ズッキーニの旬の時期はいつ?豊富な栄養と効能!!生で食べられるの?


皆さんはズッキーニを食べますか?

普段から食べているという方はあまり多くはないかと思います。

スーパーではあまり見掛けないという方もいれば、そもそもその野菜を食べようと思わないという方もいるでしょう。

しかし、このズッキーニはとても美味しく、そして「栄養・効能」がすごいのです。

この機会に「食べる」ことをオススメしたいと言う事で、今回は「ズッキーニの旬と栄養や効能」についてご紹介します!!

ズッキーニの旬の時期とは?

スポンサードリンク

ズッキーニ

ズッキーニと聞くと「何科の野菜」と聞く方も多いかと思いますが、ズッキーニは「ウリ科」で「かぼちゃの仲間」なのです。

確かに見た目からは「きゅうり」を想像する方もいますが、「かぼちゃの仲間」なのです。

実際にはかぼちゃのように丸いズッキーニもあれば、キュウリのように長細いズッキーニなどもあり、

形や色も多種多様で、日本よりは海外(フランス等のヨーロッパ)が料理に使う事が多いと言えます。

また、ズッキーニの意味はイタリア語で「小さなカボチャ」という意味のようです。

きゅうりじゃなくてかぼちゃとなるとズッキーニのイメージは少し変わりますよね!!

かぼちゃの旬と言えば「夏」で、「6月~9月」頃が最も旬な時期と言われていますが、

ズッキーニも同じで「夏」の野菜とされており、「6月~9月」頃が旬の時期です。

いわゆる「夏野菜」の一種なのです。

実は生で食べられる?

ズッキーニ6

このズッキーニは「かぼちゃの仲間」とだけあって、生で食べることとは無縁だと思っている方はいませんか?

実は「ズッキーニ」は生で食べても大丈夫なのです。

しかしそれには条件があり、「皮の硬さ」を取り除くために「皮の除去」をすることや「薄くスライス」と言う事が必要とも言えます。

また、食べるならそのまま食べるよりは和え物やサラダに使うのが好ましく、

使用する際は「塩もみをして水気を絞る」ことを行うと食べやすさが出て生ズッキーニの料理方法が多様になります。

間違ってもそのままズッキーニのみを食べることは味的にもオススメできるものではありません。

また、このズッキーニを生で食べることによって「生でんぷん(βでんぷん)」が含まれてることから、

消化酵素が働きかけずに消化できずに腸まで送り込まれてしまう為、消化不良となり「お腹を壊す可能性がある」と言えますので、

なるべく生で食べるのは控えた方が良いといえます。

食べるというのであれば「緑色より黄色のズッキーニにする」事で、

柔らかさ等の違いがあることから食べやすさも違うといえます。

ズッキーニの栄養は豊富!?

笑う

ズッキーニは夏野菜の一種ですが、夏野菜は夏に向いている効能を持っており、栄養価も高めのものが多いといえます。

先ほども言いました通り、「かぼちゃの仲間」なので、あまり栄養も変わらないと思いきや、

やはりズッキーニにはズッキーニなりの栄養があったのです。

ズッキーニに多く含まれるのはなんといっても「カリウム」

このカリウムはミネラルの一種ですが、カリウムの効果は「人間の体にある塩分排出する」という効果があり、

濃いものなどを食べた時や血圧を気にしている方などには「高血圧予防」の効果を発揮するのでオススメの栄養素です。

そして、ズッキーニの特徴でもある「黄色」「緑」などのカラフルな色の元となっている「βカロテン」も多く含んでいます。

βカロテンはビタミンAの事で、このβカロテンが多く含まれるズッキーニを食べる事で「免疫力の向上」を図ることができ、

視力や皮膚など、老化に繋がる要素を防止してくれる大事な栄養素も多く含んでいます。

また、女性にはうれしい「肌荒れ」などにも効果を発揮するので、「美肌」への効果を期待できます。

さらに夏野菜は「夏」だけあって、「ビタミンC」を含む野菜が多いですが、

このズッキーニも同じくビタミンCを含むので、「日焼け」の原因となる「紫外線」による「シミ・シワ」などにも効果があります。

また、肌などの外側の健康だけでなく、「内側」の人間に必要不可欠な「骨」にも効果を発揮する成分が入っています。

このズッキーニには「ビタミンK」を含んでいます。

このビタミンKの効果としては「骨の形成」に必要不可欠な成分で、不足すると「骨折」などの原因となるものです。

日常的に通常の食事をしていれば問題はないのですが、ズッキーニで意識的に取り入れることもできるので、

食べて損はないと言う事なのです。

また、ズッキーニは「水気が多く、カロリーが低い」という特徴があります。

ズッキーニのカロリーは100gあたり「14kcal」なので、特に女性にも嬉しい夏野菜の1つですよ!!

ちなみに「1本」は「21kcal」となっています。

ズッキーニの効能とは?

スポンサードリンク

ズッキーニは低カロリーで女性にはうれしく、なおかつ「栄養も多数含まれている」と言う事がわかりましたが、

そんなズッキーニが人間にもたらす効能とはどのような物があるのでしょうか。

カリウムによる高血圧予防や熱中症対策

ズッキーニにはカリウムという成分が多く含まれるといいましたが、

このカリウムは体の中にある余分な塩分を排出してくれるので、

人間の体液の基本である「水分+塩分」のバランスを保ってくれます。

これによって「高血圧予防」につながるほか、汗にカリウムは含まれますから、

熱中症の時の大量の汗の消費の際の補給としても効果を発揮します。

なので「熱中症対策」などにも最適と言えるのです。

むくみや冷え性の予防

むくみや冷え性は「体内の水分が余分に余った状態」で、代謝が悪いのです。

ですが、ここでカリウムの登場で、カリウムには「利尿作用」もあり、余分な水分も排出することができます。

なので、むくみなどの水分過多の状況を改善するのに効果的ですし、日ごろからカリウムを摂っていれば予防になります。

肌のトラブル予防

肌8

人間、どうしても肌のトラブルはつきものですが、この肌のトラブルの予防にも効果を発揮します。

ズッキーニに多く含まれる「βカロテン」は免疫力の向上だけでなく、肌や目や爪などの人間の成長を促す効果があるのです。

このことから、老化防止はもちろん、肌荒れや乾燥肌による敏感肌などへも効果を発揮してくれる優れものと言えるのです。

それだけでなく、「ビタミンC」にて「シミ・シワ」などの予防もでき、その他「ビタミンB群」には「アンチエイジング(老化防止)」に必要な物とされ、

これもしっかりと含んでいるので、「美肌」を目指す・保つにはズッキーニは良い食材と言えるのです。

貧血による肩こり・頭痛・動悸などの予防

ズッキーニには「鉄分」も含まれます。

鉄分は血液中のヘモグロビンの生成をするために必要な成分ですが、

鉄分不足になると上手く生成ができずにヘモグロビンが減少します。

そして何が起こるかというと、「酸欠」となり、体に十分な酸素が送られなくなるのです。

これによって、血流の悪化などが生じ、脳に酸素がうまく運ばれずに「頭痛」「肩こり」などが起こり、

多くの酸素を取り込もうと「動悸」の原因となってしまうのです。

鉄分不足による「貧血」にならない為にも鉄分を摂るべきですし、ズッキーニを食べること良い事と言えます。

まとめ

いかがでしたか?

ズッキーニは低カロリーで栄養も豊富で効能も多くあるのです。

そんなズッキーニは確かにあまり見かけないことも多いかと思いますが、見かけたら一度食してみることをオススメします。

癖も無く、水分が多くて食べやすいので、様々な料理に使えます。

特に女性には「美肌」といったことに関係する食べ物の1つなので、シーズンが来たら積極的に食べてみることをオススメします!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ