USJクールジャパンのセーラームーン4Dのネタバレ&感想!!


3月16日(金)より開催の「セーラームーン・ザ・ミラクル4D」。

1月よりクールジャパンが始まっていますが、第二弾ということで待ちわびていた方も多いでしょう!!

他の記事にて「セーラームーン・ザ・ミラクル4Dの待ち時間・混雑予想」の記事を公開しているので、

これから楽しまれる方などは参考にしていただければ幸いです。

この記事では「セーラームーン・ザ・ミラクル4Dのネタバレと感想」についてご紹介しますが、

感想を先に記述していますので、ネタバレが嫌な方は感想までお読みいただき、

ネタバレが気になる方は最後までお読み下さい!!

スポンサードリンク

最初に気を付けておく点について

USJセーラームーン4D

このセーラームーン・ザ・ミラクル4Dは「4D」シアターでの「アニメ上映」といえる内容となっています。

この4Dシアターでの注意事項は意外と見落としがちで、NGな事が対象となる方も多くいます。

しかし、現状は「皆気にせずに体験している」ので、スルーされていますが、

一応、多くの方に当てはまりやすい、見落としがちな注意事項をまとめてみました。

セーラームーン4D体験の際の注意事項

  • 待ち時間は屋外
  • 上映時間はトータル20分~25分
  • 3Dメガネをかける
  • 座席は必ず1人1席
  • イスが上下に動く
  • 水が飛んでくる

1:待ち時間は屋外

USJクールジャパンセーラームーン4D

まずは「待ち時間は屋外」ですが、これは3月からの開催なので気温的にはマシです。

しかし、「屋外」でひたすら待機することになるので、服装の対策には力を入れましょう。

6月にもなれば暑さもやってきますから、水分補給なども考えた方が良いです。

2:上映時間

上映時間はすべてトータルすると「20分~25分」となります。

「セーラームーン・ザ・ミラクル4Dの待ち時間・混雑・上映時間」にも記載しましたが、

待ち時間とすべて合わせると混雑している時では結構な時間を消費しますので、

予定を立てて楽しまれると良いかと思います。

3:3Dメガネをかける

この4Dシアターでは「3Dメガネ」を装着しないと4Dをフルに楽しめません。

しかし、メガネをかけている方も多いかと思います。

USJで3Dメガネを使用するアトラクション全てに言えますが、

設計的には「メガネの上から装着可能」な3Dメガネとなっていますので、

メガネをかけている方も安心して楽しむことができます。

しかし、管理人の私的には「違和感がある」ので、コンタクトを使用して体験しています。

嫌だなと感じる方は「コンタクト」をお勧めしますが、コンタクトもないしメガネも嫌だという方は、

裸眼での体験となりますが、裸眼も試したことはありますが、視力が相当悪くない限りは見えます。

ですが、いくら3Dで飛び出してくるように見えても、やんわりとぼやけるので、メガネで我慢するしかないでしょう。

4:座席は1人1席

USJクールジャパンセーラームーン4D

座席は1人1席となっています。

当たり前と思う方もいるかと思いますが、小さい子供でも1人で席に座らなければなりません。

もしも赤ちゃんなどの「1人で席に座れない方」であれば「体験することができない」ので、この点だけは注意しましょう。

5:イスが上下に動く

上映中は、映像と連動してイスが上下に動き、よりリアルさを感じられて非常に楽しいものですが、

しかし、イスには「落下」という機能があります。

落下というと大げさですが、「イスが上昇し、下落する」というもの。

この時、自身に衝撃が加わりますので、びっくりする方も多いですし、腰や首を痛めている方等は入場NGですので、

実際に守っていない方もいるかと思いますが、くれぐれも自身の体調に注意して体験しましょう。

特に子供は「楽しい」と感じる子供もいれば「怖い」と感じる子供もいますから、子供への配慮もしましょう。

6:水が飛んでくる

こちらも上映中の注意事項ですが、4Dは3D映像だけでなく、「風」や「水」などといったものもかかります。

「水」が嫌な方は注意が必要で、かかる時には「冷たい」と感じることもあるくらいの水滴が上半身めがけて飛んできます。

特に頭や顔にはかかりやすいので、セットしている髪型嫌だという方や濡れるのはチョット・・・という方は、

映像を見ていれば「水が飛んでくるな」というのは大体わかります。

また、水がかかる時には「プシュ」と音が鳴るので、手で顔や頭付近を覆うなどしてカバーすると良いでしょう。

コンタクトをしている方などは「まれに目に入る」こともあります。

破損等はないでしょうが、気を付けなければならない点でもありますので、注意しましょう。

初めてで知らない方はこれらを確認して体験すると快適に体験できるかと思いますよ!!

スポンサードリンク

セーラームーン4Dの感想

ここでは「ネタバレ無し」の感想が書かれていますので、

「ネタバレ」が気になる方は、以下にある「セーラームーン4Dのネタバレ」までお読みください。

では、早速セーラームーン4Dを体験した感想ですが、正直管理人は「男」なので、

ほとんどセーラームーンの知識が無かったので、見る前から楽しめるのか心配になりました。

しかし、実際に体験したところ、度肝を抜かれる体験内容でした。

とにかく「映像がキレイ」という点と、ラブリーな感じが伝わってきました。

変な意味ではなく、本当に可愛らしさが伝わってきて、敵と戦うのに「怖い感じ」や「ビックリする」という感じはなく、

落ち着いて映像を見ることができた点が1番良く感じた点です。

やはり「動きすぎる映像」も迫力があっていいのですが、「酔いやすい人」や「小さい子供」には

付いていくのがやっとという方もいますので、誰が見ても「見やすい」といえる内容だと感じました。

「年齢層」を考えて造られているのがわかり、一緒に行った友人の2歳の子供も泣くことなく見ていたので安心でした。笑

家族連れで体験している方も多かったですよ!!

次に良かった点は「キャラクターの重要性」でした。

セーラームーン4Dに登場したキャラクターは基本的なキャラクターである

「セーラームーン」「セーラーマーキュリー」「セーラーマーズ」「セーラージュピター」「セーラーヴィーナス」が主な登場人物でしたが、

実際に体験してわかったことは「事前に覚えていなくても大丈夫」というわかりやすさ。

キャラクターの特徴などの説明はないものの、「色」で分かれているのもあって、

特に情報を必要とする場面は感じませんでした。

しいて言うなら「キャラ名」があやふやな状態で見るくらいです。

大人であれば「色」で「月」「火星」「すい星」「木星」「金星」と判断できるので、登場人物が多くても見やすいということですね。

ただ、少しわかりにくかった点は「技の名前」が聞こえにくかったので、

そういった意味では「事前情報があるとさらに楽しめる」とはいえるでしょう。

全体を通して感想をまとめると「見やすく・わかりやすく・ラブリーで幻想的」でした!!

純粋に「子供から大人まで楽しめる内容であったことは間違いないです。

知識がほぼない男性でもかなり楽しめましたよ!!

セーラームーン4Dのネタバレ

USJセーラームーン4D-2

ここからはネタバレゾーンとなります。

しかし、全て正確に情報を持っているわけではないので、間違っている点もあるかと思いますのでご了承ください。

また、詳しく知りたくない方などはここから先はオススメできません。

キューティーユニバーサル(ムーン)ロッドの購入は・・・

まず初めに体験前の段階の事を軽くお話ししますと、事前にUSJ内で購入可能な「キューティーユニバーサルロッド」があります。

これを購入し、実際にセーラームーン4Dの上映中にて使用できる内容となっているので、欲しい方は購入すると良いのですが、

実際に購入している所持している子供は少なめといった様子でした。

税込みで2900円ということで、値段が値段なので仕方がないことですが、まだ3月ということもあり、

比較的「コスプレ」をしている方も、グッズを持っている方も少なめな印象でしたし、

実際にキューティユニバーサルロッドを使用する機会は、記憶が正しければ「1度」だったはずなので、

本当に思い出として購入するのが良いかと思います。

メインシアター前に予告編を鑑賞

4Dシアターでは「前説」となるサブシアターとメインシアターの2会場にわかれています。

はじめに小さい箱のサブシアターに入場しますが、ここには会場上部の壁に主要キャラの絵が飾られています。

そして会場上部の前側に少し小さめのスクリーンがあり、キューティーユニバーサルロッドの説明をしています。

「スイッチをハートモードに切り替えてください」という説明があるので、もしもロッドを持っている方は指示に従いましょう。

そしてすべてのゲストがシアターに入場出来たらいよいよスタートです。

最初は「セーラームーン4Dの予告編」が始まります。

USJでセーラームーン4Dが見られるよという宣伝的な映像でした。

一応、登場するキャラクターの紹介はあるので、ここで覚えることもできますが、

不安がある方でしたら事前にキャラクターの情報を調べておくといいでしょう。

え、これだけで終わるの?と思っていると、すぐにまた新たな映像が。。。

どうやらすべてが繋がっていたようで、私達ゲストはすでに「セーラームーン4Dの会場に訪れたゲスト」という設定のようです。

実際の出来事と映像での出来事がリンクしているので複雑ですが、そのように内容は進んでいきます。

そしてクロネコであるルナが登場し、会場に「強い妖気を感じた」ということで

月野うさぎが4Dシアターの妖気の正体を調査しに来ている事を説明してくれます。

ここではまだ何の進展もなく、いろんな会話のやり取りがあり、メインシアターへと行くことになります。

いよいよメインシアター

いよいよ本編です。

メインシアターに誘導され、全てのゲストが実際に着席すると映像が流れ始めます。

一応ですが、1人1席なので、赤ちゃんなどの「1人で座れない方」は体験出来ません。

そして、気になる映像の内容は、月野うさぎが前にあるステージの右側から登場します。

もちろんすべて映像上での話です。

先ほどの「妖気を感じた」ことでの調査をするために来ている月野うさぎですが、

どうやら迷ってしまい、上映するというときに観客の前に出てきてしまいます。

そしてすぐに映画館スタッフにより、なぜここにいる的な感じになり、

月野うさぎは「映画を見る為じゃないのになぁ」などとぼやいていると、

スタッフの誘導により客席に座るよう指示されます。

そして月野うさぎは客席に座り、いよいよ開演しますというスタッフの声とともに、

実はスタッフに成りすましていた「妖魔」が正体を現し、会場だけでなく、USJの地盤ごと宙に浮き始めます。

そして舞台は宇宙へと移ります。

この妖魔の説明としましては「人のエネルギーを吸収する」という妖魔であり、

妖魔が繰り出すフィルムが会場ゲストに向かってきて、吸い取ろうとするわけです。

しかし、この会場には「月野うさぎ」がいるので大丈夫だと思った矢先、

妖魔が「この中で強いエナジーを持つものがいる」ということでその強いエナジーの持ち主を探し回ります。

実際に会場の後ろの数列から順番に「イスから風」が放たれ、

調べらている列の方はリアルに連動していてこの風にびっくりするでしょう。

次に真ん中・前と席を探っていきます。

すると前に座り込んでいる月野うさぎが強いエナジーの持ち主だとバレるということです。

そうして会場を宇宙に移し、いよいよバトルとなります。

宇宙空間に行くといよいよセーラームーンの登場となります。

実際に変身して3Dで自身の目の前に来る映像には度肝を抜くほど「キレイ」で「リアル」です。

手を伸ばしたくなる気持ちは誰もが持つことでしょう。

もちろん、セーラームーンだけではありません、この宇宙空間では他のキャラクターも登場します。

「セーラーマーキュリー」「セーラーマーズ」「セーラージュピター」「セーラーヴィーナス」とともに戦います。

宇宙空間では、会場ゲストとともに月野うさぎもピンチとなり、フィルムに閉じ込められます。

かなりヤバい感じになったところに他キャラクターが登場。

技名が聞こえなかったので割愛しますがここでセーラージュピターの攻撃やヴィーナスの攻撃などにより、

妖魔を倒したということで月野うさぎがフィルムから解放されます。

マーキュリーの攻撃で水が飛んで来ましたが、ほとんどかからなかったので、今回は「控え目」のようです。

しかし、少しは濡れますので、そこはご注意ください。

その後、倒したかのように思えた妖魔は、まだ妖魔はくたばっていなかったのです。

次は「マーキュリー他」がピンチに。

ここでセーラームーンのお出ましです。

救い合いのような感じで内容が進んでいきましたが、変身したセーラームーンによりフィルムに閉じ込められた

マーキュリー達を救い出すことに成功。

これで安心して会場をUSJのあった位置に戻すことができると思ったらまたまた妖魔が復活。

今度は最終形態のようで、画面いっぱいに広がる妖魔の顔とともに、絶対に勝て無さそうな雰囲気を出しています。

そして案の定、妖魔の力を思い知ったセーラームーンは最大のピンチを迎えます。

するとそこへ「タキシード仮面」が登場するのです!!

このタキシード仮面が登場したときは会場がざわめいていました。

やはりファンからするとこの登場はかなり大きいものだったんだと感じました。

しかし、実際に登場して声を聴くと残念に思えた人もいたようです。

「声」ってこんな声だっけと。。。

という話は置いときまして、タキシード仮面が登場し、セーラームーンに対して何かを託します。

それは「キューティーユニバーサルロッド」だったのです。

これを使って妖魔を倒せということで、ロッドを託してすぐに妖魔の攻撃によりタキシード仮面はその場に倒れました。。。

バラとともに。。。

そしてロッドを託されたセーラームーンが会場に「みんなのパワーをちょうだい」ということで、

ロッドが無い人は「手で♡の形を作って!!」といい、ロッドがある人は「ロッドを高くあげて!!」と指示されます。

もちろん、やらなければセーラームーンはやられてしまうので、皆さんは恥ずかしがらずに全力でやりましょう!!

会場は暗い&やってる人はやってる&子供はロッドを上げてるので、問題ないでしょう。

全てはセーラームーンが戦いに勝つためです。

そして会場ゲストの力を集めたセーラームーンは見事に妖魔を倒すことができたのです。

その後、安心とともに、宇宙空間になる4Dシアターとそのほかの会場を地上にあるUSJに戻し、一件落着という内容になります。

変身するときなどの映像はリアルで近くに飛んでくる様子などは本当に見ものでした。

ただ何度も言いますが、申し訳ございませんが、記憶があいまいな部分はありますので、話の全てが正確というわけではないことをご了承ください。

スポンサードリンク

USJクールジャパン2018の他の情報はこちら!!

「名探偵コナンザエスケープ2018の脱出のヒント」

「ファイナルファンタジーXRライドの待ち時間・混雑を回避する方法」

「モンスターハンター2018の待ち時間・混雑予想」

「USJクールジャパン2018をエクスプレスパス無しで楽しむ方法」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ