはあまり感じられなかったです。

本当にライトなチーズケーキで食べやすさは抜群。

この大きさでも1ホール軽く食べられました。

このあっさりとしたチーズに、表面のジャムの酸味と甘み、そして横から下にかけてのパイ生地が

食感と味わいに変化をもたらして、くどくなく、飽きない味にしてくれています。

ミディアムらしい程よい柔らかさは冷蔵で保管していても伝わり、旨味も伝わりましたが、

私的にはあっさりしすぎて濃厚さもあまり感じられず、軽すぎるために物足りなさを感じました。

やはりこれはどこかでルタオのドゥーブルフロマージュと比べてしまっているのでしょうか。

まぁ、ミディアムはこんな感じかという事で、続いてレアを食べてみる事に。

レアはとろけると言われていたり、濃厚と言われているだけあってこちらもハードルが上がっています。

レアの方はパイ生地も少しだけ柔らかく、サクサクしています。

もちろんナイフで切ってみると「スーっ」とナイフが中に吸い込まれるかのように入っていきます。

パイ生地は中々切れませんでしたが。

半分に開くとドロッと出てくるんだろう!!と期待したのですが・・・・

んー、普通。笑

柔らかいのは柔らかいけど、ミディアムを少しだけ柔らかくした感じ

やっぱり、出来たてじゃないとダメなのね。

冷蔵に入れてしまった時点でそれはレアではないのかもしれません。

ミディアムレアと言えるチーズケーキに。

表面のコーティングなどは全く同じです。

早速食べてみると、やっぱりライトな感じがスゴイ・・・。

レアで濃厚なイメージがあるだけに小学生にお腹をパンチされた感じ

とてもライトで食べやすさは抜群。

こちらも2日に分けて1ホール食べましたが、くどさは全くないので全て食べられましたが、

期待よりは下に行ってしまった感が強め・・・。

もしかして温めた方がよかったのか?と少し後悔するほどでしたね。

甘さに関しても軽くて味もスッキリしている。

でも、レアとミディアムに共通して言えるのは「パイ生地との食感のコラボは良い」と思いました。

トロトロだとしてもそれだけだと何か物足りないので、

そこにパイ生地のサクサク感を足すことでアクセントになって、より味を引き立ててくれると思います。

まぁ、私の場合はパイ生地もサクサクだけどほんのりシットリしちゃっていましたが。

パブロのチーズケーキを食べた率直な感想

シンプルにおいしいことは美味しいのですが、物足りなさがあり、

レアでとろけるなどとあるのも冷蔵をすることによって全て無くなってしまうのも残念。

冷蔵したらまた違う味わいが楽しめるというのもあり、冷蔵されたチーズケーキを食べたものの、

やっぱりあっさりしすぎていて、私には濃厚さは伝わらなかったといえます。

味は美味しいのですが、記憶に残る味わいでは無かったかなという事だけ言えます。

ミディアムもレアも、焼きたてが食べられる場所以外では味の本領発揮は出来ないのでしょう。

焼きたてを食べないとわからないという事であっても、機会があれば食べますが、

好んで次買いに行くかと言われると「んー」という感じですね。

ただ、「安い」という事と「食べやすい」という事、そして、どちらも柔らかいことは間違いないです。

焼きたてだとパイ生地の食感も変わっていたでしょうから、この差は仕方がない事ですが、

焼きたてを購入できない方に関してはこれらは参考になるかと思いますので、

参考にしていただいてから購入を検討してみてはいかがでしょうか!!

マイナス要素はあまりなかったので、1度食べてみるのはアリかと思います。

しかし、パブロと赤城乳業がコラボした「チーズケーキアイス」はかなり美味しかったなー・・・。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ