USJエヴァンゲリオンXRライド2017ヤバすぎ!乗った感想公開!


USJクールジャパン2017で最も混雑を招くアトラクションである「エヴァンゲリオンXRライド」。

エヴァンゲリオンXRライドはVRを装着してのライドですが、

XRライドというだけあってどれほど注目され、楽しいのか。

私は1月14日(土)に行ってみました!!

ここでは、エヴァンゲリオンXRライドに乗った率直な感想をお伝えします!

ネタバレといいますか、映像がどのような映像なのか、そして詳しい内容にも触れますので、

その点は注意してみていただければと思います。

朝の時点ですでに大行列!!

スポンサードリンク

昼前からUSJに行かれる方も多いかと思いますが、それよりも前の朝の時点ですでに大行列となっています。

何より、以前のきゃりーぱみゅぱみゅXRライドと同様、とてつもないほどの混雑で、

エヴァンゲリオンXRライドの人気が伺えます。

開園と同時にダッシュする人が多く、開園から30分も経てばすでに100分は軽く超えています。

朝から行けばまだマシなのですが、それでもすぐにピークを迎え、そしてそのピークは昼以降も続きます。

恐ろしい、エヴァンゲリオンXRライド・・・。

この日は休日なので混雑もとてもすごいですが、

平日だともっと空いてくるので朝から行けなくてもまだチャンスはあります。

エクスプレスパスが無ければかなりキツイ

エヴァンゲリオンXRライド

やはりこのクールジャパン開催当初は「冬」ですので、

寒い中何時間も待ち続けるのはかなり寒いです。

過去、私は冬に330分待ったことがありますが、その時はキツイを通り越しておかしくなっていました。

キツすぎて何をしていたのか、どうやってこの時間を過ごしたのか覚えていません。

しかし、これがエクスプレスパスを利用することですぐに体験できるので、

1日のスケジュールがかなり空き、行動範囲が一気に広がります。

単純に5時間以上の時間に余裕ができるので、値段を出してでもエクスプレスパスを購入するのは得策といえます。

特に「エヴァンゲリオンXRライド」に関しては持っておきたいものです。

もちろん私はエクスプレスパスを購入しているので、エクスプレスパス専用入り口よりすぐに体験出来ました。

その間、スムーズに前に行けるものの、しっかりと「VRゴーグル」の説明があるので全く問題ありません。

良い事だらけなんです!!

ただ、ご注意を!!

エクスプレスパスは早く購入しないとすぐになくなります。

休日分で、特に入場日が近づけば近づくほど「売り切れ」となるので、早めに購入して楽しみましょう。

クールジャパン専用エクスプレスパスに関しては休日であればほとんど当日販売はないといえますから、

事前購入するようにしてください。

体験前のスタンバイ列では「ゴーグル説明」を!!

体験する前にしておかなければならないことがあります。

それは「VRゴーグル」の取扱いについてです。

2016年のきゃりーぱみゅぱみゅXRライドを体験している方は知っているかと思いますが、

VRゴーグルには調節が必要です。

その調節方法は簡単で「目と目の間にあるダイヤルを調節する」というだけです。

このダイヤルを調節することでピントが合い、ぼやけずにしっかりとした映像を見ることができます。

このVRゴーグルに関しての注意事項などはスタンバイ列頭上のモニターや体験直前に配られる

「取扱説明書」を見ることで簡単にわかるようになっていますから、

操作がわからずに乗ると言う事はまずないといえますが、一応事前にゴーグル説明に関しては見ておきましょう。

といいますか、待ち時間が長すぎるので恐らく自然と見るかと思います。

また、コースターに乗った直後にゴーグルを渡されますが、

この際も「ダイヤルを合わせてください」と言われますので、その通り焦らずに合わせましょう。

エヴァンゲリオンXRライドに乗った感想

私はエクスプレスパスでの入場となりましたが、エクスプレスパスでも並んでいる時間はあります。

そして、並んでいる最中に配られるVRゴーグルの説明を受け、いざ体験へ!!

ここからはネタバレを少し含む感想となりますが、実際には「自身でVR体験をする」ことが1番大事なことです。

怖さや楽しさや映像の凄さや酔う酔わないなどを参考にしてください。

エヴァンゲリオンXRライドを体験する際の使える豆知識

エヴァンゲリオンXRライドの待ち時間は外で寒い中ずっと待ち続けます。

これは相当キツイですし、何より足にも来ます。

そこで、実際にこういったゲストもいたのですが、「ビニールシート」を袋に入れて持ち歩くという方法です。

あくまでも他のゲストに迷惑にならない1人用ミニサイズにしましょう。

地面に座るのは汚いなどの抵抗がありますから、少しでも座って過ごせるように工夫するのが良いです。

使い捨てで良いという場合は、屋内への入り口に近づいてきたころには並び列に「ゴミ箱」があるので、

そのゴミ箱に捨てると良いでしょう。

エヴァンゲリオンXRライド

このような少しの工夫が待ち時間4時間~5時間という長い闘いを楽にしてくれます。

あとは、必ず「カイロ」をポケットなども重要です。

ポケットに入れるのはいいのですが、あくまでもチャック付きポケットなどで、

スマホ同様中身が落ちないようになっている服にしましょう。

貼り付けるタイプのカイロでも落下防止のためにジップ付きポケットが良いです。

乗ってみた感想!!

USJエヴァンゲリオンXRライド

1月14日(土)にて実際にエヴァンゲリオンXRライドを体験してきました!!

いやぁ、やはりすごかったですね!!

何といってもVRゴーグルの精度の高さはとてつもないといえます。

では、まず私はエクスプレスパスでの体験でしたが、午後2時半からの体験だったので、時間通りに並びました。

しかし、この日は寒かったからか、意外にも160分待ちという比較的空いていた状況でした。

USJエヴァンゲリオンXRライド2

1月14日の最高待ち時間は280分ほどになったこともあったので、やはり4時間以上の待ち時間は覚悟も必要です。

エクスプレスパスで中に入ると、きゃりーぱみゅぱみゅXRライド同様に画面にて映像が流されています。

MAGIモバイルに関しての情報などを流していました。

USJエヴァンゲリオンXRライド4

USJエヴァンゲリオンXRライド3

私はエヴァには疎い(うとい)ので、友人に説明してもらいながら体験しましたが、

屋内に入るとそこにはすでにエヴァの世界感が待っていました。

中で大まかな説明がある

USJエヴァンゲリオンXRライド5

中に入るとエヴァの世界が広がっていますが、大まかにこのアトラクションの説明が入ります。

加持リョウジがあるものを持っているがために、狙われていることがわかります。

どうやら、エヴァ好きの友人に聞いたところ、アダムという重要なものを持っていることによって狙われているようです。

そんな大まかな説明が入り、少し奥に進んでいよいよ乗車となります。

VRゴーグルは簡単に設定できる

VRゴーグルは非常にいい設計で、全員が満足できるほどしっかりと調整されており、

サイズや、目頭付近にあるピント調節をしなくてもそのままで十分なほど機能していました。

人によっては合わせないと使えないので、ビーグルに乗ってゴーグルを渡されたらすぐに調節しましょう。

ゆっくりできるほどの時間はないので、事前に渡される説明書に目を通しておきましょう。

いざコースター発進

2人乗りのビーグルに乗り、ゴーグルをつけてみるとそこにはすでにエヴァの世界観が360°広がっています。

映像にブレなどもなく、きれいに広がっているのでエヴァをあまり知らない方でも感動することでしょう。

すぐに坂を上っていくのですが、どうやら自分はジェット機のコックピットの後ろの席に乗っています。

前には加持リョウジが座っていたようです。

そう、加持リョウジはアダムを持っていることで狙われている身。

コースターが坂を上り進んでいくとそこには破壊された街並みが広がっています。

途中に大阪城なども見えるのですが、この加持リョウジと一緒にいることで使徒に狙われるのです。

コースターのドロップ(落下)と同時に使徒の攻撃や、序盤のアスカ(2号機)との戦闘シーンが近くで見ることができます。

迫力は満点としか言いようがありません。

使徒が2号機のアスカを振り払って襲ってきますが、その次は初号機のシンジ君が登場。

使徒と戦おうとする初号機ですが、使徒がATフィールドをはるものの、

シンジ君はシンクロ率が高いがためにATフィールドを破って蹴っ飛ばしてボコボコに。

その後も戦いによってグネグネと飛び回りながら使徒と初号機の股をくぐったりとハラハラする展開に。

そしていよいよ、最後は初号機のシンジ君によって使徒を倒し、クロス上に爆発し一件落着。

基地に戻ってきた自分たちにゲンドウより無事の確認が行われ、アタッシュケースの存在を促す映像に。

これが「アダム」なのでしょう。

そして歓声拍手などが聞こえてきて終了となりました。

この拍手はゴーグルからの音声ではなく、クルーのお迎えだったようです。笑

コースターは回ることはほぼない

スぺファンといえば回るコースターですが、2人乗りでまっすぐ正面を向いてのコースターのため、

回ることはなく、横向きにドロップしたりはあるものの、まったく怖くなく、むしろ映像に引き込まれてコースターの事を忘れてしまうほど。

ただ、遠心力はそれなりにかかるので、2か所ほどギャーと言ってしまいました。

ゴーグル酔いは皆無

ゴーグルの締め付けなども調節してピントも調節してしまえば、ゴーグル酔いも気になりません。

本当に弱い方でなければ大丈夫と言えるでしょう。

本当にエヴァの世界に引き込まれるような映像なので、感動で酔いなどを感じないとも言えますね。

ストーリーは短いながらにはっきりと描いている

正直コースターなので、短いのは仕方がないですが、その時間内に様々な映像をみることができました。

加持が狙われているというストーリー、エヴァと使徒の戦い、街の破壊と環境、ギリギリを飛び回る自分という臨場感はすさまじいです。

特にエヴァンゲリオンの事がわからなくても「映像」「迫力」「臨場感」はマックスで楽しめました。

エヴァンゲリオンがわからない人はあまり意味が分からない

これは仕方がないことですが、キャラの説明などもないために、

エヴァを知らない方は誰が誰なのか、どういう仕組みなのかなどなどわからない点も多かったことは感じました。

私は友人に後であそこはなんだったの?と聞いたことで「ネルフ」「アダム」などなどの事を知ることができて、

何で狙われているかがわかりましたが、アタッシュケースを持つ加持リョウジがなぜ狙われているのかまではわからないので、

知っている人と一緒にいるとさらに楽しいかもしれません。

エヴァを知っている人は大興奮だった

友人の反応を見ていると、コースターが終わった後は興奮冷めぬ状況でした。

本当に楽しかったんでしょう。

内容がわかる方は150%以上楽しめるようです。

楽しみすぎて、内容の確認をしてもすべて把握していなかったです。笑

夢中になりすぎてわからなくなったくらいだそうです。

エヴァンゲリオンXRライドは最高としか言いようがない

ストーリーを追及し始めると難しくなりますが、普通に楽しむには十分すぎるクオリティ。

エヴァを知らない方でも興奮しまくりのあっという間の時間でした。

ただ、1ついえるのは、終わった後のゴーグルの跡が残ったままパーク内を歩くのが・・・。笑

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ