そら豆の栄養は皮にもある!?驚きの効能で健康予防策におすすめ!!


初夏を代表する野菜の1つである「そら豆」。

苦手とする方もいるとは思いますが、この野菜は「豆類」と言う事で、

人間に大事な「タンパク質」が摂取できるのでとても大事な野菜でもあります。

そんなそら豆は「健康に良い」と言う事はみなさんしているとは思いますが、どういった効能があるのか気にありますよね。

そこで今回は「そら豆の栄養と効能」について解説していきます!!

そら豆の栄養価は?

スポンサードリンク

そら豆3

そら豆は別名「ノラマメ」「ナツマメ」「テンマメ」「シガツマメ」と言われ、

そら豆を油で揚げて塩をまぶしたら「いかり豆」と呼ぶようです。

そんなそら豆には一体どんな栄養があるのでしょうか。

このそら豆には炭水化物を多く含んでおり、それだけでなく豆類の特徴でもある「タンパク質」で、

肝機能向上や育毛効果や筋肉痛の修復効果のある「ロイシン」、免疫力向上や代謝を高める効果のある「アルギニン」

有害な尿を排出して体を守る「アスパラギン酸」「グルタミン酸」含まれており、体のあらゆる不具合を正常化する野菜なのです。

他に、「銅」「葉酸」も多く含み、「動脈硬化」「細胞増殖」「貧血予防」などに効果を発揮します。

女性などは特に嬉しい肌荒れなどの予防も出来る「食物繊維」も多く含み、

その他「ビタミン群」「カリウム」「鉄分」「マグネシウム」「亜鉛」などのミネラルによって

「貧血予防」「疲労回復」「血行促進」等の効果も発揮します。

また、そら豆の可食部(皮むき)の重さは1粒あたり「約4g」のカロリーが「約5kcal」となっています。

低カロリーということも1つの良い要素と言えますね!!

驚きの効能で健康予防!!

健康2

そら豆は上記にある通り、「栄養」がものすごい多く含まれており、食べ過ぎは「栄養過多」になるともいえる程です。

そんなそら豆の効能は上記にあるもの以外でも多くの効能があります。

上記の効能を含む効能は以下の通りとなります。

そら豆の効能

✔疲労回復

✔貧血予防

✔血行促進

✔動脈硬化予防

✔細胞増殖

✔筋肉痛修復

✔育毛効果

✔肝機能向上

✔アンモニアの解毒

✔代謝の向上

✔冷え性解消

✔むくみ予防

✔便秘解消

✔肌荒れ予防

✔肌のシミ・シワ予防

✔糖尿病予防

✔高血圧予防

✔ダイエット効果

これらの効能があると言われています。

これは栄養素が非常に多い「そら豆」だからこそ言える効能と言えるでしょう。

特に女性は「エイジングケア」として多く食べようとする方もいるかと思いますが、

多く食べることは栄養過多となり、効果を発揮するものを逆に悪化に導いてしまう可能性が高いので、

「食べ過ぎ」には十分注意しましょう。

健康の点から見ると「非常にバランスのとれた野菜」と言えます。

なので、食卓に少量並べるだけで、普段摂取できていない栄養素も取り入れることができるので、

是非日々少量で良いので取り入れてみてはいかがでしょうか。

そら豆は皮に栄養があるの?

スポンサードリンク

そら豆は皮が存在し、口の中に残る感じが嫌で向いて食べる方も多いでしょう。

しかし、その皮にもしっかりと栄養があるのです。

そもそもそら豆の皮は食べられますし、鮮度が高ければ「柔らかくて美味しい」のです。

良く「黒い」などの事があり、鮮度が悪いと思って捨てる方もいますが、黒くても問題ないのです。

そして何よりそら豆は「さや」自体を食べる方もいますので、皮は食べた方が良いのです。

皮部分には「食物繊維」が豊富に含まれています。

なので、腸の働きを改善に役立つことから「肌荒れ」を予防して「美肌」となれるのです。

もちろん女性だけのメリットではなく、「便秘」にも効果があるので皮は捨てるにはもったいない部分と言えるのです。

なので、「薄皮」はそのまま食べる様にし、出来れば「さや」そのものも食べてしまいましょう。

Vさやごと食べるには「焼く」という調理法が1番と言えます。

成長させてくれる野菜と言える!!

そら豆は「ビタミンB2」を多く含み、豆の中でも上位の方で、

このビタミンB2は「成長」に関係する効果があるのです。

それは先ほど挙げました「老化防止」「育毛効果」「皮膚・爪等の再生」等に効果絶大と言えるのです。

もちろんその他の効果もありますが、これらの効果を発揮するのがこのそら豆なのです。

なので、「成長させてくれる野菜」と言えるのです。

また、このビタミンB2は「水溶性ビタミン」なので、過剰に摂取しても排尿によって排出されますので、

ビタミンB2を多く摂り過ぎたと心配する必要はありません。

ですが、ビタミンB2を取り過ぎたと言う事は「他の栄養も多く摂っている」と言う事が必然的ですので、

やはり過剰に摂取するのはやめましょう。

出来れば「こまめに摂取する」と言う事を心がけましょう。

まとめ

そら豆は体に必要な栄養素を多く含む野菜です。

なので、初夏を迎えた時には「意識的に取り入れる」と言う事は大事なことです。

それだけでなく、栄養素も多いことから、「食べ過ぎない」「皮も食べる」などといったことに注意しながら食べると

より効果を発揮できますので、食卓に少量でも良いので並べてみてはいかがでしょうか!!

スポンサードリンク

・「そら豆の旬の時期はいつ?黒い部分は食べれるの?賞味期限・保存方法について」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ