梅を焼くと喉に良い?梅湯やのど飴が喉の痛みに効く理由とは?


酸っぱいでおなじみの「梅」。

梅は「クエン酸」の効果によって「酸っぱい」「疲労回復」「夏バテ防止」などの効果を発揮することで知られています。

「梅は医者いらず」という言葉がありますが、元は中国から漢方薬として燻製した梅が日本に伝わり、

燻製した梅とお茶によって「薬」として用いられていたものの、今では「梅」は食べるものとなっていますが、

梅干しの歴史は「1000年程もある」と言われています。

この梅は昔から何かと「体に良い」とされ、今でも「体に良い」と科学的な根拠が出ているものですが、

梅は疲労回復などのほかに、「喉に良い」とされているのです。

今回はそんな様々な効果のある「梅が喉に良い理由」などをお話していきます!!

梅は喉に良いの?

スポンサードリンク

喉6

梅は様々なメリットのある日本食の代表的存在ですが、梅には「喉に良い」という効果があるとされています。

これは梅が喉に良いというのは「事実」であり、昔からの知恵としても使われている物でもあります。

梅干しには「殺菌作用」があるだけでなく、「鎮痛作用」も含まれています。

殺菌としては「ばい菌などの悪い菌を除去」と言う事に向いています。

鎮痛作用に関しては、梅肉のエキスには「ベンジル-β-D-グルコピラノシド」という成分が含まれており、

これが鎮痛剤としての効果を発揮すると言われています。

また、梅干しのクエン酸によって唾液も多く出ることから、喉の潤いを保つという意味でも喉に良いといえます。

なので、普段から喉に気を付けている方などはこの梅干しはかなり効果的なんですね。

喉が風邪等で痛すぎる場合は大丈夫?

風邪4

梅干しには様々な効果があり、「喉にも良い」とは言いましたが、

風邪などで喉を傷めている場合は「梅干しは刺激物になる」とも言えますが、大丈夫なのでしょうか。

これは結論的には「ひどく痛い場合はそのまま食べない方が良い」と言えますし、

ほんの少し痛いかな?というレベルであればあまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。

なるべく刺激を弱めるために「はちみつ梅干し」にするのもオススメです。

また、「喉が酷く痛い場合」に関してですが、そのまま食べると「刺激が強い」と言う事もあります。

効果はあるのですが、刺激が強いのを抑えないと食べるに食べられないですので、こういった時は他の方法があるのです。

焼き梅干しは喉が痛い時や風邪に効果がある!?

梅干し3

風邪などによって喉が痛い場合などありますよね?

何かを飲み込むだけでも痛いなどの喉が痛いときは梅干しは梅干しでも「焼き梅干し」が効果を発揮します。

焼いただけで何が変わるのかと言いたくはなりますが、かなり変わるとされています。

✔焼き梅干しの匂いで鼻づまりの解消ができる

✔血行を改善する

✔糖尿病予防になる

✔便秘解消

✔腹痛に効く

✔抜け毛改善

✔保温効果

✔水太り予防

✔冷え性予防

✔老化予防

✔喉に良い

これらのように「焼き梅干し」にすることであらゆる効果を発揮するのです。

肝心な「喉」に関してですが、「梅干しを焼くと何が変わるのか」と言う事ですが、

「ムメフラール」という成分が特に良いとされ、このムメフラールは特に「血行改善(血液をサラサラにする)」に優れていると言われ、

焼き梅からしか摂取できない貴重な成分と言われています。

このムメフラールは梅干しには含まれておらず、「焼く」ことで梅干しに含まれる糖とクエン酸が結合し、

「ムメフラール」が作り出されるというのです。

なので、「焼き梅干し」でしか作り出されない貴重な成分なのです。

このムメフラールこそが先ほど挙げた効果を発揮し、「風邪等の喉の痛み」にも効くのです。

また、焼き梅干しにすることで「喉の痛みには刺激物はNG」ともされていますが、

焼くと「味がまろやかになる」ので食べやすくなることも「大事な要素」の1つと言えます。

焼き梅干しの作り方と保存方法

ではこの焼き梅干しを作る方法ですが、非常に簡単です。

酸っぱいのが苦手という方であれば「減塩された梅」や「調味梅干し(はちみつ梅など)」を用意すると良いです。

焼き梅干しの作る際に必要な物

✔梅干し:1パック(200g~300g程)

✔アルミホイル:2枚程度

✔保存容器:梅干しが入る程度の大きさの物1つ

*梅干しは量が多くても大丈夫ですが、それに合わせて用意するものも多く又は大きくしましょう。

焼き梅干しの作り方&保存方法

1.アルミホイルを2 枚準備し、軽く丸めてクシャクシャにする。

2. アルミホイルを広げて2枚に重ね、梅干しを包む。

3. アルミホイルの口をしっかり閉じ、オーブントースターで10~20分焼く。

4. 梅干しが中までホカホカになったら出来上がり。(黒焦げにはしない)

5. フライパンや焼き網の上で焦げないように転がしながら焼いてもよい。

フライパンで作る時には、油はひかず、素焼きにする。

6. 保存容器に移して冷暗所(冷蔵庫)で保存する。

*一度焼いたらムメフラールの成分は消える事が無いのですぐに全て食べなくても大丈夫です。

このように出来た焼き梅干しは冷凍保存して閉まっておいても成分が消えることは無いようです。

ですが、一度加熱してはいますので、なるべく早く食べることをオススメします。

焼き梅干しの効果を発揮させるためには「1日1粒は条件」といえ、「朝晩で2粒」は最も効果が良く、

「3粒は少し食べ過ぎ」といえますので、出来れば1日2個程が良いでしょう。

もちろん梅干しには塩分を含んでいますから、食事とのバランスを考えて個数を決めるのが良いです。

・「梅干しで高血圧に!?梅干しの食べ過ぎがヤバすぎる!!」

焼き梅の効果的な食べ方とは?

スポンサードリンク

焼き梅を作ったはいいものの、そのまま食べても良いのかと言う事ですが、

そのまま食べても問題はありません。

しかし、「のどの痛み」を和らげるにはもっと効果的な方法があるのです。

梅湯にする

梅湯(うめゆ)というのは白湯(お湯)に焼き梅をそのまま入れて身をほぐして飲むものです。

この作り方は簡単で湯のみ等に焼き梅を置き、その上からお湯を注ぎ、梅干しの実をほぐして飲むだけです。

これでどのような効果があるのかというと先ほど挙げた効果を発揮します。

特に「のどの痛み」「腹痛などの胃腸の改善」などには強く発揮します。

また、風邪は疲労がある時ほど掛かりやすい病ですから疲労回復の効果もありますし、

風邪時にある「体の冷え」などの改善もできます。

ではなぜ、そのまま焼き梅干しを食べずに梅湯にするかというと、

「喉が酷く痛む」という場合は「食べ物としては通過させづらい」と言う事を解消するためです。

飲み物と一緒にすることでそのまま飲み込んで喉を通過させればいいので、焼き梅を食べやすくしているわけです。

お粥・お茶漬け・おにぎりに入れる

もしも喉が痛い場合でも「ご飯などが喉を通る場合」は、

お粥などに入れ、先ほどの梅湯同様「身をほぐして」食べるのが良いです。

もちろんお茶漬けも同じで「身をほぐして食べるのが良いです。

おにぎりに関しては通常はおにぎりの中に1個入れますが、

それよりも「梅干しを細かく刻んだものをお米に混ぜておにぎりを作る」というようにするのも良いですよ。

より喉に良い食べ方をするのもアリです。

焼き梅干しを食べることが目的ですので、どんな方法でも食べれば問題はないといえますので、

これ以外にも自身の方法を見つけるのもありです。

梅のど飴の喉への効果は?

飴

梅干し・焼き梅干しは「喉に良い」と言う事はわかりましたが、「梅」には「のど飴」というものも存在します。

この梅とは関係のない「のど飴」に関しては喉に良いと言えるのでしょうか。

これも喉には良いといえます。

焼き梅干しなどのように「効能」はあるとは言えません。

ほんの少しでもスースー間などがあればそれが喉の良いのではないかと錯覚してしまうものですが、

「梅のど飴が良い」というのではなく、のど飴などの「何かを口に含む」ことで「唾液」が分泌されますから、

その唾液の「殺菌効果」などを喉に利用することが出来ると言う事です。

また、梅のど飴は多少の酸っぱさから「唾液も出やすい」と言えますから、

この唾液を使って喉の保湿効果を狙うという意味では

「喉の痛み」を直接和らげるまでは行かないですが、「喉に良い」とは言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

梅干しには本当に多くの効果があり、「喉に良い」と言う事はわかりましたが、

焼き梅干しにすることでより効果を高めることが出来ると言う事で、

作り方も本当に簡単ですし、何より焼くことでしか得られない貴重な成分があるのですから、

普通に食べるのも良いですが、「焼き梅干し」にすることをオススメします。

梅のど飴に関しては喉に効果があるとまでは行きませんが、唾液が分泌されやすくなるので、

喉に良いという点では間違いないといえます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ