USJモンハン「パノラマ」狩猟アトラクションの内容と待ち時間・混雑!


USJでは毎年恒例となっているカプコンとの提携アトラクションであるモンスターハンター・ザ・リアル。

毎年多くのファンのみならず、今まで興味の無かった方でさえ、

等身大フィギュアなどのリアルさに興奮しています。

今まで「タイムアタック」「等身大フィギュア」「武器防具の展示」のみでしたが、

2017年より狩猟アトラクションが開催となりました!!

2016年まではプチゲームと言われるような子供向けのミニゲームをタイムアタック付近にて行っていましたが、

今回は横幅43mのパノラマシアターを使った狩猟アトラクションという事で、

今までとは違うモンハンをリアルに楽しむことができます!!

ということで、モンスターハンター・ザ・リアルのパノラマ狩猟型アトラクションについて詳しく見ていきましょう。

モンハン・ザ・リアルのパノラマシアターとは

スポンサードリンク

2017年より初めての開催となる本格的体験型アトラクションのパノラマシアター・アトラクション。

USJでは初めてのモンスターハンター・ザ・リアルでの真のリアル体験ですが、

このパノラマシアター・アトラクションというのはどういうものかというと、

横いっぱいに広がる半円形の画面を使用した新感覚映像アトラクションです。

USJでは今までに無い方法でのアトラクションですが、

日本では最近「ワンピース展」による「パノラマシアター」の体験を開催しています。

規模はUSJの方が大きく、43mの大パノラマシアターとなっているので、

モンハンという迫力を求められる1つのイベントですから、このパノラマシアターによるアトラクションが適していると言えるのです。

画面全体が体を包み込み、まるでモンハンの世界に入り込んでいるような感覚がマジマジと味わえるのです。

狩猟体験型パノラマシアターアトラクションの内容

USJモンハンザリアル狩猟体験型パノラマシアター

今回のモンハン・ザ・リアルのアトラクションは見るだけのアトラクションではなく、狩猟体験型のアトラクションです。

リアルに再現された飛行船にモンスター調査・研究をするモンハン独特の「書士隊」としてゲストが乗り、

43mのパノラマシアターを目の前に広がるモンハンの世界観に包まれた行先は霊峰。

霊峰での調査をハンターと共に向かう最中、

大画面のパノラマシアターに突如現れる30m級巨大モンスターである「アマツマガツチ」「バルファルク」により襲われます。

そんな大ピンチとなった飛行船上でハンターが狩りを行います。

しかし、相手はモンハンの中で強力なモンスターである「アマツマガツチ」「バルファルク」。

ハンターの狩りだけでなく、書士隊として同行している自身達(ゲスト)が狩りに協力をし、

飛行船から「撃龍槍」で応戦し、狩りを無事に終えるまでが内容となっています。

1番の魅力は何といっても「等身大」を表現できていることです。

飛行船はもちろん、30mを超えるモンスターを等身大で体験できるのはこのUSJのパノラマシアターだけなのです。

それを「グループ」が1つとなって、みんなで戦うという経験もでき、モンハンの狩りを体験するのにもってこいの環境です。

タイムアタック同様に混雑は必然的

USJモンハンザリアル狩猟体験型パノラマシアター

今までのモンスターハンター・ザ・リアルにて待ち時間があったものは「タイムアタック」と「ミニゲーム」のみ。

他のウォークスルーにて展示されていた「武器」「防具」「モンスター」などなどは待ち時間など無しで、

気軽に誰でも入場できるようになっており、混雑もしていない状況が多かったです。

しかし、2017年はアトラクションとなりパワーアップしているので、混雑はタイムアタックよりも混雑するでしょう。

タイムアタックの混雑は意外にも多く、平日はマシですが土日は多くのゲストが並ぶ様子を確認しました。

タイムアタックでは「30分」程の待ち時間の時もありましたが、

今回の「狩猟体験型パノラマシアター・アトラクション」ではもっと混雑することが大いに予想できます。

大きい理由は「新アトラクション」ですので、今までと同じように構える「タイムアタック」などのような待ち時間とはならないのです。

「狩猟体験型パノラマシアター・アトラクション」はウォークスルーアトラクションとなっており、

自身で行動して体験するアトラクションなので、非常に人気のタイプのアトラクションです。

なので良い条件がいくつも重なっていることから人気は加速する一方なのです。

なお、冬の期間よりもモンスターハンターダブルクロスが発売される春頃の方が人気は高くなるとも言えます。

時間帯でいうと「朝」「夜」は基本的に平日土日問わず混雑は回避しやすい傾向にあります。

逆に昼頃~夕方までの時間帯は集中しやすいと言えるので、ピークの時間帯をずらすと良いでしょう。

狩猟体験型パノラマシアターアトラクションの待ち時間予想

スポンサードリンク

狩猟体験型パノラマシアター・アトラクションは上記で言いました通り、

クールジャパン限定のアトラクションの中で中々の待ち時間となることが予想されます。

タイムアタックなどのように10数分~30分といった待ち時間では体験できない時も出てきます。

場合によっては朝から整理券の配布をすることもあるという程なので、待ち時間もそれなりに長いでしょう。

待ち時間が長くなる主な理由は「体験人数」と「体験できるシステム数」です。

体験人数は1グループ複数人制なので、特に悪い点はありません。

しかし、体験できるシステムが1しかないというのが主な理由です。

43mの大パノラマシアターは1つしかないので、回転率がイマイチとなることです。

ハロウィンホラーナイトのチャッキーのホラーファクトリーみたいに次々にドンドン体験する形ならまだマシにはなりますが、

そうは行かないので結果的にはあまり混雑していなくても待ち時間は伸びているなんて状況も可能性として考えられます。

そうやって体験人数との割合に折り合いがつかないときに「整理券の配布」があるのです。

しかし、整理券の配布はその日その時にならなければわからないです。

ここでは体験した日のデータを参考にして予想待ち時間を算出していってます。

では、待ち時間予想へと行きましょう。

平日予想待ち時間

オープン~昼前(混雑前):30分~45分前後

昼前~昼後(混雑時):40分~55分前後

昼後~夕方前(混雑時):45分~60分前後

夕方~クローズ(ピーク後):25分~45分前後

休日予想待ち時間

オープン~昼前(混雑前):40分~50分前後

昼前~昼後(混雑時):55分~85分前後

昼後~夕方前(混雑時):60分~90分前後

夕方~クローズ(ピーク後):30分~50分前後

狩猟体験型パノラマシアター・アトラクションは演出が最高

USJモンハンザリアル狩猟体験型パノラマシアター

ただただ映像と共に撃龍槍にて攻撃をして狩りの援助を行うだけでなく、

実際にはモンスターによる「咆哮(ほうこう)」や「攻撃」などによって、床が振動したり、

煙の演出、炎を用いた演出などなど様々な演出と映像とのコラボして楽しむことができます。

まさにモンハンの世界を味わう事が出来る、そしてモンハンに関してもゲームではない、

世界最高の体験を出来るのがこのUSJでのアトラクションなので、

ファンはもちろん、ファンでなくても体験すべきでしょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ