鯉のぼりは何歳まで上げるという決まりや風習があるの?正しい方角は?


子どもの日といえば「五月人形」を飾ることでも知られていますが、

もう1つあり、それが「鯉のぼり」ですよね!!

鯉のぼりも節句には欠かせない大事なものですが、子どもも大人になれば興味もなくなる物。

興味で飾るものではないですが、いったい何歳まで飾るのがベストなのでしょうか。

そして、鯉のぼりを飾るにあたって「方角」などの決まりなどはあるのでしょうか。

今回は「鯉のぼりを飾る期間や何歳まで飾るのか」「方角」などについてお話していきます。

スポンサードリンク

鯉のぼりを上げる期間はいつからいつまで?

鯉のぼり2

鯉のぼりといえば5月5日の子供の日に向けて子どもの為の鯉のぼりですが、

この鯉のぼりはいつからいつまで飾るという決まりはあるのでしょうか。

結論から言うと「いつからいつまでという期間はない」といえます。

現代で行われている「鯉のぼり」は昔から全く同じ風習で来ているものではない為、決まりという決まりはないのです。

しかし、一般的にこの日ごろからこの日までは飾るという基準はあります。

それは「春分の日前後」というのが一般的に「鯉のぼりを立てる期間の始まり」といえます。

春分の日は「大体3月20日・21日」なので、遅くても4月入った1週目には飾るのが良いでしょう。

一方で、飾り終える期間というのも大事ですが、「鯉のぼりを下す日」というのも決まっておらず

いつでも良いと言えるのですが、一般的な基準は「5月5日」を過ぎてから2週間前後の間でしまうのが一般的です。

また、5月5日が終わり、5月6日にしまうのも良いですが、天気や子どもの事を考えると

少し長めに飾るのが良いと言えるでしょう。

飾る日としまう日の注意事項

鯉のぼりを飾る日としまう日に決まりはないとは言いましたが、

一般的な基準としている日にち前後で飾ることをオススメしますといいました。

ですが、注意点がいくつかあります。

まず、疑問に思われることとして、「大安」という吉日を狙うのがオススメなのか?と言う事です。

結婚式などでも「大安」が使われるほどで、六曜日の中でも1番いい日と言われていますが、

この吉日に飾らなければいけないのかという話です。

結論として「全く関係ない」といえます。

カレンダー2

大安を気にしていたらまず「飾りたい日に飾れない」ことも多く、

結果として直前になって飾るようなことに陥ることも考えられます。

また、「天気の関係」もあります。

五月人形は「内飾り」なので、家内で飾るのが一般的ですが、

鯉のぼりは「外飾り」なので、外に飾るのが一般的です。

これにより、大安とされている日に大雨が続いた場合でも飾るのかという問題です。

それでも飾るという方であれば良いですが、

空高く「元気に泳ぐ」事を考えれば「天気のいい日」に飾るのが一般的です。

なので、「大安」や「仏滅」といった日を考えずに「天気が良い日」に鯉を空高く泳がせるのがベストと言えます。

生地的にも濡れていては泳がないですし、自身の健康に問題が生じては意味がないです。

そして、もう1つの注意事項は「梅雨」の関係です。

雨3

5月5日というと梅雨入り前でもあります。

子どもの為などと言ってずっと飾っていると「梅雨入り」してしまい、

しまうにしまえなくなってしまう可能性もあります。

こうなっては鯉のぼりを下すことも難しいでしょうし、綺麗に保存できないですから、

いくら決まりがないと言っても5月5日が終わって2週間が限度と言えるでしょう。

それ以降は「梅雨」が到来するでしょうから、出来るだけ早く片づけましょう。

どうしても子どもが鯉のぼりを見ていたいというのであれば、小さいサイズの鯉のぼりを購入し、

家の中にオブジェとして飾っておいても良いでしょう。

五月人形と違い、鯉のぼりは季節感が強いものですから、1年中出しっぱなしは控えましょう。

スポンサードリンク

何歳まで飾るのが良いの?

子ども5

では、鯉のぼりは何歳まで飾るといいう決まりはあるのかという話ですが、

これにも「決まりはない」のです。

ですが、一般的な基準はこちらも同様あります。

それが「7歳」「15歳」といえます。

「五月人形は何歳まで飾るのがいいのか」にも書いていますが、

「7歳」は「七五三」を意味しているもので、「15歳」というのは「元服」という昔の成人式にあたるものを意味しています。

このことから、「子どもが成長したな」と感じられる様になったら飾るのをやめるとしているのです。

なので、自身の子供が「この年齢になったらやめよう」「興味がなくなったらやめよう」でもいいですし、

上記にある「7歳」「15歳」を基準にするのも良いでしょう。

中には「大人になっても飾っている」という家庭もあるくらいですから、本当に家庭によってさまざまといえます。

あまり気にしすぎても意味はほとんどないと言えるでしょう。

風習はあるの?

鯉のぼり5

鯉のぼりには決まって何をするというものは「基本的にない」というように

「家庭の自由」といえばそれで正しいのですが、

日本での一部の地域では「6月5日」を端午の節句としている地域もあるようです。

静岡県の一部では6月5日まで鯉のぼりを飾る地域もあれば、

兵庫県但馬地方や米子などの地域でも6月5日まで飾る地域はあるようです。

正しい方角はある?

「風水」をもとに家内の配置などを行っている方も多いでしょう。

この「鯉のぼり」にも飾る方角によって「縁起」が良くなるなどはあるのでしょうか。

結論は「ない」のです。

どこに飾っても関係ないと言われています。

ただ、風通しが良く、空高く泳ぎ、子どもの出世を心から願えるのであればどの位置でも大丈夫です。

飾るのは「天気の良い日」が1番といえます。

・「鯉のぼりの大きさと飾る場所について!!お母さん鯉はいない!?」

まとめ

いかがでしたか?

鯉のぼりはほとんど「決まりという決まりはない」ので、

一般家庭での基準などを参考にするのが最もいい方法であるといえます。

あまりにも「縁起」を気にしすぎて「日にち」や場所を選ぶのは「悪い事ではない」ですが、

子どもが早く見たいというのであれば「早めに準備」を心がけて、「天高く泳ぐ事を志す」方が良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ