食品に髪の毛や虫などの異物混入を発見!食べた場合の体への影響は?


今でも絶える事の無い食品への「異物混入」。

よくニュースではマクドナルドなどの大手企業での異物混入や

学校給食での異物混入が騒がれているが、

そんな異物混入でもしも食べてしまった場合に

体への影響はないのか、どうすれば対処すればいいのかなど

様々な疑問点についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

異物混入の原因

工場

正直、日本での異物混入はかなりと言っていいほど少ないといえます。

衛生面の徹底についてはどこよりも日本は優れていると言ってもいいでしょう。

外国ではまだまだ衛生的ではない国もある中でなぜ異物が混入してしまうのか。

機械の清掃不備

機械を使って食品などを加工するのが当たり前となっている現代ですが、

やはり理由の多くとして「機械の清掃」を怠っている部分があります。

全てにおいて清掃しなければいけない100%の清掃をしなければいけないところ、

99%の清掃で終わることによって残りの1%で異物混入は起きてしまうのです。

大手はもちろん小さい会社でも徹底した清掃などを当たり前としていますが、

それでも機械が多ければ多い程、大きければ大きいほど

100%の清掃ができていないと言う事も考えられます。

どれだけ徹底していても100%は「至難の業」ともいえるでしょう。

静電気などでの人体のホコリ

これはどういうことかというと、冬などに発生しやすい静電気ですが、

静電気により異物が体への付着力・付着率を上げてしまいます。

この結果、食品系などでは絶対に置いている「エアシャワー」を

通ったとしても異物を持ち込んでしまう事はあるでしょう。

その結果何らかの影響により落下することも考えられます。

エアコン

もしも、食品を加工する場において「エアコン」「扇風機」などが作動していた場合、

これがホコリを引き立てて混入することも考えられます。

「エアコン」は天井にあることが多いため、毎日の清掃はかなり難しいことが考えられます。

人的ミス

ほとんどがこれかと思いますが、

人によるミスによって異物が混入することです。

食品の原料を入れる際の開封時での異物混入やエラーなどが起き、

不要なものが出てきてもその不要なものを

そのままにしておいたことによる異物混入などがあります。

いずれも人によって起きる事と言えますね。

自然現象

世の中には人間よりも圧倒的に多いとされる「虫」という存在があります。

それはどこからともなく侵入し、

自宅内でもどこでも突然遭遇することも多いと思いますが、

その「虫」がどこからかの侵入などにより、誤って混入してしまうという事もあります。

防虫対策を徹底していても100%は難しいのが実態です。

食べてしまった!影響はあるの?

驚き2

異物混入はいつ、どんな時、だれが発見するかもわかりません。

そして中には知らずに食べてしまう方もいるでしょう。

食べてから「異物」に気づいたとき、体に影響などはあるのでしょうか。

結論から行くと、人体に影響が出ることはほとんど無いといえます。

ただし、例外もあります。

以前、冷凍食品に「マラチオン」という有毒性の農薬が混入していたことがありました。

それは「人的」な行為により混入したとのことですが、

こういった「人的でなおかつ故意的」に加わった異物でなければ

体に大きな影響はないといえます。

例えば「髪の毛」「虫」などが一般的に多いとされる異物混入です。

特に髪の毛は自身の髪が入ることもあるため、

日常的にみると頻度は多いでしょう。

髪の毛はケラチンというたんぱく質で出来ていますが、

食べても消化酵素などが無いため「消化は出来ない」です。

しかし、大量の髪の毛が胃に入っていくことが無ければ

腹痛が起きるや癌になるなどは無いです。

またに関しても「日本」にて存在している虫であれば

体に害はないと言っても良いでしょう。

外国の食品でも「加工」されたものであれば特に害といえます。

逆に虫は重要なたんぱく源ともなる虫もいますので、

今後、将来的には虫を食べる文化が来ると海外では

一部であえて食べる方達もいるくらいです。

また、何十年も生きていて知らず知らずのうちに虫は食べています。

それが目に見えているのか見えていないのかの違いです。

他の異物、以前ありました「歯」などはもちろん体に影響こそないでしょうが、

食べてすぐにわかるものなので、吐き出すのがベストです。

これらには共通して問題になるのが体への影響ではなく「精神的問題」ですよね。

悩む

髪の毛も「気持ちが良いものではない」といえますし、虫に関してはなおさらでしょう。

この精神的問題は正直すぐに解決できるものではありません。

やはりショックが大きいでしょうし、今後「トラウマ」にもなりかねませんので、

体よりも脳への影響が大きいといえます。

スポンサードリンク

食べた場合、どうすればいいの?

吐き気

基本的に害はないと言う事はわかりましたが、それでも気になりますよね。

では、対処としてどんなことをした方が良いのか。

吐き出す

これができれば1番でしょう。

すぐに吐き出し、水などでうがいするのが1番です。

好きなものを食べる

これは食べてしまった時、気分的には最悪なはずです。

そういう時は「気を紛らわす」という方法で、

好きなものがあれば好きなものを食べましょう。

又は「ガム」「アメ」「チョコレート」など、口の中に味が残るものであれば

比較的気分は抑えられるはずです。

牛乳又は飲むヨーグルトを飲む

辛いものを食べた後と同じで、胃に負担を掛けないように

胃の粘膜の保護という意味でもこの「牛乳」や「飲むヨーグルト」を飲んで

気分を紛らわせましょう。

とろろを食べる

とろろには腸内環境を整えるという効果があります。

また、食物繊維も多いことから比較的早く排便につなげる事ができるでしょう。

なるべく体から出したいですよね。

だいこんを食べる

大根には消化酵素も多く、

整腸作用もあることから大根もオススメの方法といえます。

「異物混入で慰謝料は貰える?発見した時の対応の仕方」

まとめ

いつになっても「異物混入は防げません」と言い切れます。

自然的なことも関係していては100%というものは存在しないでしょう。

特に人的ミスというのも防ぐことは難しいですから、

なるべく減らすことが第一といえ、

なおかつ消費者も消費者で安心を買いたいのはわかりますが、

何か起きた時の為に「しっかりと対処をする」ことを学ぶべきとも言えます。

こうすることで「生産者」「販売者」などの売る側も今後の対策が

しっかりと出来るようになりますし、原因究明がしやすいのです。

異物混入は「腹立たしい」「気分が悪い」などもありますが

これは「気分を和らげる」以外は時間が解決するとしか方法は無いとも言えます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ