さくらんぼの食べ過ぎで下痢や腹痛の原因に!?健康への影響は?


暖かくなってくると旬を迎えるフルーツの1つである「さくらんぼ」。

旬の時期は「6~7月」と短い期間楽しめる甘くておいしいさくらんぼですが、

「さくらんぼ狩り」に行く方も多いのではないでしょうか。

そんなさくらんぼ狩りでは「食べ放題」といった場所が多くあり、

時間も決まっているところが多いため、ついつい食べ過ぎてしまう事もあるのではないでしょうか。

それが原因で「腹痛」などの症状が現れることもあるのです。

さくらんぼの食べ過ぎによる健康への影響も気になるところです。

今回は「さくらんぼの食べ過ぎによる健康への影響」について解説します!!

さくらんぼ狩りは注意が必要!?

スポンサードリンク

さくらんぼ7

さくらんぼ狩りでは「時間制限があるところ」と「時間無制限」という場所があり、

その中で「その場で取り立て食べ放題」と謳っているところが多いかと思います。

もちろんこういった場所では「食べ放題」なので、時間制限があるところではなるべく時間内に多く食べたいという方が多い事でしょう。

しかし、「時間無制限」の方が「時間制限あり」よりも無茶な食べ方はしないです。

やはり時間制限があるほうが「早く食べないと終わってしまう」という心理に追い込まれやすいので、ついつい早く多く食べようとしてしまいます。

ですが、こうやって多く食べてしまう事であることが起こりやすくなるのです。

それが「腹痛」なのです。

食べてすぐ症状が出ることは無いですが、食べ放題も終わって「お土産コーナー」や「帰っている途中」などに

「激痛」として現れることが意外にも多いのです。

もちろんそれはさくらんぼ狩り特有の「食べ放題」による食べ過ぎが原因と言えます。

では、この食べ過ぎで腹痛となる原因はなぜなのでしょうか。

・さくらんぼの効能について!気になる栄養価とカロリーとは!?」

腹痛になる原因とは?

腹痛4

さくらんぼをたくさん食べると「腹痛」を起こすと言う事があります。

しかも、その腹痛は「下痢」になる事が多いとされる「激痛」が伴う可能性も高めなのです。

この原因は何なのでしょうか。

それはさくらんぼに含まれる糖アルコールの一種である「ソルビトール」というものが原因なのです。

この「ソルビトール」は別名「ソルビット」「グルシトール」とも言われ、

砂糖よりも75%もカロリーが低くて甘いに加えて「口の中が冷たく感じる」と言う事から、

フリスクやキシリトールガムなどの甘味料として添加されていることが多いです。

このソルビトールは消化されにくいという性質を持つことから「便秘解消」の効果を持つのです。

このため、「下剤」などにも使われる程のものなのです。

また、ソルビトールには「便の量を多くする」という効果もあります。

この消化されにくいソルビトールの便秘解消効果に加えて「便の量を増す」という仕組みが「腹痛」の原因と言えるのです。

なので、元々お腹が緩いという人はさくらんぼの食べ過ぎには注意した方が良いといえます。

さくらんぼ自体が消化しにくい!?

さくらんぼに含まれる「ソルビトール」が消化されにくく、便秘解消の効果があると言う事があることで、

さくらんぼの食べ過ぎによって「下痢」となることはわかりました。

ですが、それだけではないんですね。

「さくらんぼ」そのものが消化に悪いと言われています。

さくらんぼの「皮」こそ消化に悪いと言われ、「おなら」の原因もさくらんぼの食べ過ぎによるものです。

消化不良を起こしやすいために「腸内にガスが溜まる」という原理です。

なので、さくらんぼの食べ過ぎは「消化不良」を起こす原因になり、それに加えて「お腹を下す」という原因にもなるのです。

さくらんぼによる腹痛が「激痛」なのは「消化不良を起こすとともにお腹が下りやすくなる」と言う事が言えるからです。

さくらんぼはどれくらいまで食べても良いの?

スポンサードリンク

データによると、便秘の人にさくらんぼを約800g程食べてもらったところ、便秘解消されたというデータがあるのです。

さくらんぼの1粒の重さはおよそ「8g(可食部分)」と言われているので、「約100粒」食べた結果「便秘解消した」となります。

これは「便秘の人による検証」ですので、万が一お腹が緩めの方であれば「50粒程」の量で腹痛を起こす可能性があります。

もちろん人によりけりですが、参考データとして「便秘の人が約100個のさくらんぼを食べると便秘解消される」と言えます。

下痢等以外での健康への影響とは?

さくらんぼを多く食べることで起こる健康への影響は「腹痛による下痢」などが言えますが、

その他には目立った影響はありません。

ですが、「下痢」となれば「水分が失われる」と言う事から「脱水症状」などに繋がりますし、

さくらんぼの皮による影響で「便秘」ともなれば「肌荒れ」「肝臓の弱体化」「肩こり」「頭痛」などの原因にもなります。

全ては「便秘」「下痢」といった事に関わる影響と言えるでしょう。

なので、「さくらんぼ狩りでは計算して食べる事」が重要なことと言えます。

まとめ

さくらんぼ狩りに行くとどうしても食べ過ぎてしまうものです。

しかし、その食べ過ぎによって「腹痛」となる原因に繋がるといえますので、「時間制限あるない」に関係なく

「自身のぺースに合わせてさくらんぼ狩りを楽しむ」と言う事が大事と言えます!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ